防犯|犬がいる家は安全というのは間違いなのか真相は?

防犯|犬がいる家は安全というのは間違いなの? 防犯対策の知識
記事内にプロモーションが含まれている場合があります。

空き巣や強盗などから家を守るためには犬を飼っていると防犯効果はあるのでしょうか?

カオリ
カオリ

家で犬が飼えない時に、センサーなどの犬の鳴き声や「犬がいます」「猛犬注意」などのシールでも防犯対策として役に立つのかしら?

この記事では、犬が防犯対策に効果あるのか?また番犬に向いている犬種や犬の鳴き声や防犯シール、また猫でも防犯対策になるのかをご紹介していますよ。

ペットとして飼われている犬や猫は防犯対策になるのか?気になる疑問について詳しく解説していきますね!

犬を飼うと防犯対策として効果はあるの?

空き巣や強盗などの被害から家を守るために防犯対策が必要ですが、犬を飼っていると番犬となり防犯対策として効果あるのでしょうか?

家の防犯対策として犬は防犯効果があるのかどうかについて調査してみました。

まず、犬を飼っていることは家の防犯対策において効果的な手段として考えられます。

しかし、飼っている犬種によっては防犯にはならない犬種もいたり、犯罪者が犬やペットに動じないこともあり「絶対に犬が防犯対策になる!」とは言えないということが結論です。

防犯に効果的な犬種もいますが、そうでない犬もいるので「犬を飼っていれば大丈夫」という過信はやめてくださいね!

ただ実際に、空き巣が嫌がる家には「犬を飼っている」という要素があることは分かっており、空き巣が下見をした時に犬がいると敬遠される傾向にありますよ。

犬がいると威嚇効果があったり、犬自身が警戒機能を持ち侵入者の存在を察知し追い払うことができます。

ただし、本当に防犯として機能してもらうには犬の種類や個体差、適切な訓練などが重要になります。

適切な訓練とは?
防犯対策となる犬は、基本的な服従訓練を受け、家族や訪問者に対して攻撃的な行動をとらないようにする必要がある。

また、犬の性格から番犬に向いている犬と、向いていない犬もいますよ。

番犬に向いている犬の種類は何?

家の防犯対策に犬は効果あるの?

ではどんな犬が番犬に向いているのでしょうか?

番犬に向いている犬の特徴としては、以下のような要素があります。

警戒心と勇敢さ:異常な状況や不審者に対して強い警戒心を持ち、勇敢に行動することが求められます。

忍耐力と持久力:長時間にわたって警戒態勢を保ち、疲れずに活動できる持久力が必要です。

高い知覚能力:優れた聴覚や嗅覚を持ち、異常な出来事や侵入者を早く察知する能力が重要です。

忠誠心と家族愛:家族や領域を守るために献身的で、家族との絆を築くことができる犬種が求められます。

一部の犬種は、これらの特徴を持ち合わせており、番犬としての役割に向いています。

代表的な番犬として知られる犬種には以下のようなものがありますよ。

<番犬として知られる犬種>

ロットワイラー:優れた警戒心と領域防衛の能力を持ち、勇敢で忠実な犬種です。

ドーベルマン:警戒心が高く、鋭い嗅覚と優れた知覚能力を持ち合わせています。

ボクサー:忍耐力と持久力に優れ、勇敢で家族愛にあふれる犬種です。

ジャーマン・シェパード:高い知覚能力と忠誠心を持ち、訓練性にも優れています。

これらの犬種は一般的に番犬として飼育されることが多く、家の防犯対策に効果を発揮するとされています。

ただし、個体差や適切な訓練も重要なので飼育前に十分な情報収集と検討を行うことが必要です。

防犯対策は犬以外でも十分できるので、番犬として犬を飼うことを目的にするより、家族として大切に育てる犬を飼うのが良いと思いますよ!

カオリ
カオリ

強い犬なら防犯効果があるとは限らないし、番犬に向いている犬を飼って訓練させるというのは難しそうね。

では、犬の鳴き声だけや「犬を飼っています」などの防犯用のシールでも防犯対策として効果はあるのでしょうか?

犬の鳴き声やシールでも防犯対策はできるの?

防犯シールは効果あるの?

