女性の防犯|一人暮らし必見の安心に暮らすポイントとは?

女性の防犯|一人暮らし必見の安心に暮らすポイントとは? 防犯対策の知識
記事内にプロモーションが含まれている場合があります。

女性が一人暮らしをする場合、どのような防犯対策を実施すると安全に過ごせるのでしょうか?

カオリ
カオリ

何があるか分からない世の中だから、具体的に何に注意すると良いのか、どんな防犯対策があるのか知りたいわね。

この記事では、一人暮らしの女性が注意するべき狙われる行動や家選びのポイント具体的な防犯対策、女性の一人暮らしに役立つ防犯グッズについてご紹介していきます!

一人暮らしの女性は注意!狙われる行動とは?

一人暮らしの女性の画像

最近では空き巣や強盗犯罪など身の危険を感じる事件が多いですよね?

一人暮らしをする女性が気をつける犯罪として、下着泥棒強制わいせつ、ストーキング、盗聴・盗撮などと、また全般的に注意が必要な空き巣強盗などがありますよ。

特に女性が一人暮らしをする時に犯罪者に狙われやすい行動というものもあるので、まずは一人暮らしの女性が注意すべき行動についてご紹介しますね。

<一人暮らしの女性の狙われやすい行動とは?>

1.宅配業者や訪問者に対して警戒が甘い

2.窓やドアのセキュリティが甘い

3.外出時の防犯意識が低い

4.ソーシャルメディアの情報公開に対する認識が甘い

では、それぞれの行動についてどのように危険なのか注意点を含めて解説していきますね。

1.宅配業者や訪問者に対して警戒が甘い

一人暮らしの女性にとって、宅配業者や訪問者に対して警戒が甘い行動は注意が必要ですよ。

女性が一人暮らしをしている場合ドアを開ける時には、宅配便や訪問者の身元を確認する必要があります

一部の事件では、宅配業者を装った犯罪者が侵入し、被害を引き起こすケースが報告されているので相手を確認せずにドアを開けてしまうと思わぬ犯罪に巻き込まれる危険性がありますよ。

例:宅配便を装った犯罪
運輸会社の宅配ドライバーを装った犯罪者が、実際に荷物を届けるフリをして部屋の中をチェックし、侵入や犯罪行為を行った事件が報告されています。

2.窓やドアのセキュリティが甘い

また、女性の一人暮らしで窓やドアなどがしっかりと施錠されていない状態は空き巣や強盗などに狙われやすい行動になります。

そのため女性の一人暮らしでは、特に窓やドアのロックをしっかりと確認し、不審者の侵入を防ぐ必要がありますよ。

不正な手段で窓やドアを開けられることで侵入が行われるケースもありますが、そもそも鍵をしていない状態は危険なので、帰宅後、入浴前、就寝前は注意をしましょう!

例:住居侵入事件
窓やドアのセキュリティが不十分な場合、侵入者による住居侵入や強盗事件が発生することがあります。

3.外出時の防犯意識が低い

また女性が一人暮らしをしている場合の外出先で防犯意識が低い行動も注意が必要です。

女性の場合は、外出時でも周囲の環境に敏感になり、怪しい人物や行動に注意を払う必要があります。

特に夜間や人通りの少ない場所では、安全な経路を選ぶことが重要であり、家まで後を付けられるような場面を作らないようにしましょう!

4.ソーシャルメディアの情報公開に対する認識が甘い

女性が個人情報や一人暮らしの状況をソーシャルメディアで公開することは、犯罪の標的になる可能性を高めます。

不特定多数の人が情報にアクセスできるため、プライバシーの配信には特に気を付けるべきですよ。

特に女性の一人暮らしだと分かるような投稿、場所などはいつ・誰が見ているかわかりません!投稿前にチェックしてくださいね!

このように女性の一人暮らしでは狙われやすい行動や実際の事件などがあるので、防犯を意識して狙われないように行動にも気をつけてくださいね!

カオリ
カオリ

行動については分かったけど、住むならやっぱり2階以上の部屋がいいのかしら?

では次に、女性の一人暮らしでも安全に生活できるように家(部屋)を選ぶ時のポイントについてご紹介しますね。

女性の一人暮らしは危ないの?家(部屋)選びのポイントは?

一人暮らしの女性の部屋の画像

女性の一人暮らしでは、宅配業者などの訪問者に対する警戒や窓やドアのセキュリティ、外出時の防犯意識、SNSなどの情報公開に対しても注意が必要でした。

では、どんなアパートやマンションに住むのが安全なのでしょうか?

女性の一人暮らしの家選びのポイントについていくつかご紹介します。

<女性の一人暮らしの家選びのポイントは?>

①防犯面の重要性

②周辺環境と立地の確認をする

③女性に適した部屋の特徴を見る

では、これらの家選びのポイントについて詳しく解説していきますね。

①防犯面の重要性

女性が一人暮らしをする際には、防犯面に重点を置く必要があります。

以下に、防犯面で気を付けてチェックすべきポイントをご紹介しますね。

防犯面でチェックするポイント

・2階以上の部屋:2階以上であれば1階よりも空き巣や不審者の侵入リスクが低くなります。

室内に洗濯機置場がある:外部での洗濯作業を避け、プライバシーを守るために室内に洗濯機置場があることが望ましいです。

テレビモニター付インターホンがある:訪問者を確認するため、またセキュリティ強化のためのインターホンがあると安心ですよ。

オートロック付き:不正な侵入を防止するために、マンションやアパートなどの入口にオートロックがあると安全です。

防犯カメラ付き:共用エリアに防犯カメラが設置されていると、不審者の監視や犯罪の抑止効果があります。

防犯性の高い鍵が使用されている:鍵のセキュリティ性能が高いことで、不法侵入のリスクを軽減できます。

ホームセキュリティ付き:センサーや警報装置などのセキュリティシステムが整っているとなおさら安心です。

女性限定の物件:女性限定の物件ではセキュリティ面が充実している場合が多く、女性以外の侵入が制限されているので安心感もあります。

すべて当てはまる家は少ないですが、基本的なポイントはしっかりと押さえておくと良いと思います!

②周辺環境と立地の確認をする

また女性の一人暮らしの物件選びにおいては、周辺環境や立地も重要なポイントです。

以下は、立地選びで気を付けるべきポイントをご紹介しますね。

治安の良いエリアを選ぶ

エリアの治安情報を調べ、過去の犯罪発生情報などを確認しましょう。

警察庁や自治体が提供する犯罪情報マップを参考にすると良いでしょう。

物件の周辺環境を確認する

物件周辺の明るさや人通りの多さなど、安全性を評価する要素を確認しましょう!

人目の届く場所に物件が位置しているかどうかも重要です。

治安情報は女性に限らず、引っ越しなどをする時にはチェックしておいて欲しい項目ですね!

③女性に適した部屋の特徴を見る

一人暮らしの女性に適した部屋の特徴も考慮すると良いですよ。

室内が玄関から丸見えにならないか

玄関を開けて室内が全部丸見えになってしまうような間取りは、訪問者にすべて見えてしまうため避けた方が良いですよ。

郵便受けからも部屋が見えないか確認しておいてくださいね!

洗濯物を干す場所を確認する

ベランダに洗濯物を干す場合女性の下着や女性ものの服ばかりだと女性の一人暮らしだと明らかです。

外部から洗濯物が見えない仕様になっているか、また室内で洗濯物が干せるのかなど確認しておくと良いですよ。

セキュリティの充実

防犯カメラなど建物のセキュリティ設備や管理人がいるなど管理体制がしっかりしている物件を選びましょう!

女性の一人暮らしでは信頼できる不動産業者や賃貸サイトの情報を活用し、セキュリティ面を重視した物件を選ぶことが重要です。

女性の一人暮らしの家(部屋)を探す時は、これらのポイントを考慮しながら探してみてくださいね。

では、女性が気をつけるべき行動や家選びのポイントを含め、実際に女性が一人で生活をする場面で犯罪者に狙われないための防犯対策について解説していきますね!

一人暮らしの女性が狙われないための防犯対策は?

インターホンの画像

ここまでは女性の一人暮らしで気をつける行動や家選びについてご紹介しましたが、これまでの内容を含め、実際にどんな防犯対策を実施するといいのか詳しく解説していきますね。

一人暮らしの女性が狙われないための防犯対策について、これまでの内容を含めた防犯対策のポイントは以下の通りです。

防犯カメラやインターホンを設置する

玄関やベランダなどに防犯カメラを設置し、訪問者の監視や映像記録を行うことでセキュリティを強化できます。

また、インターホンを設置してドアを開ける前に訪問者を確認することも重要です。

オートロックや防犯用の鍵を活用する

アパートやマンションなどの入口にオートロックがあると不正侵入のリスクを軽減できます。

また、防犯性の高い鍵を使用することも推奨されますよ。

ホームセキュリティを導入する

一人暮らしの女性や賃貸マンション・アパート向けにもホームセキュリティサービスが導入できます。

自分の必要なプランを各自カスタマイズすることで費用も抑えることができ、プロに任せることで安心感も得られます。

ALSOK(アルソック)ホームセキュリティでは、一人暮らしでも使えるプランも取り揃えられています!

綜合警備保障 ホームセキュリティ 【資料請求】

まずは無料の資料請求でどんなサービスがあるのかご覧ください!

\アルソックの公式サイトはコチラ/

外出時の防犯意識を高める

外出時には周囲の人目を意識し、一人での行動や夜道の危険を避けるようにしましょう。

人通りの少ない場所や危険なエリアはできるだけ避けるように心がけてみてくださいね。

これらの防犯対策を実施することで、一人暮らしの女性の防犯対策が強化されますよ。

カオリ
カオリ

一人暮らしの防犯対策に役立つに防犯グッズにはどんなものがあるのかしら?

では次に、女性の一人暮らしで活用できる防犯グッズについてもご紹介しますね。

一人暮らしの女性用の防犯グッズは何がある?

女性の一人暮らしではセキュリティを強化することが大切ですが、自分で用意できるような防犯グッズなどもあるのでしょうか?

ここでは女性の一人暮らしで活用できる防犯グッズについていくつかご紹介しますね。

一人暮らしの女性用の防犯グッズ:サムターンカバー

ドアの内側に取り付けることで、不正侵入やサムターンキーを使った開錠を困難にします

100均でも売っているという情報がありましたが、剝がれやすいというデメリットも見られました。

一人暮らしの女性用の防犯グッズ:ドアスコープカバー

玄関のドアスコープに取り付けることで、外からの覗き見を防止します。

ドアスコープカバーはホームセンターや通販で購入することができますが、100均のお店では「ドアスコープカバー」としてはあまり売っていないようで他のもので代用していることが多いようですね。

一人暮らしの女性用の防犯グッズ:ガラス破り防止フィルム

ガラス破り防止フィルムは、窓ガラスに貼る透明なフィルムで、ガラス破りなどからの侵入を困難にします。

ガラス破り防止フィルムも100均で売っていますが、やはり100均のものはサイズが小さくて部分的になってしまうという点やフィルムが薄くてあまり防犯効果がないという意見もありました。

一人暮らしの女性用の防犯グッズ:窓ロック

窓の開閉を制限するロックを取り付けることで、窓からの不正侵入を防ぎます

この窓ロックとして使える補助錠は100均でも手に入るアイテムになりますよ。

一人暮らしの女性用の防犯グッズ:窓用防犯ブザー

窓ガラスに取り付けることで、ガラスが割られた際に大きな音を鳴らし、周囲に注意を喚起します

窓用防犯ブザーも100均でも手に入りますが、100均の商品は電池切れや耐久性の問題などがあるようですね。

一人暮らしの女性用の防犯グッズ:護身用の防犯ブザー

防犯ブザーは家に置いておくというよりも手に持ち、危険を感じた場合に大きな音を鳴らし、周囲の注意を引くために使用するという印象があるかと思います。

しかし、家でも自分が声の出せない状況などで活用できるので持っておくと安心ですよ。

防犯ブザーも100均で売っているので万が一に備えてのアイテムとしてお手軽で良いかと思います。

これらの防犯グッズは一人暮らしの女性のセキュリティを向上させるための有用なアイテムになりますよ。

また、100円均一ショップなどでも手軽に入手できるものもありますが安い分デメリットもありました

女性が安全に一人暮らしを行うには、これらの防犯グッズの使用だけでなく、記事内でご紹介した周囲の環境や行動の注意も合わせて行うことが重要なので参考にしてみてくださいね!

参考記事

◆女性の防犯対策におすすめのグッズと選び方も含めて『女性の防犯|おすすめグッズ12選と失敗しない選び方を解説!』で詳しくご紹介しています。

女性の防犯|一人暮らし必見の安心に暮らすポイントとは?のまとめ

この記事では、一人暮らしの女性が注意するべき狙われる行動や家選びのポイントと具体的な防犯対策、女性の一人暮らしに役立つ防犯グッズについてご紹介しました。

一人暮らしの女性の狙われやすい行動には、宅配業者や訪問者に対して警戒が甘い、窓やドアのセキュリティが甘い、外出時の防犯意識が低い、ソーシャルメディアの情報公開に対する認識が甘いなどがありました。

そして、女性の一人暮らしの家選びのポイントには、①防犯面の重要性、②周辺環境と立地の確認をする、③女性に適した部屋の特徴を見ることなどが挙げれましたよ。

具体的な防犯対策としては、防犯カメラやインターホンの設置、オートロックや防犯用の鍵の設置などのセキュリティを強化することや外出時の防犯意識を高めることも重要です。

記事内でご紹介した一人暮らしの女性用の防犯グッズには100均ショップでも手に入るものもあるのでデメリットも考慮しながら防犯対策と合わせて活用してみてくださいね!

防犯意識を高めて、安心・安全な一人暮らしを楽しんでくださいね!