高齢者の防犯|一人暮らし必見の犯罪から身を守る方法とは?

高齢者の防犯|一人暮らしのリスクは何?犯罪から身を守る方法を解説! 防犯対策の知識
記事内にプロモーションが含まれている場合があります。

高齢者の一人暮らしも増えている中で、自分の親も高齢になり1人暮らしをしていると心配になりますよね?

カオリ
カオリ

一人暮らしをしている高齢者の親にはどんな犯罪のリスクがあって、何に気をつけてもらえばいいのかしら?

この記事では、高齢者の一人暮らしではどんな犯罪に巻き込まれるリスクがあるのか、また注意すべき行動や必要な防犯対策防犯グッズについてご紹介しています。

高齢者で一人暮らしされている場合は特に犯罪に巻き込まれないように記事を参考に防犯対策を行ってくださいね!

高齢者の一人暮らしではどんな犯罪に巻き込まれるリスクがあるの?

自分が高齢者であったり、自分の親が高齢者で一人暮らしをしている場合、どんな犯罪に巻き込まれるリスクがあるのでしょうか?

まずは、高齢者の一人暮らしでは、どのような犯罪に巻き込まれるリスクが存在するのか、以下にご紹介しますね。

<一人暮らしの高齢者が巻き込まれるリスクがある犯罪>

①侵入犯罪

②相談員・訪問販売員とのトラブル

③振り込め詐欺(特殊詐欺)

それぞれ巻き込まれるリスクのある犯罪について解説していきますね。

①侵入犯罪

高齢者の一人暮らしは隙が生まれやすく、空き巣や居空き、忍び込みの侵入犯罪のリスクが高まります。

特に高齢者は体力や判断力が低下していることが多く、犯罪のターゲットになる可能性がありますよ。

また侵入犯罪は高齢者に対してより多く発生しており、犯罪の前にターゲットを決めていることが多いとされています。

②相談員・訪問販売員とのトラブル

高齢者は、訪問販売員との間でトラブルに巻き込まれるリスクもあります。

特に高齢者の自宅での対応において、悪質な商法や詐欺などが行われる可能性がありますよ。

③振り込め詐欺(特殊詐欺)

高齢者は振り込め詐欺の被害に遭いやすい傾向があります。

高齢者の判断力や警戒心が低下していることから、詐欺師に騙されやすいとされていますよ。

これらの犯罪に巻き込まれるリスクがあり、高齢者の一人暮らしにおける防犯対策は非常に重要です。

カオリ
カオリ

私の親も一人暮らしで心配なんだけど、最近では高齢者の一人暮らしは多いのかしら?

高齢者の一人暮らしは多い?なぜ一人暮らしの高齢者が急増しているの?

一人暮らしの高齢者の画像

一人暮らしの高齢者が急増している理由としては、少子化や核家族化、高齢化などが複合的に影響しています。

かつては3世代家族が一般的でしたが、近代化とともに夫婦や親子だけで構成される家族が増えましたよね。

さらに高齢者の価値観の変化もあり、「子供たちに頼らず自立したい」という考えが広がり、単身高齢者が増えています。

これらの要因により、一人暮らしの高齢者の数が増加し、社会においても孤立死の数などの問題が増加していますよ。

カオリ
カオリ

社会全体で高齢者の一人暮らしは増えているのね。私の親にも何に注意して生活をしてもらえばいいのかしら?

では、急増している一人暮らしの高齢者が生活する上で注意することなどは何があるのでしょうか?ご紹介ししていきますね。

高齢者の一人暮らしで注意すべき行動とは?

防犯対策をする高齢者の画像

高齢者の一人暮らしでは、先ほどご紹介したような①侵入犯罪、②相談員・訪問販売員とのトラブル、③振り込め詐欺(特殊詐欺)などのリスクがありました。

では、高齢者の一人暮らしで注意すべき行動にはどのようなことがあるのでしょうか?

<一人暮らしの高齢者が注意すべき行動>

①高齢者の一人暮らしだと分かる生活

②家の防犯対策が甘い

③訪問相手を確認しないで対応する

それでは高齢者の一人暮らしで注意したい行動について詳しく解説していきますね。

①高齢者の一人暮らしだと分かる生活

外から見て高齢者が一人で暮らしていると分かるような生活をしていると、犯罪のターゲットにされやすくなってしまいます

いつも同じ部屋の電気がついている、洗濯ものが一人分などの情報が外から分からないようにする工夫が必要ですよ。

②家の防犯対策が甘い

例えば日中は玄関の鍵を閉めずに過ごしている、窓やドアを開けたまま過ごしているなど田舎の方で暮らしていると基本的な防犯対策が甘い場合があります。

犯人はどこからやってくるか分からないので、窃盗や強盗対策として、家の施錠はしっかりと行っていきましょう!

③相手を確認しないで来客の対応をする

高齢者の一人暮らしの家に来た来客に対し、相手を確認せずに対応すると詐欺や不審者による被害のリスクがありますよ。

自分の家に来客が訪れた場合、相手が本当に信頼できる人物かどうかを確認する必要があります。

また、知らない人物に対して無防備に接触することで、強盗や暴力事件に巻き込まれる可能性がありますよ。

鍵やドアを開ける前に、誰が来たのかしっかりとドアスコープやインターホンで確認してから対応しましょうね!

カオリ
カオリ

どれだけ親に注意してと言っても、やっぱり一人暮らしさせているのは怖いわね・・・

では、一人暮らしの高齢者が安心して暮らすための具体的な防犯対策にはどんなことができるのでしょうか?

次に一人暮らしの高齢者の防犯対策についてご紹介していきますね。

高齢者の一人暮らしに必要な防犯対策は?

一人暮らしの高齢者の防犯対策のイメージ画像

高齢者の一人暮らしにおける注意すべき行動をご紹介しましたが、やはり心配はつきませんよね。

では、さらに具体的な高齢者の一人暮らしに役立つ防犯対策についてご紹介していきますね。

高齢者の一人暮らしの防犯対策は、安全を確保し、不審者や犯罪から身を守るために実施することが重要です。

以下にいくつかの防犯対策の提案をご紹介しますね。

<一人暮らしの高齢者の防犯対策>

①セキュリティ対策の導入

②鍵の管理

③防犯グッズの活用

④近所とのコミュニケーション

⑤目印の防止

⑥訪問者の確認

⑦緊急時の連絡先リスト

⑧緊急通報システムの利用

⑨定期的な健康チェック

それではそれぞれの防犯対策について解説していきますね。

①セキュリティ対策の導入

防犯カメラやドアインターホン、センサーライトなどの防犯機器の導入で、家の周辺を監視し、不審者を防ぎます。

またホームセキュリティサービスを導入することでこれらのセキュリティ対策を一括でプロに任せることができますよ。

ご両親の見守りも任せられるホームセキュリティサービスはSECOM

無料で資料請求見積もりができるので、お気軽にお問い合わせください。

\SECOMの公式サイト/

参考記事

◆セコムのホームセキュリティについて『セコムホームセキュリティ|料金から効果的な使い方など徹底解説!』さらに詳しくご紹介しています。

ホームセキュリティとスマートホームが同時にできるのはソニーのMANOMA

センサーや室内カメラをスマホで確認して、遠方から高齢家族の生活をサポートできる!

ネット環境がなくてもスマートホーム化が可能な便利なセットプランもあり!

\MANOMAの親の見守りセットを見る!/

参考記事

◆MANOMAでどんなセキュリティ対策やスマートホーム化ができるのか?『MANOMA(マノマ)とは|スマートホームで何ができるの?』で具体的にサービス内容や利用方法をご紹介しています。

②鍵の管理

玄関や窓の鍵をしっかりとかけることで、不法侵入を防止します。

また、不要な鍵は隠すか、信頼できる家族や近所の人に予備を預けておくと安心です。

③防犯グッズの活用

防犯ブザーなどはいざという時、声を出せない状況などで活用することができます。

窃盗や強盗犯の侵入時だけでなく、転倒などで動けなくなった時なども緊急を知らせることができますよ。

④近所とのコミュニケーション

地域の交流会や近所とのコミュニケーションを活発にすることで、お互いに見守り合い、情報共有ができ防犯効果が期待できますよ。

⑤目印の防止

高齢者が一人暮らしの家は、一人暮らしと分かるような目印になるものを控えることが安全につながります。

⑥訪問者の確認

訪問者が訪れた場合は、ドアのチェーンをかけたり、窓越しに確認をしたりするなど、相手を確認してから対応するよう心掛けましょう。

⑦緊急時の連絡先リスト

緊急時には、家族や近所に連絡を取るための緊急連絡先リストを作成し、手元に置いておくことが重要です。

⑧緊急通報システムの利用

緊急時には緊急通報システムやボタンを押すだけで救助を呼べる装置を導入すると安心です。

⑨定期的な健康チェック

健康面にも気を配り、体調を維持することで、緊急時にも対応しやすくなりますよ。

この⑦~⑨は、スマホの見守りアプリを活用したり、遠くからでも見守りができるグッズ(みまもりCUBE)などを利用することで家族と高齢者の親との間で円滑な連携が取れますよ。

遠くに住んでいても映像で確認できるから安心!

簡単設置でスマホで見守りできる見守りグッズは『みまもりCUBE』

30日間お試し体験キャンペーンでお得に利用できますよ!

公式サイトで詳しく見る

これらの防犯対策を実践することで、高齢者が安心して一人暮らしを送ることができるかと思います。

また、家族や地域のサポートを受けることで、安全な生活をより確保することができますよ。

高齢者の防犯|一人暮らし必見の犯罪から身を守る方法とは?のまとめ

この記事では、高齢者の一人暮らしではどんな犯罪に巻き込まれるリスクがあるのか、また注意すべき行動や必要な防犯対策・グッズについてご紹介しました。

高齢者の一人暮らしで巻き込まれるリスクがある犯罪としては、①侵入犯罪、②相談員・訪問販売員とのトラブル、③振り込め詐欺(特殊詐欺)などが挙げられましたよ。

そして、高齢者の一人暮らしで注意する行動として、高齢者の一人暮らしだと分かる生活や家の防犯対策をしっかりと実施していない、訪問相手を確認しないで対応するなどが挙げられました。

このような点を踏まえて、高齢者の一人暮らしの防犯対策に以下の提案をご紹介しました。

①セキュリティ対策の導入

②鍵の管理

③防犯グッズの活用

④近所とのコミュニケーション

⑤目印の防止

⑥訪問者の確認

⑦緊急時の連絡先リスト

⑧緊急通報システムの利用

⑨定期的な健康チェック

このような防犯対策を意識して、高齢者でも安全・安心に一人暮らしができるような環境を整えてみてくださいね。