防犯|土地選びで後悔しないための必須ポイントを徹底解説!

土地の防犯対策!空き巣に狙われにくい場所選びのポイントは? 防犯対策の知識
記事内にプロモーションが含まれている場合があります。

新しくマイホームを建てる時や引っ越しを検討している時、その土地の防犯についても気になりますよね?

ブンヤ
ブンヤ

一度住むとなかなか引っ越しはできないから、空き巣や強盗に狙われにくい土地の選び方のポイントを知っておきたいな・・・

この記事では、防犯を意識して土地を選ぶ時に避けた方が良い場所や注意点土地選びのチェックポイントや防犯に強いハウスメーカーについてご紹介しています。

防犯上、避けた方が良い土地とは?

新しく家を建てる、引っ越しをする時にその土地の防犯性は気になりますよね?

まず、防犯上避けた方が良い土地にはどんな条件があるかを見ておきましょう!

一般的にスーパーやコンビニ、駅や公園などが近い所が便利なので好んで住む人も多いと思います。

しかし、防犯の観点から見るとスーパーやコンビニ、公園などは長時間滞在していても不自然に思われないため逆に空き巣や泥棒などの犯人からは下見がしやすい場所となってしまいます。

またに近い場合は、犯行後に逃げやすいという特徴もあります。

もちろん、人通りの少ないような立地にある場所(特に夜)犯行が行われやすいため注意が必要ですよ。

さらに住宅が密集している場所でも意外と死角が多く、空き巣などが侵入した時に誰にも見られないということもありますよ。

ブンヤ
ブンヤ

こう見るとどこも防犯的には危ない場所ばっかりだね?

つまり絶対安全という土地はありません。特に土地選びで注意するポイントをご紹介しますね!

防犯上注意が必要な場所と注意点

防犯上、避けた方が良い土地とは?

ではもう少し具体的にどのような場所に注意が必要なのか注意点とともにご紹介しますね。

大音量の施設の近くの注意点

防犯の観点から工場やパチンコ店など、大音量を伴う施設の近くに住む際には注意が必要です。

なぜなら、窓ガラスが割られる音や助けを求める声などが大音量によってかき消され、被害者自身や近隣住民が異常に気付きにくくなる可能性があるからですよ。

近隣の騒音レベルや施設の営業時間、騒音対策などを考慮して、安全性や生活環境について慎重に判断することが重要です。

公園周辺の注意点

公園の近くに住む場合、防犯の観点からいくつかの注意点があります。

まず、公園の周辺無断駐車や下見行為が行われる可能性があるため警戒が必要ですよ。

また散歩を装った見張り行為なども起こり得るため、周囲の環境に注意が必要になります。

公園は日常的に多くの人が出入りする場所ですので、見知らぬ人が存在しても違和感を持ちにくい立地と言えます。

自身や家族の安全を守るために周辺の状況に敏感になり、不審な行動や状況に注意を払う必要がありますよ。

空き地や空き家、駐車場周辺の注意点

空き地や長期不在のお家、そして空き家の近くに住む場合、防犯上の注意が必要です。

なぜなら、これらの場所は普段人の出入りが少なく、犯罪者が潜んでいても気付きにくいため、犯罪の拠点として利用される可能性が高いからですよ。

また駐車場、特にコインパーキングなどの利用者の多い場所の近くに住むことも防犯上の注意が必要になります。

なぜなら人の出入りが多く不特定多数の人が利用する場所であるため、犯罪者がその中に紛れ込んでしまうリスクが高まるからです。

空き地や空き家、駐車場周辺に住む場合には、自己防衛意識を高め、不審な行動や状況に敏感になることが重要ですよ。

幹線道路に近い土地の注意点

幹線道路に近い土地は、犯罪に関していくつかの注意点があります。

まず、犯行後の逃走経路が確保されやすく、車や交通量の多さに紛れて犯人にとって逃げきれる可能性が高くなりますよ。

そのため、犯罪者の特定が難しくなる可能性があります。

また、線道路の周辺は車の走行音が騒々しく、その音によって周囲の人々が犯行に気付きにくい傾向があります。

これらの要因から考えると、家を建てる際には幹線道路に近い土地は防犯上の観点からは適していないとも言えるかもしれませんね。

旗竿地は防犯上どうなの?

また、土地の中には道路上に接する面積が細長く、奥に旗のようにまとまった敷地がある形状の「旗竿地(はたざおち)」という土地があります。

道路からは面している部分が少なく、侵入されると危ない・ターゲットにされやすいのでは?というイメージがあります。

しかし出入口などの防犯対策をしっかりと実施していれば空き巣などの犯罪者にとっては「侵入しづらく逃げづらい」という防犯上安全な土地でもあります。

ブンヤ
ブンヤ

ただ防犯の面だけでなく、旗竿地は嫌がらせが多いからやめた方がいいという噂も聞くんだよね。

旗竿地は、防犯上以外の問題として隣人トラブルに巻き込まれやすいというデメリットも見受けられます。

その他に土地の価格が安いというメリットもありますが、日当たりや風通しが悪い傾向があったり、建築費用が高くなる可能性があるなどのデメリットもあります。

旗竿地の土地を購入する場合は、防犯だけでなくあらゆる面から検討する必要があると思いますよ。

では、防犯を考えて土地を選ぶ場合、どのような点に気をつけて選ぶといいのでしょうか?

