子供の防犯対策|GPSの必要性やおすすめアイテムを紹介!

子供の防犯対策|GPSの必要性やおすすめアイテムを紹介! 防犯対策の知識
記事内にプロモーションが含まれている場合があります。

小学生になりたての子供などが一人で登下校や外出する際はとっても心配になりますよね?

カオリ
カオリ

毎日道に迷ってないか、知らない人についていかないかと心配が絶えないわ・・・

この記事では、そのような子供の外出時の安全を守るGPS端末について必要性やメリット・デメリット、またキッズケータイとGPS端末の違いについてやGPS端末の選び方とおすすめの商品などをご紹介しています。

お子さんの防犯対策としてGPS端末の活用法を知りたい人はぜひ参考にしてくださいね!

子供用GPS端末なら「あんしんウォッチャー」

公式サイトで詳しく見る!

子供の防犯対策にGPSは必要なの?

小学生などの子供の場合、一人で登下校や塾などで外出することがありますが、親としては心配ですよね?

カオリ
カオリ

防犯対策としてGPSを持たせるという親御さんもいるようなんだけど、GPSを持たせる必要性はあるのかしら?

まずは、子供の防犯対策においてGPSの必要性について解説していきますね。

子供用GPSは、子供の防犯対策において非常に有用なツールの1つですよ。

子供用GPSによる位置確認機能は、親が子供の位置をリアルタイムで確認できるため、登下校中や外出時の安全を確保します

そして万が一子供が危険な状況に陥った場合、GPS端末を使用して位置を特定でき、警察や救急隊に迅速に通報できるため、非常に貴重な緊急対応手段になり得ますよ。

また時に子供は迷子になることがありますが、道に迷ったり子供が予定外の場所に行ったりするリスクを軽減できます

さらに子供にGPS端末を持たせることは、子供自身に防犯意識を高めさせる一環としても機能しますよ。

子供にGPSを持たせることは、位置確認や緊急時の安全確保だけでなく自身の安全に対する責任感を養う助けともなりますよ。

カオリ
カオリ

子供用GPSを持たせると親や保護者も安心できると分かったけど、キッズケータイとはどう違うのかしら?

子供用GPSとキッズケータイの違いは?     

子供の防犯対策にGPSは必要なの?

子供用GPSとキッズケータイは、子供の安全と連絡手段を提供するための異なるアプローチを持っています。

ここではGPS端末とキッズケータイの違いを詳しく解説しますね。

機能と主な用途の違い

子供用GPS

子供用GPSは、主に子供の位置情報を追跡するために設計されています

親が子供の居場所をリアルタイムで確認でき、子供の安全を確保するのに役立ちますよ。

キッズケータイ

キッズケータイは通話やメッセージングなど、コミュニケーションが中心の機能を提供します

子供との連絡手段を提供しながら、同時にGPS機能を備えることもありますよ。

コスト

子供用GPS

一般的に、子供用GPSは比較的低コストで提供されています。

月額料金がかからない無料の場合も多く、単なる位置追跡を目的となっていますよ。

キッズケータイ

キッズケータイは通信機能を備えているため、利用には通信プランの契約が必要です。

これにより、ランニングコストがかかることがありますよ。

主な利用目的

子供用GPS

GPS端末は主に親が子供の安全を確保するために使用されます。子供の位置を追跡し、必要に応じて緊急時の対応を可能にします。

キッズケータイ

キッズケータイは子供とのコミュニケーションを目的としています。通話やメッセージを通じて、親と連絡を取り合うことができます。

位置情報の精度の比較

子供用GPS

子供用GPSは位置情報の精度が高く、リアルタイムで子供の居場所を特定できます。

キッズケータイ

GPS機能は備えていますが、通信機能が主体であり、位置情報精度はやや低い場合があるために注意が必要です。

このようにGPS端末とキッズケータイには違いがあり、選択肢は親の必要性と子供の年齢、目的に応じて異なりますよ。

子供の安全確保が主要な関心事であれば、子供用GPSが適していますが、一方通信と連絡手段が優先事項であれば、キッズケータイが選択肢として考えられますよ!

\子供の見守りと通話が可能な新感覚のキッズケータイHamic POCKET!/

参考記事

◆スマホを利用する前のプレスマホとして、さらに見守り機能も充実した新しいカタチのキッズケータイのHamic POCKETについて『ハミックポケット|デメリットはあるのか口コミや評判を紹介!』で詳しくご紹介しています。

では次に、子供用GPSを防犯対策として活用する場合のメリット・デメリットについてもご紹介しますね。

子供の防犯対策にGPSを使うメリットとデメリットは?        

