セコム|異常ランプ作動の意味や解除方法など疑問を解決!

セコム|異常ランプ作動の意味や解除方法など疑問を解決! 住まいの防犯対策
記事内にプロモーションが含まれている場合があります。

SECOM(セコム)ホームセキュリティではフラッシュライトという、異常を感知すると周囲に点滅して知らせてくれる異常ランプがあります。

ブンヤ
ブンヤ

この異常ランプが点滅しているのを見かけたらどうすればいいんだろう?

自分で解除もできるのかな?

この記事では、セコムのフラッシュライト(異常ランプ)の役割や点滅している意味、またフラッシュライト(異常ランプ)が点灯した時の対処法や解除する方法、誤作動についてご紹介しています。

万が一の時でも慌てずに対応するために、対処法を知っておいてくださいね!

SECOM(セコム)の異常ランプとは?点滅の意味は?

SECOM(セコム)のホームセキュリティを導入すると、住宅やビルの外壁に「フラッシュライト」という異常ランプが設置されており、異常が発生した際に点灯します。

これにより利用者が異常を早期に察知し、適切な対策を取ることができますよ。

この異常ランプの種類や意味を理解しておくことは、緊急時でも迅速な対応につながるので詳しく解説していきますね。

フラッシュライト(異常ランプ)の役割

セコムのフラッシュライト(異常ランプ)は、ホームセキュリティシステムの一部として設置されています。

侵入者の検知や火災の発生などの異常が発生すると、フラッシュライト(異常ランプ)が点滅し、周囲に異常を知らせます

この点滅は居住者に対して「危険なので中に入らないでください」と警告する意味も持ちますよ。

また、フラッシュライト(異常ランプ)の点滅はセコムのスタッフが現場に駆け付ける際の目印としても機能します。

フラッシュライト(異常ランプ)が点滅するのはなぜ?

セコムのフラッシュライト(異常ランプ)が点滅を始める原因は複数あります。

まず第一に侵入者が検知された場合や、火災が発生した際に自動的に点滅します。

このような異常が発生した場合は、システムが即座にセコムの警備会社や警報システムに通知するため、迅速な対応が可能となりますよ。

またセンサーの異常や電力供給の問題など、システム自体に問題が生じた場合もフラッシュライト(異常ランプ)が点滅することがあります。

例えば、センサーが正常に機能しない場合や、回線が切断された場合などが考えられますよ。

このような点滅は、システムのメンテナンスが必要であることを示しており、速やかな対応が求められます。

もしも外出から帰ってきた時にこのセコムの異常ランプが点灯していた場合は注意が必要です!

では次に、セコムのフラッシュライト(異常ランプ)が点灯していた時の対応についてもご紹介しますね。

SECOM(セコム)のフラッシュライト(異常ランプ)が点灯した時の対応

SECOM(セコム)のフラッシュライト(異常ランプ)が点灯した時の対応を解説

SECOM(セコム)のホームセキュリティシステムでは侵入者などを検知して周囲に異常を知らせるフラッシュライト(異常ランプ)がありますが、実際に点灯したらどうすればいいのでしょうか?

ここではフラッシュライト(異常ランプ)が点灯・点滅した時の対応について解説していきますね。

慌てずに確認するポイント

①異常の原因を確認

セコムのフラッシュライト(異常ランプ)が点灯した場合、まず冷静になることが重要です。

そして周囲の状況を把握し、何らかの異常が発生しているかどうかを確認してください。

もしも緊急性があると判断した場合は、すぐに安全な場所に避難をしましょう。

②誤作動の確認

セコムのフラッシュライト(異常ランプ)は、風や動物などによる誤作動の可能性もあるため、冷静に状況を見極めましょう。

③安全確保

万が一危険が感じられる場合、自宅外に退避して安全を確保、セコムの到着を待ちましょう!

