鍵の防犯|電子錠の後付け方法や取り付け費用を徹底解説!

鍵の防犯|電子錠の後付け方法や取り付け費用を徹底解説! 住まいの防犯対策
記事内にプロモーションが含まれている場合があります。

玄関の鍵を電子錠に交換することで、ピッキングやバンピングなどのリスクを軽減し防犯性能を向上させることができます。

カオリ
カオリ

今は通常の鍵しかないんだけど、電子錠は後付けすることもできるのかしら?

この記事では、玄関に電子錠(デジタルロック)を後付けできるのか?引き戸玄関の場合電子錠の取り付け方法、また取り付けにかかる費用の相場についてご紹介しています。

電子錠を導入したいと考えている場合はこの記事を参考にしてみてくださいね。

玄関に電子錠(デジタルロック)は後付けできるの?

玄関に電子錠(デジタルロック)は後付けできるの?

自宅やオフィスなどの玄関の防犯性を高めるために電子錠(デジタルロック)は効果的なアイテムですが、従来の鍵の玄関でも電子錠を後付けすることはできるのでしょうか?

結論から言いますと、玄関に電子錠を後付けすることは可能です。

一般的な電子錠の取り付け方法には、両面テープを使用してスマートロックを取り付ける方法やドアに加工工事を施して取り付ける方法がありますよ。

また電子錠には様々な種類があり、電池駆動のものやスマート機能を搭載したものなど、用途や好みに合わせて選択できます。

カオリ
カオリ

うちの玄関は引き戸なんだけど、電子錠の後付けはできるのかしら?

引き戸の玄関にも電子錠(デジタルロック)は後付けできる?

引き戸の玄関でも電子錠(デジタルロック)を後付けすることは可能です。

一般的には引き戸に電子錠を後付ける場合、スマートロックが利用されることが多いですよ。

これは既存の引き戸に取り付ける際に工事が簡単で、多くの場合は特別な加工なしで取り付けが可能となっています。

ただし、引き戸の構造により取り付けができる製品が異なる可能性があります。

製品を選定する際には、引き戸に対応した電子錠を選び、取り付け方法や要件を確認することが重要ですよ。

また既存の引き戸に後付けできる電子錠がない、鍵の位置的に幅がとれない場合などは電子錠に対応している引き戸にリフォームをするという方法もあります。

最新の動向では、LIXILやYKK APなども引き戸に組み込まれたスマートキーを提供しています。

これらの新しいモデルに交換することで、既存のデザインに調和する純正のスマートキーを利用することができますよ。

ブンヤ
ブンヤ

玄関の防犯性を高めるために電子錠が後付けすることも有効だと分かったけど、どうやって取り付ければいいだろうか?

では次に、電子錠の取り付け方法についてもご紹介していきますね。

電子錠(デジタルロック)の取り付け方は?

電子錠(デジタルロック)の取り付け方を解説!

従来の鍵ではなく電子錠(デジタルロック)に交換することで玄関などの鍵の防犯性能が向上するメリットがありました。

そこで既存の玄関の鍵に電子錠を後付けする場合、どのように取り付けることができるのでしょうか?

電子錠の取り付け方法には、専門業者に依頼する場合と自分で行う場合があるので、以下にそれぞれの手順を詳しく解説していきますね。

1.専門業者に依頼する場合

電子錠の後付けを専門業者に依頼する場合は複数の鍵業者から電子錠の取り付けに関する見積もりを取得することをおすすめしますよ。

異なる業者の価格や提供サービスを比較検討し、取引実績や口コミを確認して信頼性の高い業者を選びます。

そして選んだ業者と日程を調整し、専門家が指定した場所に電子錠を取り付けます。

\専門業者に依頼するなら『鍵猿』/

出張・見積費が無料!通話料も無料なのでお気軽にお問い合わせください

2. 自分で行う場合

自分で電子錠を取り付ける場合は、ホームセンターやオンラインショップで適切な電子錠取り付けキットを購入します。

購入した電子錠取り付けキットには取り扱い説明書が付属しているので、これを確認し、手順を理解します。

ドリルやドライバーなどの基本的な工具を用意し、説明書に従ってドアに必要な穴を開け、電子錠を取り付けます。

バッテリー駆動の場合は、電源を接続し動作確認を行います。

カオリ
カオリ

賃貸だとドアに穴を開けたり、工事が必要だと困るんだけど、工事不要で取り付けできる電子錠はあるのかしら?