防犯を意識した土地選びでチェックするポイントは?

夜の街頭の写真

防犯上、注意が必要な場所についてご紹介しましたが、理想的な場所を探すことはなかなか難しいですよね?

ここでは、マイホームや引っ越し先の土地を探す時に、防犯を意識してチェックするポイントについてご紹介しますね。

防犯を意識した土地選びのポイント>

①犯罪率の情報

②人通りと照明

③監視カメラとセキュリティ設備

④近隣の活気とコミュニティ

⑤自然環境と視認性

これらの土地選びでチェックするポイントについてそれぞれ解説していきますね。

①犯罪率の情報

まず地域の犯罪率や安全性の情報を調査しましょう。

警察の統計データや地元の報道などを参考にすることで、犯罪の傾向や頻度を把握することができますよ。

②人通りと照明

人通りの多い場所は犯罪の抑止力となります。

周辺に商業施設や公共施設があり、昼夜を問わず人が行き交う地域を選ぶことが良いでしょう。

また照明の明るさも重要で、夜間でも明るい照明があることで、犯罪者は目立ちやすくなりますよ。

③監視カメラとセキュリティ設備

周辺に監視カメラやセキュリティ設備が整備されているか確認しましょう。

これらの設備は犯罪予防に役立ち、不正行為の抑止や証拠の収集に貢献しますよ。

④近隣の活気とコミュニティ

近隣住民とのコミュニケーションや地域の防犯活動の有無を確認しましょう。

活気のある地域や地域住民が協力して防犯活動を行っている場所は、犯罪のリスクが低い傾向がありますよ。

⑤自然環境と視認性

周辺の自然環境や土地の配置に注目しましょう。

植生や地形が犯罪者の隠れ家となる可能性があるため、視認性が良く開放的な場所を選ぶことが望ましいです。

これらのポイントを考慮しながら土地選びを行うことで、より防犯意識の高い環境を選ぶことができます。

土地選びの時は、実際に時間を変えて何回かその場に足を運んで見ることをおすすめしますよ!

このように土地選びについても見ていきましたが、実際にマイホームを建てる時は土地だけではなく防犯に強いハウスメーカーを選びたいところですよね?

では次に、防犯に強いハウスメーカーはどこなのか探し方についてご紹介しますね。

防犯に強いハウスメーカーはどこ?

防犯に強いハウスメーカーはどこ?

防犯を意識して土地や環境を選ぶことも重要ですが、そもそもマイホームを建てる場合は防犯に強いハウスメーカーを選びたいですよね。

防犯に強いハウスメーカーは複数ありますが、例として一部の代表的なハウスメーカーについてご紹介しますね。

住友林業

住友林業は防犯対策に力を入れた住宅を提供しています。

セキュリティシステムや耐火構造の採用など、防犯性能に優れた設計や工法を取り入れていますよ。

パナソニック ホームズ

パナソニック ホームズは、セキュリティや省エネなどの面で高い技術力を持つハウスメーカーです。

防犯カメラやセンサー、スマートホームシステムなど、最新のテクノロジーを活用した防犯対策を提供していますよ。

三井ホーム

三井ホームは高品質な住宅を提供するだけでなく、防犯面でも優れた取り組みを行っています。

監視カメラやセキュリティシステムの導入、セキュリティ強化ガラスの採用など、防犯性能を高めるための機能を備えた住宅を提供していますよ。

トヨタホーム

トヨタホームは品質と安全性にこだわり、防犯対策も重視した住宅を提供しています。

セキュリティシステムや監視カメラ、オートロックなどの設備を採用し、住宅の防犯性能を高めていますよ。

ブンヤ
ブンヤ

この他にもハウスメーカーがいろいろあって、どうやって選んでいいかわからないね・・・

そんな時は、自分達の理想に合ったハウスメーカーを紹介してくれる相談窓口などを利用するといいですよ!

自分達でハウスメーカーのそれぞれの情報を集めて比較・検討することは大変な作業になるので、プロに相談するのも1つの手段です。

防犯対策だけでなく、価格の面や理想の住まい作りの手助けになるかと思いまよ。

ハウスメーカーの相談をするなら?

「持ち家計画」は、こだわりの条件から自分たちの理想の住宅を作ってくれるハウスメーカーを紹介してくれます。

まずは、無料でまとめて申し込みをご利用くださいね。

防犯|土地選びで後悔しないための必須ポイントを徹底解説!のまとめ

この記事では、防犯を意識して土地を選ぶ時に避けた方が良い場所や注意点、土地選びのチェックポイントや防犯に強いハウスメーカーについてご紹介しました。

絶対安全という土地はありませんが、工場やパチンコ店など大音量の施設の近くや、公園周辺、空き地や空き家、駐車場の周辺、幹線道路に近い土地などは注意が必要でした。

また実際に土地を見る場合、①犯罪率の情報、②人通りと照明、③監視カメラとセキュリティ設備、④近隣の活気とコミュニティ、⑤自然環境と視認性などを確認していただくと良いと思いますよ。

そして土地の防犯だけでなく、防犯に強いハウスメーカーの選び方として専門の業者に相談に乗ってもらうことも1つだと思います。

防犯上、注意点はいろいろありますがご紹介したポイントなど参考に安心して住める場所を探してみてくださいね!