防犯センサーライト|逆効果にならないための正しい使い方は?

防犯センサーライト|逆効果にならないための正しい使い方は? 防犯グッズ
記事内にプロモーションが含まれている場合があります。

屋外の防犯対策として利用されることがある防犯センサーライトは下手をすると逆効果となる場合もあるようです。

カオリ
カオリ

せっかく防犯対策としてセンサーライトを設置すんなら、もっと効果的な使い方ができないかしら?

この記事では、防犯センサーライトのメリットやデメリットと共に、逆効果にならないための正しい使い方や設置方法、センサーライトの選び方について詳しくご紹介しています。

防犯センサーライトの注意点を知り、しっかりと防犯対策に役立ててくださいね!

防犯に使用されるセンサーライトとは?

防犯に使用されるセンサーライトについて解説!

防犯用に使用されているセンサーライトは、主に屋外に設置され人や動物の動きを感知するセンサーによって自動的に点灯する照明器具です。

防犯センサーライトは人感センサーや熱センサーを備えており、周囲の動きや熱を感知すると自動的に光を発して暗い場所を照らします。

そのため防犯センサーライトは夜間や暗い場所での使用に適しており、不審者の侵入を威嚇し、防ぐ効果があります。

防犯センサーライトは通常、玄関や庭、駐車場などの屋外に設置されることが一般的です。

また様々な種類のセンサーライトがあり、LEDや電球を使用したもの、さらには動画録画や連動した防犯カメラを備えた高機能なセンサーライトも存在しますよ。

センサーライトは人の動きを感知して自動点灯してくれるので、セキュリティを高めたい勝手口や窓付近などの防犯対策にも活用でき、さらにメリットがたくさんありますよ!

防犯対策にも効果的に活用できる防犯センサーライトのメリットやデメリットについても詳しく解説していきますね。

防犯センサーライトのメリットは?

防犯センサーライトのメリットを解説!

防犯センサーライトは、人や動物などの周囲に動きや熱を感知することで自動的に点灯し、防犯対策としても役に立つ防犯グッズです。

ここではそんな防犯センサーライトのメリットについてご紹介しますね。

<防犯センサーライトのメリット>

①不審者への威嚇効果

②照明効果と視認性の向上

③広範囲のカバー

④低コストの防犯対策

⑤省エネ効果

それでは防犯センサーライトの様々なメリットについて詳しく解説します。

①不審者への威嚇効果

防犯センサーライトは人感センサーにより動きを検知し、自動的に点灯します。

これにより不審者は、予期せぬ明るさに驚き侵入を躊躇する可能性がありますよ。

②照明効果と視認性の向上

夜間や暗い場所での明るい照明は視認性を向上させてくれます。

そのため周囲の状況をより明確に把握でき、セキュリティの向上に寄与しますよ。

③広範囲のカバー

防犯センサーライトは広範囲にわたる動きを検知できるため、大きなエリアをカバーすることが可能です。

庭や駐車場、通路など広い屋外での防犯に効果的ですよ。

④低コストの防犯対策

防犯センサーライトの導入は比較的低コストでありながら、効果的な防犯対策を提供します。

また防犯カメラと組み合わせて使用することで、より高いセキュリティが期待できますよ。

参考記事

◆防犯カメラの選び方については『防犯カメラ|選び方ガイド!屋外や屋内のおすすめ商品も紹介!』も参考にご覧ください。

⑤省エネ効果

防犯センサーライトは動きを感知して自動的に点灯するため、必要な時だけ照明を提供することができ省エネ効果があります。

不要な時間帯には自動で消灯することで電力の無駄を減らし、コストも削減できますよ。

カオリ
カオリ

自分たちも暗闇の中でちょっとした明かりがあったら安心できるし、防犯センサーライトは手軽で効果的な防犯対策の1つね!

では反対に防犯センサーライトが意味ない場合やデメリットなどはあるのでしょうか?

防犯センサーライトのデメリットは?

防犯センサーライトのデメリットを解説!

防犯センサーライトは、自動点灯の仕組みから省エネや低コストで防犯対策としてメリットが様々ありました。

しかし、使い方によっては防犯センサーライトを使っても意味ない、防犯対策に逆効果だという意見もあるようです。

ここではそんな防犯センサーライトのデメリットについてもご紹介します。

<防犯センサーライトのデメリット>

①誤作動

②環境への影響

③設置場所の限定

④維持管理の必要性

⑤電力の消費

それでは防犯センサーライトのデメリットについてそれぞれ解説していきますね。

①誤作動

防犯センサーライトの人感センサーが外部の動きに反応しやすいため、風や動物などの他の要因により誤作動が発生することがあります。

この誤作動が頻繁に起きると、周囲への煩わしさへ繋がる可能性がありますよ。

②環境への影響

屋外に設置される場合、気象条件や環境の変化によってセンサーライトの性能が影響を受ける可能性があります。

雨や雪、湿気などが機器に影響を与え、誤動作や故障が発生することがありますよ。

③設置場所の限定

防犯センサーライトは特定の範囲内の動きしか検知できません

したがって、さらに広いエリアをカバーするためには複数のセンサーライトが必要となり、設置場所が限定される可能性がありますよ。

④維持管理の必要性

防犯センサーライトは定期的なメンテナンスが必要です。

汚れや異物の影響を受けやすいため、防犯対策に効果的な動作を維持するためには清掃や点検が欠かせません。

⑤電力の消費

防犯センサーライトは動きを感知するために常に動作しており、これにより一定の電力を消費します。

長時間点灯している場合や頻繁に誤動作がある場合、電気代が増加する可能性がありますよ。

これらのデメリットを考慮しつつ適切な設置場所やメンテナンスを行うことで、防犯センサーライトの効果を最大限に引き出すことができますよ!

このように誤作動などによるデメリットもある防犯センサーライトを防犯対策として逆効果とならないようにするにはどのように利用するといいのでしょうか?

防犯センサーライトの正しい使い方についてご紹介しますね。

防犯センサーライトの逆効果にならないための正しい使い方は?

防犯センサーライトの逆効果にならないための正しい使い方を解説!

防犯センサーライトは防犯対策として効果のある一方、誤作動やメンテナンスの必要性など注意すべき点もありました。

ここでは、そんな防犯センサーライトを効果的に使用するための正しい使い方についてご紹介します。

1.適切な設置場所や位置を選定する

防犯センサーライトは設置場所や設置位置の高さ・角度によって効果が異なります。

防犯センサーライトの設置場所としては、玄関(裏口も)や(風呂場や台所などの小さな窓)、車庫など不審者の侵入の可能性が高い場所に設置することが重要です。

また防犯センサーライトのセンサーの高さや検知範囲を正確に設定することで、誤動作を防ぎ、侵入者を確実に検知できます。

さらに環境の変化や気象条件が防犯センサーライトに影響を与える可能性があります。

設置場所を選ぶ際にこれらの要因も考慮し、安定した動作を確保しましょう。

2.定期的なメンテナンスを行う

防犯センサーライトは、汚れや異物の影響を受けやすいためメンテナンスは定期的に行うことが必要です。

また清掃だけでなく、センサーライトの設置場所や位置の確認など定期的に点検を行うことが逆効果を防ぐ重要な手順ですよ。

3.適切なタイミングでの点灯設定をする

防犯センサーライトは長時間点灯させることで電力の無駄遣いになります。

防犯センサーライトの点灯の設定では人や車の通りが多い場合は角度を調整し、不審者の威嚇効果を得られるような場所や角度などを検討してみましょう。

参考記事

◆防犯センサーライトの取り付け場所や方法について『防犯センサーライト|取り付け方と設置場所のポイントを解説!』でさらに詳しくご紹介しています。

カオリ
カオリ

防犯センサーライトの使い方は分かったけど、どんな製品でも同じように効果があるのかしら?

防犯センサーライトの選び方

防犯対策として効果的に防犯センサーライトを利用する場合、どんな製品を選ぶといいのでしょうか?

防犯センサーライトを選ぶ際には、種類や環境に応じて適した製品を選ぶことが重要です。

ここでは防犯センサーライトの選び方について解説しますね。

1.種類による選び方

・人感センサーライト

人の動きを感知して点灯するタイプで玄関や通路など、人が通りがちな場所に適しています。

・明暗センサーライト

外部の明るさに応じて点灯するタイプで夜間や暗い場所での利用に適しています。

・防犯カメラ一体型

センサーライトと防犯カメラが組み合わさった製品で監視と同時に照明も確保できます。

2.動力源による選び方

・コンセント式

長時間の点灯が可能で、光量も豊富。屋内や長時間点灯が必要な場所に適しています。

・乾電池式

配線不要で手軽に設置が可能。ただし、定期的な電池交換が必要です。

・ソーラー式

太陽光で充電されるため、配線不要でエコな選択。ただし、日光の当たり具合に注意が必要です。

参考記事

◆ソーラー式の防犯センサーライトの選び方については『防犯センサーライト|ソーラーのおすすめ商品を徹底紹介!』でさらに詳しくご紹介しています。

3.環境や用途による製品の選び方

・屋外用途

防水性や耐久性が求められます。ソーラー式は太陽光を利用できるため便利です。

・室内用途

明るさや色温度、点灯の適応速度が重要。コンセント式が適しています。

・夜間監視

防犯カメラ一体型が有益。夜間でも明るい照明と同時に監視が可能です。

このように防犯センサーライトには種類や動力源が異なるためこれらのポイントを考慮してセンサーライトを選び、効果的な防犯対策と照明を実現させてくださいね!

防犯対策を万全にしたい時は、防犯センサーライトだけでなくホームセキュリティサービスの導入もご検討くださいね!

プロの空き巣や強盗になると防犯センサーライトだけでは防犯対策は不十分です・・・

防犯対策なら24時間365日体勢で監視・駆けつけをしてくれるプロに任せると安心ですよ!

\防犯センサーライトとホームセキュリティの導入でさらに安心/

資料請求は無料なので、お気軽にお問い合わせくださいね。

防犯センサーライト|逆効果にならないための正しい使い方は?のまとめ

この記事では、防犯センサーライトのメリット・デメリットと、逆効果にならないための正しい使い方や設置の方法、選び方などをご紹介しました。

防犯センサーライトは人感センサーや熱センサーを備えており、周囲の人や動物の動きや熱を感知して自動的に点灯します。

そんな防犯センサーライトのメリットには以下のことが挙げられました。

①不審者への威嚇効果
②照明効果と視認性の向上
③広範囲のカバー
④低コストの防犯対策
⑤省エネ効果

また、反対に防犯センサーライトのデメリットとしては以下の項目がありました。

①誤作動
②環境への影響
③設置場所の限定
④維持管理の必要性
⑤電力の消費

このような注意点を考慮しつつ、防犯センサーライトが逆効果にならないための正しい使い方としては、以下のことを意識してみてください。

1.適切な設置場所や位置を選定する
2.定期的なメンテナンスを行う
3.適切なタイミングでの点灯設定をする

また防犯センサーライトには種類があり、それぞれ利用場面や特徴が異なるため選ぶ時にも目的に合わせて考慮することが重要です。

利用目的に合わせて適切な防犯センサーライトを選び、効果的に活用してみてくださいね!