マンションの防犯|1階でも安心して暮らせるポイントとは?

マンションの防犯|1階でも安心して暮らせるポイントとは?住まいの防犯対策
記事内にプロモーションが含まれている場合があります。

マンションやアパートの1階は防犯上リスクが高いのでしょうか?

カオリ
カオリ

女性は特に賃貸の1階に住むのはやめた方が良いと言われることも多いけど、そんなに危ないのかしら?

そんなマンションやアパートの1階というのは空き巣の被害に遭う確率が高いのか?1階におけるリスクにはどんなものがあるのか、またマンションやアパートの1階の具体的な防犯対策や賃貸でも使える防犯グッズについてご紹介します。

マンションやアパートの1階でも安心して暮らすために防犯対策や防犯グッズを参考にしてくださいね。

マンションやアパートの1階は危険?防犯対策が必須な理由は何?

マンションやアパートの1階のリスクとは?

マンションやアパートの1階に住むことは利便性がありますが、防犯対策を怠ると犯罪被害のリスクが高まります。

カオリ
カオリ

特に女性の一人暮らしの場合、“賃貸の1階はやめとけ”って言われたことがあるけどそんなに危険なのかしら?

「マンションやアパートの1階だと空き巣被害にあう確率が高い」という具体的な数値はありませんが、高層階のマンションに比べて犯罪に巻き込まれる危険性が高いとは言われています。

そんなマンションやアパートなどの1階にはどんなリスクがあるのかをご紹介しますね。

<マンションやアパートの1階に潜むリスクは?>

1.侵入手口の容易さ

2.逃走の容易さ

3.プライバシーの欠如

それでは1階に潜むそれぞれのリスクについて解説していきますね。

1.侵入手口の容易さ

マンションやアパートの1階に住む場合、高階層に比べて窓やベランダから簡単に侵入される可能性が高まります

警察庁のデータによれば、低層階の住宅において窓からの侵入が多いこともわかっていますよ。

2.逃走の容易さ

またマンションやアパートの1階に住むと、外部からの侵入がしやすい上に、侵入者が逃走しやすい環境にもあたります。

逃走のしやすさにより、空き巣などのターゲットにされやすくなりますよ。

3.プライバシーの欠如

マンションやアパートの1階に住む場合、建物周囲から部屋の状態が丸見えになる可能性があり、留守中であることが判明しやすいです。

これにより、空き巣犯の注意を引きやすくなってしまいますよ。

このようにマンションやアパートの1階に住む場合、空き巣などの侵入リスクが高まってしまいますが、適切な防犯対策を講じることで、1階でも安全に暮らすことができますよ!

では次に、マンションやアパートの1階に住む場合に必要な防犯対策についてご紹介しますね。

マンションやアパートの1階に必要の防犯対策は?

マンションやアパートの1階に必要な防犯対策を解説!

マンションやアパートの1階は、高階層よりも玄関以外の窓やベランダなどから侵入されるリスクが高まるため防犯対策は重要な課題でもあります。

ここではマンションやアパートの1階に住む場合に必要な防犯対策についてご紹介しますね。

<マンションやアパートの1階の防犯対策は?>

①鍵の施錠・確認・強化

②オートロックシステムの導入

③窓やベランダのセキュリティ強化

④防犯カメラの設置

⑤ホームセキュリティの導入

それではそれぞれの防犯対策について解説していきますね。

①鍵の施錠・確認・強化

まずマンションやアパートの1階に住む場合、玄関や窓・ベランダなどの施錠をしっかりと行うという意識が必要です。

「鍵をかけるなんて当たり前」と思うかもしれませんが、無施錠ゆえに空き巣に侵入されるケースが大多数なんですよ!

