防犯センサーライト|取り付け方と設置場所のポイントを解説!

防犯センサーライト|効果的な取り付け場所と設置方法を解説! 防犯グッズ
記事内にプロモーションが含まれている場合があります。

防犯センサーライトで不審者の侵入を防止するためには、どんな場所に取り付けると防犯効果があるのでしょうか?

ブンヤ
ブンヤ

自分でも防犯対策として防犯センサーライトを取り付けたいんだけど、どうやって取り付ければいいかな?

この記事では、防犯センサーライトの防犯効果どんな場所に設置するといいのか、また防犯センサーライトの取り付け方法取り付けにかかる費用の相場についてご紹介しています。

防犯センサーライトを自分でも簡単に取り付けるにはどうすればいいのか?参考にしてみてくださいね。

防犯センサーライトの防犯効果は?

防犯センサーライトの防犯効果を解説!

防犯センサーライトは、その効果的な防犯対策から人気を集めています。

主な防犯センサーライトの防犯効果としては、以下のことが挙げられますよ。

1.威嚇効果

防犯センサーライトが人の動きを検知すると、突如として明るい光が灯り不審者を驚かせ威嚇することができます。

2.視認性の向上

夜間においては防犯センサーライトの明るさで視認性が向上し、周囲の状況や不審者を容易に確認できるため防犯の観点から有効です。

3.警告機能

防犯センサーライトの点灯により住居内の人間が周囲に動きがあったことが分かったり、不審者に対して警告の役割も果たします。

空き巣や強盗など侵入者は光や音などを警戒します。

防犯センサーライトの明るい光を急に照らすことで犯行の防止に役立ちますよ!

ではこのように防犯効果も期待できる防犯センサーライトの効果的な取り付け位置はどこなのでしょうか?

次に防犯センサーライトの効果を発揮する取り付け場所についてご紹介しますね。

防犯センサーライトの効果を発揮する取り付け場所は?

防犯センサーライトの効果を発揮する取り付け場所を解説!

防犯センサーライトは夜間の照明の役割だけでなく、不審者に対して威嚇効果や警告する役割も果たします。

そんな防犯センサーライトを取り付ける場所は、不審者を確実に捉え防犯効果を最大限に発揮するために重要です。

ここでは防犯センサーライトを取り付ける場所のポイントをご紹介します。

<防犯センサーライトを取り付ける場所>

①玄関

②裏庭や裏口

③ガレージや倉庫

それぞれの効果的な防犯センサーライトの取り付け場所について解説しますね。

①玄関

主要な出入り口である玄関に防犯センサーライトを取り付けることで、不審者が接近する瞬間を捉えることができます。

玄関は家の最初の防犯ラインとなりますよ。

②裏庭や裏口

家の裏側や裏口にも防犯センサーライトを配置することで、不審者が建物の裏を避けることが難しくなります。

これにより、隠れた侵入経路を制限しますよ。

③ガレージや倉庫

車や貴重な物品が収められるガレージや倉庫にも防犯センサーライトを設置することで、不審者の侵入を防ぎます。

特に、ガレージのドア周辺は重要な場所ですよ。

このように不審者に狙われやすく、人目が付きにくい場所に防犯センサーライトを設置すると防犯効果を発揮してくれますよ!

防犯センサーライトの設置についての注意点

防犯センサーライトの設置に適している場所をご紹介しましたが、設置の時に注意すべきポイントも合わせてご紹介しますね。

1.周囲の明るさ

防犯センサーライトは周囲の明るさを感知して作動します。

他の明るい光源が近くにある場合、誤動作する可能性があるため十分な距離を保つことが重要です。

2.振動や衝撃の影響

防犯センサーライトは振動や衝撃に敏感であり、これらが頻繁に発生する場所に設置すると誤動作が発生する可能性があります。

3.カーテンの開閉頻度

頻繁に開閉されるカーテンの近くに設置すると、風による揺れや動きにより誤動作が生じやすくなるため注意が必要です。

4.植物の近く

植物は風で揺れることがあり、これがセンサーライトの誤動作を引き起こす可能性があるため、植物の近くには避けて設置することが望ましいです。

5.センサーの視野を確認する

防犯センサーライトのセンサーの視野に障害物がないか確認し、視野が遮られないように注意することが大切です。

6.高さの調整

防犯センサーライトの高さを適切に調整することで、目標物を正確に検知しやすくなります。

また低すぎる位置に設置すると不審者に取り外されてしまう危険性があるので、ある程度の高さを保つことも重要ですよ。

これらの注意点を考慮して防犯センサーライトの設置位置を選ぶことで、効果的な防犯効果を得ることができますよ。

では次に、防犯センサーライトの取り付けはどのように行うのでしょうか?取り付け方法についてもご紹介しますね。

防犯センサーライトの取り付け方は?

防犯センサーライトの取り付け方を解説!

不審者を威嚇するために防犯センサーライトの取り付け場所は重要でした。

そして、その防犯効果を最大限発揮するためにはどのように取り付けるといいのでしょうか?

防犯センサーライトを取り付ける際、自分で行う方法業者に依頼する場合の手順があります。

まずは自分で防犯センサーライトを取り付ける場合の方法について解説していきますね。

自分で取り付ける場合

ステップ1:場所の選定

まずは防犯センサーライトを設置する場所を慎重に選びます。

玄関、裏庭、ガレージなど防犯が必要な場所が適していますよ。

ステップ2:配線を確認する

選んだ場所に電源が引けるか確認し、必要に応じて電源を引きます。

ステップ3:防犯センサーライトの取り付け

防犯センサーライトを選び、付属の取り付け説明書に従い壁やポールに取り付けます。

ステップ4:調整

防犯センサーライトのセンサーの感知範囲や点灯時間を調整し、最適なセッティングを行います。

業者に依頼する場合

防犯センサーライトの取り付けを業者に依頼する場合、口コミや評判を確認して信頼性のある防犯機器取り付け業者を選びましょう。

業者が現地調査を行い、防犯センサーライトの最適な設置場所や必要な機能を提案してもらいます。

その際、提案内容に基づいて見積もりを取り、予算や条件を確認しておきましょう。

業者がセンサーライトの取り付け作業を行い、動作確認もしてセンサーライトが正しく機能することを確認しますよ。

ブンヤ
ブンヤ

自分で防犯センサーライトを屋外に設置する場合、簡単に取り付けるにはどんな方法があるんだろう?

防犯センサーライト屋外でも簡単な取り付け方は?

防犯センサーライトを屋外でも簡単に取り付ける方法としては、ビスを使用して壁やフェンスに固定する方法が簡単です。

ビス止め方式は、ドリルや専用の穴あけ工具を使用して穴を開け、防犯センサーライトの取り付けベースをビスで固定します。

木材の壁の場合は特に簡単に取り付けが可能で、強度も確保できますよ。

この方法は、防犯センサーライトをしっかりと固定したい場合に適しています。

カオリ
カオリ

壁などに穴を開けないで防犯センサーライトを取り付ける方法もあるのかしら?

防犯センサーライトの穴開けない取り付け方は?

防犯センサーライトの穴開けない取り付け方には、クランプを使用した取り付け方法がありますよ。

クランプを使用すると、穴を開けずにセンサーライトを取り付けることができます。

防犯センサーライトを設置する場所に適したクランプを選び、そのクランプを使用してポールや柱にセンサーライトを挟み込むことで取り付け素材にネジ穴を開ける必要がないため、簡単に取り付けられますよ。

また、クランプ方式なら必要に応じて取り外し可能なので、柔軟性があります。

この方法は、防犯センサーライトの設置に際し穴を開けたくない場合や取り外し可能な設置が必要な場合に適しています。

このように防犯センサーライトは、業者に依頼するだけでなく自分でも取り付けができるのが手軽で導入しやすいですよね。

では次に、防犯センサーライトの設置にかかる費用はいくらくらいなのか設置費用の相場をご紹介しますね。

防犯センサーライトの設置にかかる費用はいくらくらい?

防犯センサーライトの設置費用を解説!

防犯センサーライトの取り付け方法としては、自分で取り付ける場合と業者に依頼する場合がありますが、それぞれ費用としてはいくらくらいかかるのでしょうか?

ここでは防犯センサーライトの設置費用の相場についてご紹介しますね。

1.自分で設置する場合の費用

自分で防犯センサーライトを設置する場合、主にセンサーライトの購入費用必要な工具がかかります。

防犯センサーライトの価格は様々で、機能やブランドによって異なりますが一般的に1個あたり1,000円から10,000円以上まで幅広くありますよ。

また必要な工具としては、クランプやビス、ドリル、配線工具などが必要です。

これらの工具は持っていない場合、購入やレンタルが必要になりますよ。

2.業者に依頼する場合の費用

業者に防犯センサーライトの設置を依頼する場合、本体代以外に作業費用が発生します

作業費用は業者によって異なりますが、一般的な相場は作業費用だけで5,000円から10,000円程度です。

業者がセンサーライトを用意する場合、購入費用も含まれますがこれはセンサーライトの種類や機能により異なりますよ。

以上の防犯センサーライトの設置費用の相場は一般的な目安であり、具体的な価格は地域や業者によって異なる可能性があります。

設置前に複数の業者から見積もりを取ることがおすすめですよ。

防犯センサーライト|取り付け方と設置場所のポイントを解説!のまとめ

この記事では、防犯センサーライトの防犯効果やどんな場所に設置するといいのか?また防犯センサーライトの取り付け方法、取り付けにかかる費用の相場などをご紹介しました。

防犯センサーライトを利用することで、不審者に対して威嚇効果や警告機能、夜間の周囲の視認性の向上など防犯効果が期待できます。

そんな防犯センサーライトは、以下の場所に取り付けると防犯対策として役立ちますよ。

①玄関
②裏庭や裏口
③ガレージや倉庫

そして防犯センサーライトの取り付けは業者に依頼するだけでなく、自分でも取り付けることが可能です。

クランプを使用することで穴を開けないでセンサーライトを取り付けることもできました。

また防犯センサーライトの取り付け費用としては、センサーライトの本体代として1,000円から10,000円以上までの幅広さがありました。

さらに業者に依頼する場合は、作業費として5,000円から10,000円程度かかることもあるので、業者に依頼する場合は先に見積もりなどを取っておくことが推奨されますよ。

防犯センサーライトは自分でも取り付けることができるので手軽ですが、取り付けの注意点に気を付けながら有効に活用してくださいね!