家を守ってくれるような強い番犬を飼うことが難しい場合、センサーによって犬の鳴き声がでるロボットを使ったり、「犬飼ってます」「猛犬注意」や「防犯カメラ作動中」などシールを貼っていることで防犯に効果はあるのでしょうか?

このようなセンサーによる犬の鳴き声や防犯シールは、一定の防犯対策効果を持つことがありますが、やはり完全な代替手段ではありません

全然効果がないわけではありませんが、活用する時の注意点をご紹介しますね。

センサーなどの犬の鳴き声を利用する時の注意点

異常な出来事や侵入者を察知した際に犬の鳴き声をあげることは、近隣や家族に対して注意を喚起する効果があります。

鳴き声によって周囲の人々は注意を向ける可能性が高くなり、侵入者は威嚇され犯行をためらう可能性もありますよ。

ただし、センサーでの犬の鳴き声だけでは侵入者を完全に防ぐことはできず、追い払うためには他の対策が必要となります。

防犯シールを利用する時の注意点

「犬を飼っています」「猛犬注意」「防犯カメラ作動中」などのシールは、窓やドアに貼ることで、家が防犯対策されているという印象を与える役割があります。

これにより、潜在的な犯罪者は犯行を躊躇する可能性がありますよ。

しかし、ただのシールであるため実際に防犯対策がなされていない場合、侵入者はそれを見抜くことができてしまいます。

防犯シールは、他の対策と組み合わせて使用することで効果を高めることが重要ですよ。

犬の鳴き声や防犯シールは、家の防犯対策に一定の効果をもたらすことがありますが、これらだけに頼るのは適切ではありません。

犬の鳴き声やシールは、他の対策と組み合わせて使用することで防犯効果を高めることができるので、ホームセキュリティシステムや防犯カメラなどの技術的な対策と併せて、包括的な防犯対策を検討することが重要です。

また、番犬以外にペットとして猫を飼っている場合も多いと思いますが、猫は防犯対策に効果があるのでしょうか?

猫を飼うのは防犯対策になるの?

猫は防犯対策になるの?

犬は番犬として防犯にも効果を期待できますが、ペットとして飼われている猫は防犯になるのでしょうか?

一般的に言えば、猫を飼うことは直接的な防犯対策とは言い難いですよ。

犬に比べて猫は警戒心や番犬のような役割を果たす能力が限定的なんですよね。

しかし、猫が家にいることによる間接的な効果や利点はありますよ。

猫は鋭い感覚を持ち、不審な動きや異常な音に反応することがありますよ。

そのため、猫が不審者の存在を察知し、鳴き声や行動で警戒心を喚起することがあるかもしれません。

これによって、家族や近隣に注意を促す効果がありますよ。

また、猫が家にいるという存在感や猫の鳴き声が、潜在的な犯罪者にとって警戒心を引き起こす可能性があります

犯罪者は犬と同様に、猫がいる家を避ける傾向があるかもしれません。

このように、猫を飼うことは家の防犯対策とは直接的には結びつきませんが、間接的な防犯効果に影響があるとも言えますよ。

ただし、完全な防犯対策を期待する場合には、やはりホームセキュリティシステムなどの他の対策と組み合わせることが重要ですよ!

防犯|犬がいる家は安全というのは間違いなのか真相は?のまとめ

この記事では、犬が防犯対策に効果あるのか?また番犬に向いている犬種や犬の鳴き声や防犯シール、猫でも防犯対策になるのかについて調査してご紹介しました。

犬を飼うことは、家の防犯対策において効果的な手段として考えられますが、犬がいれば絶対に安全とは言えません

なぜなら番犬として働く犬と、番犬に向いていない犬もおり、防犯対策として犬を飼うなら訓練も必要となりました。

ただ、犬がいることで空き巣が嫌がる家の要素とはなっています。

また犬の鳴き声や防犯シールでもある程度の防犯効果はありますが、これらもその他の防犯対策を合わせて行うことが重要でした。

そして猫を飼っている場合は、直接的に番犬のような防犯効果は期待できませんが間接的な防犯になると思われますよ。

防犯対策は1つではなく、ホームセキュリティシステムや防犯カメラなど色々なものを組み合わせて実践することが大切ですよ!