キッズケータイのようなコミュニケーションツールは少ないですが、位置情報の精度が高く、リアルタイムの位置情報を追跡することができるGPS端末ですが、ここではメリットとデメリットについて解説していきますね。

子供用GPSを使うメリット

子供の防犯対策にGPSを使うメリットとデメリットを解説!

1.子供の安全確保

GPS機能を使用することで、親はリアルタイムで子供の位置を把握できます。

これにより子供が安全な場所にいるかどうかを確認し、必要ならば緊急対応できますよ

2.迷子対策

子供がGPS端末を持つことで、迷子になった場合に素早く見つけることができます

特に公共の場所や大きなイベントで役立ちますよ。

3.安心感

子供がGPS端末を持つことで親と子供の双方に安心感を提供します

子供は親がいつでも見守っていることを知り、親は子供の居場所について心配しなくて済みますよね。

では反対に子供用GPSを利用する場合のデメリットについてもご紹介しますね。

子供用GPSを使うデメリット

1.プライバシーの問題

子供のGPS追跡は、時にはプライバシーの侵害と受け取られることがあります。

子供が成長し、独立心を養う必要がある場合、GPS追跡は対立を引き起こす可能性があるので利用には注意が必要ですよ。

2.技術の制約

GPSは建物の中や地下など、一部の場所では正確に機能しないことがあります。

また、バッテリー寿命にも機能に影響を与えることがありますよ。

3.コスト

GPSサービスやデバイスの利用には、通信費やデバイスの購入費用がかかります

これらのコストが家計に負担をかける場合があります。

GPS端末は学校でスマホやキッズケータイが禁止の場合でも活用できる子供の安全確保に役立つ便利なツールですが、プライバシーや自己独立心なども考慮してあげてくださいね!

まだ小さい子供の安全を確保するために利用したいGPS端末ですが、子供用GPSを選ぶポイントはあるのでしょうか?

次に、子供用GPSの選び方についてご紹介しますね。

子供用GPSを選ぶ時のポイントは?

子供用GPSを選ぶ時のポイントを解説!

子供用GPSにはプライバシーの問題やコスト面など一部デメリットもありますが、防犯対策として持っていると安心できるツールです。

ここでは子供用GPSを選ぶ際に、注意するポイントについて解説していきますね。

<子供用GPSを選ぶ時のポイント>

①位置情報の正確さ

②通信プラン

③バッテリー寿命

④通知機能

⑤耐久性

⑥追加機能

⑦使いやすさ

では子供用GPSを選ぶポイントについて詳しく解説していきますね。

①位置情報の正確さ

GPSの主要な機能は、子供の位置を正確に追跡することです。

GPS端末を選ぶ際に、位置情報の正確さをしっかりと確認しておきましょう。

正確な位置情報が提供されない場合、安全性が低下してしまいますよ。

②通信プラン

GPS端末は通信に依存し、通信プランには初期費用と月額料金がかかることがあります。

適切な通信プランを選び、予算に合わせて検討しましょう。

③バッテリー寿命

子供の安全性を守るために、GPS端末の長時間のバッテリー寿命は重要です。

子供が外出中にバッテリーが切れてしまうと、安全が損なわれる可能性があるのでバッテリー寿命の長いデバイスを選びましょう。

④通知機能

GPS端末に緊急時に通知を送信できるボタンや機能があるかどうかを確認しましょう。

子供が危険にさらされた場合、通知ボタンは非常に役立ちますよ。

⑤耐久性

子供は活発でGPS端末を粗雑に扱うことがあります。

頑丈で耐久性のある商品を選び、水や衝撃に対して耐性があるか確認しましょう。

⑥追加機能

一部のGPS端末には追加の機能が含まれています。

例えば、SOS機能地図表示など。子供のニーズに合った追加機能を検討しましょう。

⑦使いやすさ

GPS端末に通知機能などが付属している場合は、子供が簡単に操作できることが重要です。

また親の操作も簡単で使いやすいことも確認しておきましょう。

これらのポイントを考慮して子供用GPSを選ぶと、子供の安全と親の安心感を向上させることができますよ。

それでは、実際にどんなGPS端末が人気なのか?おすすめの子供用GPSの商品をご紹介していきますね。

おすすめの子供用GPSは?            

ここではおすすめの子供用GPSについて、基本性能や利用料金などをご紹介していきますね。

au提供みまもりGPS端末『あんしんウォッチャー』

auが提供しているあんしんウォッチャーは、他社のスマホでも使えるGPS端末です。

専用アプリ(au HOME アプリ)をインストールすることで位置情報を確認できますよ。

運営が通信会社のKDDIなので、エリアカバー率や通信の安定性・信頼感などから人気のGPS端末となっています。

商品名あんしんウォッチャー
初期費用1年以上の利用 本体11,000円が10%オフの9,900円になる特典プランあり
※短期プランもあり
月額費用539円(1年以上利用プランでは最大1年無料)
通知機能端末から位置情報を送信可能
通信方式4G/LTE
測位方式GPS、基地局、無線LAN
防水防塵IP55
電池持ち最大1.5カ月
キャンペーン2023年7月4日~終了日時未定(HPにて事前予告あり)
2つの選べる割引特典あり
(金額は税込みで表示)
あんしんウォッチャーの特徴

位置情報がGPSだけでなく、KDDIの基地局や街の無線LANからの情報も合わせて取得されるためより正確な情報が得られる。
※ただし地下街や乗り物内などの電波環境やGPS衛星環境によって制度が低くなる場合もあり

本体のボタンを長押しすることで現在地を保護者側のスマホに通知可能

2台目までは追加費用なく(月額利用料金無料)で利用が可能、1年以上の契約では1年分の月額料金が無料など利用しやすい料金プランがある

最大1.5か月稼働可能な大容量バッテリーで、バッテリー残量が少なくなるとアプリへ通知されるのでバッテリー切れの心配が少ない

GPS端末内の移動履歴は1週間保持、事前にエリア指定をすると通知の受け取りも可能

GPS端末自体には着信や振動機能がなく、学校などに持ち込みやすい

最大9人で見守りが可能なので、家族で端末の位置情報を共有できる

\あんしんウォッチャーのお得な特典を公式サイトで詳しく見る!/

参考記事

◆あんしんウォッチャーの気になる口コミや評判は『あんしんウォッチャー|評判や口コミからから見る注意点とは?』で詳しくご紹介しています。

このあんしんウォッチャーは、「全国子ども会連合会」「日本PTA全国協議会」の推奨商品となっていることもあり、おすすめのGPS端末ですよ。

日本全国で使用可能『ミマモルGPS』

いつでもどこでも居場所がわかるミマモルGPSは、子供の見守りだけでなく、高齢者の見守りやペットの見守り、愛車の見守り、さらにはパートナーの見守りまでも活用されているレンタル式のGPS端末になります。

超軽量で持ち運びに便利なだけでなく、専用ケースや磁石内臓タイプがあり車やバイクへの取り付け可能で、幅広く活用できるGPS端末となっています。

このミマモルGPSには「ミマモルGPS MiNi」「ミマモルGPS NEXT」「ミマモルGPS PRO」の3つの製品があり、それぞれのレンタルプランがありますよ。

こちらは「ミマモルGPS NEXT」の基本性能です。

商品名ミマモルGPS NEXT
参考費用7日レンタル~ 6,460~円
365日レンタル 36,800円
180日返却不要プラン 33800円
通知機能端末から位置情報送信可能
通信方式Docomo
測位方式日本の衛星システム「みちびき」とDocomoLTE
防水防塵IP55
電池持ち約85日
(金額は税込みで表示)
ミマモルGPSの特徴

レンタルなのでGPS端末を一度体験してみたい人に向いている

日本全国使えるので県外にいても検索できる

移動履歴データはNTTドコモのサーバーに保存されており、無料でダウンロードが可能(最大1000件まで保存可能)

エリア通知機能があり、指定したエリアの出入りを通知で受け取れる

スマホやパソコン側から端末のブザーを鳴らすことができるので、紛失時に見つかりやすい

\ミマモルGPSのレンタルプランを公式サイトで詳しく見る!/

参考記事

◆ミマモルGPSはどんな場面で使えるのか?実際に利用した感想を『ミマモルGPS|口コミや評判からおすすめポイントを解説!』で詳しくご紹介しています。

ミマモルGPSは返却不要プランもありますが、レンタルできるという点で他のGPS端末とは違い、低価格で使い勝手を体験することができるのが魅力ですね!

子供を見守るGPS『soranome(ソラノメ)』

soranome(ソラノメ)は、コンパクトサイズで子供のポケットに入れたりキーホルダーとしても使用できる軽量のGPS端末です。

親や保護者は、Pocket GPS専用アプリを利用し子供がどこにいるのかいつでも確認できますよ。

また、子供があらかじめ指定したエリアに入った時や出た時にもアプリに通知が来るように設定もできます。

商品名soranome(ソラノメ)
初期費用Pocket GPS端末本体代金
・14,520円(一括)
・605円×24回(割賦払い)
月額費用539円
通知機能端末からSOS発信可能
通信方式Docomo 4G/LTE
測位方式GPS(単独測位モード)、WiFi(SOS 発動時)
防水防塵IP55
電池持ち最大1週間
キャンペーン2023年9月1(金)~10月31日(火)
端末代金の5,500円値引きあり!一括なら9,020円とお得に!
(金額は税込みで表示)
soranome(ソラノメ)GPS端末の特徴

端末内には子供移動履歴が30日間保存されており、後から履歴を確認することも可能

1台のスマホで最大4人まで見守りができるので、子供だけでなく高齢者などその他の家族の見守りも同時に可能

GPS端末本体のバッテリー残量がスマホに通知されるので、バッテーリー切れを防ぐことができる

月額200円で「あんしん補償パック」に加入すると、端末本体の突発的な事故などの故障時に交換代金を一定金額免除してくれる
※端末購入時の同時加入が条件

このようにsoranome(ソラノメ)は、緊急通報もできるシンプルで使いやすいGPS端末となっていますよ。

このようにGPS端末についておすすめの商品をご紹介ししましたが、GPS端末はどこにつけるのが良いのでしょうか?どんな所に取り付けているのかご紹介しますね。

子供用GPSはどこにつけるのが良い?        

子供用GPS端末は基本的に軽量で持ち運びに便利なものが多いですが、一体どこにつけるといいのでしょうか?

粗雑に扱うと故障などの原因にもなるので、どこにつけると安全に利用できるのかご紹介しますね。

1.ランドセルに取り付ける

子供用GPSはどこにつけるのが良いのか場所を解説!

子供用GPSをランドセルのポケット部分に取り付ける方法があります。

これにより、GPS端末は子供にとっても邪魔にならず紛失や故障の防止に役立つため多くの家庭でこの方法が利用されていますよ。

2.埋め込む

一部の子供用GPSでは、GPS端末を子供の衣服やアクセサリーに埋め込むことができるものがあるようです。

埋め込むタイプはGPSが外部から見えないようになりますが、バッテリーの充電などがやや不便になる可能性がありますよ。

3.靴につける

一部のGPS端末では、靴に取り付けることも考えられます。

先ほどご紹介した『ミマモルGPS』では別売りでGPS端末をセットできる専用の靴も販売されており、認知症の高齢者の見守り対策として活用されています。

ただし、一般的に個人で靴にGPSをつけることは取れてしまうリスクがあるため専用の商品以外はあまりおすすめされていない場合もありますよ。

これらのGPS端末をどこにつけるのかは、子供の年齢や活動範囲、親の好みに応じて変わることがあります。

最も重要なのは、GPS端末が確実に機能し、子供の安全を確保するために適切に利用できることです!お子さんとも話合って付ける場所を検討してくださいね!

子供の防犯対策|GPSの必要性やおすすめアイテムを紹介!のまとめ  

この記事では、子供の外出時の安全を守るGPS端末について必要性やメリット・デメリット、またキッズケータイとGPS端末の違いについてやGPS端末の選び方とおすすめの商品などをご紹介しました。

子供にGPS端末を持たせることで、緊急の時などに位置情報を特定することができ、すぐに対応することができます。

GPS端末からも位置情報やSOSなどの緊急通知を送ることができますが、基本的にはコミュニケーションツールをあまり搭載していないので、連絡手段として利用したい場合はキッズケータイの方が便利ではありました。

そしてGPS端末を子供の防犯対策として利用する場合、選ぶポイントは以下の項目がありましたよ。

<子供用GPSを選ぶ時のポイント>
①位置情報の正確さ
②通信プラン
③バッテリー寿命
④通知機能
⑤耐久性
⑥追加機能
⑦使いやすさ

この記事では、おすすめのGPS端末として、soranome(ソラノメ)あんしんウォッチャー、ミマモルGPSなどをご紹介しましたが、これ以外の商品も多く販売されています。

それぞれの商品では利用料金や位置情報の精度などが異なってくるので、使用目的と合わせて検討してみてくださいね!

キッズケータイやスマホの利用はまだ早いという小さなお子さんの防犯対策には、GPS端末の活用もぜひ視野に入れてみてくださいね!