1階に住む場合は、不注意による無施錠を失くすために常に玄関以外の窓やベランダの鍵の施錠や確認の意識を持つことが大事ですよ。

購入物件であればさらに鍵をセキュリティの高いものに変更したり後付けすることもできますが、賃貸では鍵の変更や後付けには管理会社や大家さんと相談する必要があるのでご注意くださいね。

②オートロックシステムの導入

マンションやアパートの入り口にオートロックシステムがあることで、不審者の侵入を防ぐことができますよ。

特に賃貸であればオートロックシステムが設置してあるマンションやアパートを選ぶことで1階の住まいでもセキュリティを強化することができますよ。

また液晶モニター付きのインターホンが設置してあれば、女性の一人暮らしではさらに安心できるポイントになります。

③窓やベランダのセキュリティ強化

玄関以外の侵入口である窓やベランダに対し、防犯対策を施すことも重要です。

窓にできる防犯対策としては、窓ガラスの防犯フィルムを貼ることでガラスの割れや飛散を抑制し、窓ガラスを破って侵入されることを困難にしてくれますよ。

ベランダの防犯対策には、目隠しなどをすることで部屋の中や洗濯ものなどが見られにくくなります。

また、ベランダに忍び返し侵入防止柵を設置することで侵入しにくいベランダにすることもできますよ。

④防犯カメラの設置

玄関や窓・ベランダなどの侵入リスクのあるエリアに防犯カメラを設置することで、不審者の監視や侵入の抑止に役立ちます。

賃貸であれば、防犯カメラが設置されているようなセキュリティ対策がしっかりとされたマンションやアパートを選ぶことで1階でも安心して暮らせます。

個人で防犯カメラを設置する場合、隣人などのプライバシー侵害にならないように注意してくださいね!防犯カメラを設置する場合は、プロに相談するのも1つですよ

防犯カメラの設置についてはプロに相談してから!

防犯カメラ設置110番

無料通話で相談からお気軽に利用できるますよ。

⑤ホームセキュリティの導入

マンションやアパートの1階に住む場合、ホームセキュリティを導入することでも安心して暮らせるポイントになりますよ。

ホームセキュリティサービスでは、24時間365日の見守り体制にていつでも困った時に対応してくれます。

賃貸のマンションやアパートでも利用が可能で、外出時の留守でも家を守ってくれますよ。

ALSOKのホームセキュリティでは、『施錠確認センサー』により鍵の閉め忘れを防ぐことができますよ。

ホームセキュリティってどんなサービスがあるの?という場合は、まずは簡単資料請求をご利用してみてくださいね。

ALSOKの簡単資料請求はコチラから

綜合警備保障 ホームセキュリティ 【資料請求】

無料で資料請求ができるので気軽にお試しくださいね。

これらの防犯対策を講じることで、マンションやアパートの1階においても安全・安心して暮らすことができます。

特に窓やベランダからの侵入を防ぐ対策は重要であり、警察庁のデータでも窓からの侵入が多いと示されているので、防犯対策を怠らず安心して住まいを楽しんでくださいね!

カオリ
カオリ

賃貸のマンションやアパートだと工事が必要なものは難しいから、賃貸でもすぐに活用できる防犯グッズは何かあるのかしら?

それでは次に、賃貸のマンションやアパートの1階で活用できる防犯グッズについてご紹介しますね。

賃貸マンションやアパートの1階でも使える防犯グッズは?

さきほどご紹介したマンションやアパートの1階の防犯対策では、鍵の強化やオートロックシステムや防犯カメラなど賃貸では後から設置するのが難しい場合がありました。

では、ここでは賃貸のマンションやアパートの1階でも活用できる防犯グッズについてご紹介しますね。

玄関周りに使える防犯グッズ

まず賃貸マンションやアパートの1階の玄関周りに使える防犯グッズとして、以下の2つのアイテムについて詳しく解説しますね。

①サムターンカバー

サムターンとは、玄関ドアの内側にある鍵のツマミを指しますよ。

そして空き巣犯罪の一つである「サムターン回し」という手口では、侵入者がドアポストから専用の器具を入れたり、ドアに穴をあけるなどして腕を差し入れてサムターンを回してドアを開けることで不正侵入を試みます。