後付けできる電子錠(デジタルロック)で工事不要のものはあるの?

現在賃貸物件に住んでいて穴あけなどの工事が出来ない場合にも工事不要の後付けできる電子錠は存在します。

工事不要の後付けできる電子錠は、通常、電池駆動や簡単な取り付け手順により専門の工事なしに取り付けが可能です。

例えば穴を開ける代わりに粘着テープで固定するタイプの電子錠は、剥がすことも可能なため賃貸物件でも利用することができますよ

このような工事不要の後付けできる電子錠は、玄関や施設のドアに簡単に取り付けられ、工事の手間を最小限に抑えることができます。

ただし取り付け位置を間違えてしまうと上手く施錠ができないなど不具合が起こることもあるため、具体的な使用方法や注意点をしっかりと確認しながら取り付けることが重要です。

重要な玄関の鍵のことなので、自信がない場合や初めて取り付ける場合は専門業者に依頼することも検討してくださいね!

\電子錠の取り付けなら『鍵猿』/

鍵の交換は信頼できる専門業者に依頼しよう!

では次に電子錠の後付けを行う場合、どのくらい費用がかかるのでしょうか?費用の相場についてご紹介していきますね。

電子錠(デジタルロック)の後付け費用の相場は?

電子錠(デジタルロック)の後付け費用の相場を解説!

電子錠(デジタルロック)の後付けは専門業者や自分でキットを購入して取り付ける方法などがありました。

では電子錠を後付けする場合、どのくらいの費用がかかるのでしょうか?

まずは電子錠の後付けを専門業者に依頼する場合の費用の相場について解説していきますね。

1.専門業者に依頼する場合

電子錠の後付けを専門業者に依頼する場合、費用は様々ですが、一般的な相場は約3万円から10万円程度とされています。

この価格には電子錠本体の購入費用業者の作業費用が含まれますよ。

また高機能でセキュリティが強化された電子錠の場合は、費用がさらに上がる傾向があります。

専門業者に依頼することで確実かつ専門的な電子錠の取り付けが期待できますが、作業費用が発生するためしっかりと見積もりをとっておきましょう。

2.自分で取り付ける場合

電子錠の後付けを自分で行う場合、費用は主に購入費用となります。

ただ電子錠の価格は3万円から10万円程度と幅があり、専門業者に依頼する場合と同様の費用がかかる場合がありますよ。

ネット上では低価格の電子錠も販売されていますが、防犯上玄関の鍵はとても重要です。

予算を抑えすぎて防犯性に不安が残る製品を選ばないように気を付けてくださいね!

どちらの方法を選ぶかは、個々のニーズや技術力によります。

高度な機能を求め、確実な取り付けを望む場合は専門業者に依頼することを検討し、予算を抑えたい場合やDIYに自信がある場合は、自分での取り付けも一つの選択肢ですよ。

\専門業者に依頼するなら『鍵猿』/

通話無料のお問合せをご利用ください!

鍵の防犯|電子錠の後付け方法や取り付け費用を徹底解説!のまとめ

この記事では、玄関に電子錠(デジタルロック)は後付けできるのか、引き戸の場合や電子錠の取り付け方、また取り付けにかかる費用の相場などをご紹介しました。

電子錠は後付けも可能であり、引き戸の玄関にも対応している電子錠があります。

また電子錠の取り付けは、専門業者だけでなく自分でもキットを購入することで可能ですよ。

その際、賃貸物件でも利用できる工事不要の後付けできる電子錠もありました

そして電子錠の後付けする場合の費用の相場としては、専門業者に依頼する場合も自分で行う場合も幅はありますが3万円から10万円程度かかることが多いようです。

専門業者に依頼すると、技術や防犯性には信頼性がありますが作業費用も発生します。

一方自分で行う場合は費用を抑えることもできますが、しっかりとした技術や製品選びが重要です。

電子錠を後付けする時は誰に取り付けてもらうのか?どんな製品を選ぶといいのか?ニーズや目的に合わせて検討してみてくださいね!