セコムが到着後にすること

①現場の確認をしてくれる

セコムのフラッシュライト(異常ランプ)が点灯した場合、セコムの担当者が速やかに現場に到着し、状況を確認します

この時、フラッシュライト(異常ランプ)の点滅は対処員の目印となりますよ。

②安全確認と対応

到着後、セコムのスタッフは侵入者の有無や施錠の確認、システム異常の確認を行っていき、必要に応じて警察や消防に連絡し、迅速に対応します。

そして安全が確認された後に、利用者に状況を報告しますよ。

この時、異常ランプが点灯したタイミングやその前後の状況について正確な情報を提供することで、迅速かつ的確な対応が期待されます。

フラッシュライト(異常ランプ)点灯時の初期対応の手順まとめ

①異常ランプ点灯確認

異常ランプが点灯したら、まず冷静に原因を確認します。

安全が確保されている場合は、異常ランプの点灯原因を確認します。

②室内外の確認

自宅内外の状況を確認し、異常がないかチェックします。

③避難と連絡

必要に応じて安全な場所に避難し、セコムスタッフの到着を待ちます。

④セコムの対応を受ける

セコムが到着したら、状況を説明し、対処を任せます。

この対応手順を守ることで、セコムのフラッシュライトが点灯した際に適切かつ安全に対処できますよ。

では次に、セコムのフラッシュライト(異常ランプ)の解除は自分でもできるのか?解除方法についてもご紹介しますね。

SECOM(セコム)のフラッシュライト(異常ランプ)の解除方法

SECOM(セコム)のフラッシュライト(異常ランプ)の解除方法を解説

SECOM(セコム)のフラッシュライト(異常ランプ)が点灯した場合、何かしらの異常がないか確認が重要です。

家の周囲や中の安全を確認して異常がない場合の解除方法は以下の通りです。

1.警備モードの解除

セコムの警備システムは、スティックキー、スマホアプリ、またはICタグで解除することができます。

例えばスティックキーを使用する場合、指定された場所にスティックキーを挿入して解除します。

2.フラッシュライト(異常ランプ)の消灯

警備モードが解除されると、フラッシュライト(異常ランプ)も自動的に消灯します。これにより、システムが正常に戻ったことが確認できますよ。

3.セコムコールセンターへの連絡する

もしもセコムのフラッシュライト(異常ランプ)が解除できない場合は、セコムコールセンターへ連絡しましょう

連絡先の電話番号はセコムのセキュリティシステムのマニュアルやホームセキュリティ契約書に記載されています。

電話が繋がったら、オペレーターにフラッシュライト(異常ランプ)の状況を詳しく説明しましょう。

\セコムの公式サイトを見る/

では次に、セコムのフラッシュライト(異常ランプ)の誤作動についてもご紹介しますね。

SECOM(セコム)のフラッシュライト(異常ランプ)の誤作動について

SECOM(セコム)を利用したホームセキュリティシステムでは、フラッシュライト(異常ランプ)が誤作動で点滅することがあります

誤作動の原因としては、センサーの誤検知や通信エラーが考えられますよ。

誤作動の際はまずセンサーの周囲を確認し、明らかに異常が無いことを確認してから解除手順を進めてください。

誤作動の再発防止のためのアドバイス

セコムのフラッシュライト(異常ランプ)の誤作動を再発防止するためには、定期的なセンサーのメンテナンスが有効です。

センサーが汚れている場合や取り付け位置が適切でないと、誤作動が発生しやすくなるのでチェックしておきましょう。

またセコムのシステムに組み込まれているセンサーは、特定の環境条件下で敏感に反応することもあるため、設置場所や使用環境に応じた調整が必要です。

いずれにしてもフラッシュライト(異常ランプ)が点滅した際には冷静に状況を確認し、必要に応じてセコムのコールセンターやサービス窓口に連絡することをお勧めします!

セコム|異常ランプ作動の意味や解除方法など疑問を解決! のまとめ

この記事では、SECOM(セコム)のフラッシュライト(異常ランプ)の役割や点滅する意味、またフラッシュライト(異常ランプ)点灯時の対処法や解除する方法、誤作動についてご紹介しました。

セコムのフラッシュライト(異常ランプ)が点灯した場合侵入者がいる可能性や火災が発生している可能性があります。

そのためまずは落ち着いて状況を確認し、必要な手順に従って対応することが大切ですよ。

フラッシュライト(異常ランプ)が誤作動で点灯している場合は、センサーの異常を確認したり、警備モードを解除することで多くの問題は解決できます。

もし異常が解消しない場合は、速やかにセコムのコールセンターへ連絡し、専門家のサポートを受けてくださいね。

セコムのような様々なシステムを取り入れたホームセキュリティを利用している人は、普段からマニュアルを確認しておくことで緊急時にも的確に対応できるようになりますよ。