サムターンカバーは、サムターンに取り付ける防犯グッズでありサムターン回しを防止するための対策ですよ。

\サムターンカバーはこんな防犯グッズです/

②ドアスコープカバー

ドアスコープは玄関ドアに取り付けられる覗き穴で、外部からドアの内部を見ることができるものです。

しかし専用の器具を使うと、反対に外部から内部の状態が丸見えしてしまうというデメリットも持っていますよ。

そこでドアスコープカバーでドアスコープを覆うことで、外部からの盗撮や覗き見を防止することができます。

使い方としては、ドアスコープの覗き穴にカバーを取り付けることで、外部からの視線を遮断し、プライバシーを守ることができます。

特に一人暮らしの女性などが、不審者の覗き見から身を守るのに役立つ防犯グッズの1つですよ。

\ドアスコープカバーはこんな防犯グッズです/

窓・ベランダ周りに使える防犯グッズ

賃貸マンションやアパートの1階の窓やベランダ周りに使える防犯グッズについて詳しく解説しますね。

①窓の補助錠

窓の補助錠は、窓サッシに取り付ける防犯グッズで、備え付けの窓鍵と併用することで防犯力を高めることができます。

また、窓を少し開けた状態でロックできる補助錠もあり、換気や暑い日などの際に窓を開けておく時にも便利です。

窓の補助錠は、侵入しやすい1階の大きな窓の防犯対策に手軽に活用できますよ。

\窓の補助錠はこんな防犯グッズです/

②窓用の防犯ブザー

窓用の防犯ブザーは、窓に取り付けることで不正侵入を検知した際に大きな音を鳴らして周囲に注意を喚起する防犯グッズです。

防犯ブザーの設置は簡単で賃貸でも使えるものもあり、窓の開閉や窓ガラスの振動を感知してアラームを発動します。

侵入者を威嚇する効果があり、防犯意識を高めるだけでなく、近隣住民に異常を知らせることで犯罪の発生を未然に防ぐことにも役立ちますよ。

\窓用の防犯ブザーはこんな防犯グッズです/

③窓ガラスの防犯フィルム

窓ガラスの防犯フィルムは、窓ガラスに貼ることでガラスの破壊や割り込みを防止するための防犯グッズです。

このフィルムはガラスを補強し、割れても破片が飛散しないようにする効果があるので侵入者が窓ガラスを割ることを難しくし、不正侵入を防止するのに有効ですよ。

また、フィルムには日焼け防止や断熱効果もあり、住宅環境の向上にも貢献します。

強力な粘着シートが特徴でもあるので、使用する前に賃貸でも使える(剥がせる)のか?管理会社などにも確認しておくことが必要かと思います。

\防犯フィルムはこんな防犯グッズです/

④窓用センサーライト

窓用センサーライトは、窓周辺に設置すると人の接近を検知して自動的に点灯する防犯グッズです。

センサーライトが突然点灯することで、不審者を驚かせ、侵入を防ぐ効果がありますよ。

特に工事不要のセンサーライトであれば設置が簡単で、賃貸のマンションやアパートでも利用できる便利なアイテムです。

これらの防犯グッズを適切に取り付けることで、マンションやアパートの1階の不正侵入や犯罪を未然に防止し、居住環境を安全に保つことができます。

防犯対策は状況に応じて複数のアイテムを組み合わせることで、より効果的になりますので、併用を検討すると良いでしょう。

マンションの防犯|1階でも安心して暮らせるポイントとは?のまとめ

この記事では、マンションやアパートの1階におけるリスクにはどんなものがあるのか、またマンションやアパートの1階の具体的な防犯対策や賃貸でも使える防犯グッズについて詳しくご紹介しました。

マンションやアパートの1階では、侵入手口の容易さ逃走の容易さ、さらにプライバシーの欠如というリスクが挙げられましたよ。

そこで、マンションやアパートの1階の防犯対策として以下の対策をご紹介しました。

①鍵の施錠・確認・強化

②オートロックシステムの導入

③窓やベランダのセキュリティ強化

④防犯カメラの設置

⑤ホームセキュリティの導入

また、賃貸のマンションやアパートでも利用できる防犯グッズとして、以下のアイテムをご紹介しました。

玄関周りに使える防犯グッズ

①サムターンカバー

②ドアスコープカバー

窓・ベランダ周りに使える防犯グッズ

①窓の補助錠

②窓用の防犯ブザー

③窓ガラスの防犯フィルム

④窓用センサーライト

このような防犯対策や防犯グッズは、状況に応じて組み合わせて使うことでさらに防犯効果が高まるので、参考にしてみてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました