防犯カメラ|穴を開けないで壁へのダメージを抑える方法は?

防犯カメラ|穴を開けない・壁を傷つけない方法を徹底解説! 防犯グッズ
記事内にプロモーションが含まれている場合があります。

防犯カメラを室内や屋外に設置しようとする時、賃貸物件などで壁に穴を開けたくない場合はどのように設置するといいのでしょうか?

ブンヤ
ブンヤ

壁に穴を開けずに設置できる防犯カメラや、それを自分で取り付ける方法はあるのかな?

この記事では、防犯カメラを壁に穴を開けずに設置する方法どんな防犯カメラがあるのか、また壁に穴を開けずに設置することでのメリット・デメリットなども解説しています。

防犯カメラを自分で設置する場合、どうすれば壁に穴を開けずに取り付けられるのか?参考にしてみてくださいね。

壁に穴を開けたくない場合、防犯カメラの設置はどうするの?

防犯対策として防犯カメラを室内や屋外に設置しようと考えた時、壁に穴を開けると不都合な場合があります。

ブンヤ
ブンヤ

賃貸物件だから室内や屋外の壁に穴を開けたくないんだよね。

防犯カメラは一般的に壁に穴を開ける工事を伴うことが多いのですが、なぜ壁に穴を開ける必要があるのでしょうか?

防犯カメラの設置で壁に穴を開ける理由と壁に穴を開けずに設置できる防犯カメラについてご紹介していきますね。

なぜ壁に穴を開ける必要があるのか?

まずは防犯カメラの設置の際に、壁に穴を開ける理由について詳しく解説していきますね。

1.配線のため

防犯カメラは通常、データ伝送のためのケーブルが必要です。これらのケーブルをカメラから監視機器(録画装置やモニター)に接続するために、壁に穴を開けてケーブルを配線しますよ。

この配線を通じて、防犯カメラからの映像やデータが適切に転送されます。

2.電源供給のため

防犯カメラの起動には電力が必要です。防犯カメラの電源供給のために電源ケーブルを接続し、カメラが適切に動作し続けるようにしますよ。

3.高い位置に設置するため

防犯カメラは広い範囲をカバーするために通常高い位置に設置されます。

壁や天井などの高所に設置することで、広範囲の監視が可能となり監視対象を見逃さずに記録できますが、防犯カメラの固定にビス止めなどが必要となりますよ。

4.保護と隠蔽

防犯カメラにつないでいるケーブルを壁内に配置することで、配線を保護し見た目を美しく保つことができます。

また、壁内にケーブルを隠すことで、悪意ある侵入者からの干渉や破壊を防ぐことにも役立ちますよ。

このように壁に穴を開けることは防犯カメラの設置において不可欠であり、正確な配置、効果的な監視、およびセキュリティの向上に貢献しますよ。

壁に穴を開けないで設置できる防犯カメラはあるの?

壁に穴を開けたくない場合、防犯カメラの設置はどうするの?

防犯カメラには配線や電源などが必要なため、基本的には壁に穴を開ける工事などを必要としますが、賃貸物件など壁に穴を開けたくない場合でも使える防犯カメラもあります。

ここでは、壁に穴を開けずに設置できる防犯カメラについてご紹介しますね。

1.ワイヤレス防犯カメラ

ワイヤレス(Wi-Fi)防犯カメラは、電源とデータ通信をケーブルで行わずに、無線で接続できるタイプです。無線を利用するため、壁に穴を開けずに防犯カメラを設置できますよ。

ワイヤレス防犯カメラは遠隔からリモートで監視できるメリットもありますが、有線の防犯カメラよりも接続の不安定さ、セキュリティ面でのリスクなどもあります。

2.電源不要なソーラー式防犯カメラ

ソーラーパネルを備えた防犯カメラは、太陽光を利用して動作するため電源ケーブルを必要としません。これにより電源ケーブルの配線が不要で、電源供給のために壁に穴を開ける必要がなく設置できますよ。

ただソーラーカメラは日照時間に依存するため、雨天や夜間の動作が制限されることがありますよ。

3.バッテリー駆動の防犯カメラ

一部の防犯カメラはバッテリー駆動で、長時間動作できるモデルもあります。これらのバッテリー駆動の防犯カメラは、電源ケーブルが不要で設置場所を柔軟に選ぶことができますよ。

ただしバッテリーが切れると防犯カメラが機能しなくなるため、定期的な充電交換が必要で、遠隔地への設置では面倒な場合があるので注意が必要です。

4.ダミーの防犯カメラ

ダミーの防犯カメラは実際の防犯カメラのように見えますが、実際には動作していないカメラです。ダミーの防犯カメラなので配線などは不要で、比較的安価に手に入り、防犯カメラの存在により侵入者を威嚇することができます。

ただ見る人によっては本物の防犯カメラと見分けがつくことから、本格的な防犯効果は期待できないというデメリットもありますよ。

これらの防犯カメラを活用することで、壁に穴を開けないで防犯カメラの設置ができますよ。

ブンヤ
ブンヤ

壁に穴を開けない防犯カメラはどうやって取り付ければいいのかな?

では次に、壁に穴を開けない防犯カメラの取り付け方について、自分で設置する場合と業者に依頼する場合に分けてご紹介しますね。

壁に穴を開けない防犯カメラの取り付け方は?

壁に穴を開けない防犯カメラの取り付け方を解説!

壁に穴を開けないで設置できる防犯カメラについてご紹介しましたが、どのように取り付けられるのかもう少し具体的に解説していきますね。

壁に穴を開けない防犯カメラの取り付け方:自分でする場合

防犯カメラを設置する際に、壁に穴を開けないのであれば工事不要なのでDIYができるレベルであれば自分でも取り付けられそうですよね?

では自分で防犯カメラを設置する方法についてご紹介していきますね。

自分で行う方法①アタッチメントを活用する

アタッチメントは防犯カメラを壁や天井に取り付けられる台座のようなものです。防犯カメラを取り付けたい場所に合ったアタッチメントを選び、アタッチメントを壁や天井に取り付けます

通常、アタッチメントはビスやネジで固定されますが、配管などに設置できるタイプのアタッチメントもありますよ。

そして防犯カメラをアタッチメントに取り付けることで、カメラを取り付けた場所に穴を開けたり工事をする必要はありません。

自分で行う方法②エアコンダクト(空調ダクト)を活用する

通常、エアコンダクトは壁や天井に沿って走っています。屋外などで防犯カメラを設置したい場合は、防犯カメラに必要なケーブルをエアコンダクト内に設置することで穴開けの工事が不要となりますよ。

自分で行う方法③壁に穴を開けないで設置できる防犯カメラを活用する

先ほどもご紹介したように、ワイヤレス防犯カメラやソーラーパネルが組み込まれた防犯カメラ、バッテリー駆動の防犯カメラは配線や電源のケーブルを必要としません。

また設置方法も工事不要で置くだけのタイプや両面テープで貼り付けるだけのタイプ、マグネット式のタイプなどがありますよ。

これらの方法を活用することで、壁に穴を開けずに防犯カメラを取り付けることができます。

自分で設置する際は、取扱説明書をよく読み、設定や接続作業を注意深く行うことが重要ですよ。

壁に穴を開けない防犯カメラの取り付け方:業者に依頼

防犯カメラは自分でも壁に穴を開けずに工事不要で設置することも可能ですが、やはり性能や設置に不安がある場合は専門の業者に依頼することも重要です。

ここでは、壁に穴を開けない防犯カメラの取り付け方法として業者に依頼する場合について解説していきますね。

1.業者の選定をする

まず、信頼性の高い防犯カメラの取り付け業者を選ぶことが重要です。業者の評判や口コミ、ライセンスを確認し、複数の業者から見積もりを取得して価格とサービスを比較しましょう!

2.相談と設計

選んだ防犯カメラの専門業者と相談し、設置場所やカメラの種類、カバー範囲などについて詳細を話し合います。

3.防犯カメラの選定

業者と共に適切な防犯カメラの選定を行います。選定では、カメラの種類(固定、回転、ワイヤレスなど)、解像度、特別な機能(夜間撮影、動き検知など)が含まれますよ。

4.防犯カメラの取り付け

専門業者は防犯カメラの設置場所を準備し、防犯カメラを取り付けます。

5.配線と設定

防犯カメラの電源供給やデータ送信のための必要なケーブルを適切に設置してくれます。また、必要な防犯カメラの設定(録画モード、アラート設定など)も行いますよ。

6.メンテナンス契約

防犯カメラの定期メンテナンス契約を検討し、定期的な点検と保守作業を業者に依頼することもできますよ。

防犯カメラの取り付けは、専門的な知識と経験があるとより効果的に防犯対策に活用できます。

そのためには信頼性の高い業者に依頼することも重要ですよ。

\防犯カメラの設置業者を探すなら一括がおすすめ!/

防犯カメラの業者を比較して、自分の希望にあった業者を選びましょう!

問い合わせは無料なので、お気軽にご相談くださいね!

参考記事

◆防犯カメラの設置業者を探すなら「防犯カメラ一括.jp」がおすすめ!『防犯カメラ一括.jp|評判や料金からその魅力を徹底解説!』でメリットやデメリットも詳しくご紹介しています。

ブンヤ
ブンヤ

賃貸物件で防犯カメラを設置するなら壁に穴を開けたくないけど、壁に穴を開けないことで防犯カメラを設置するデメリットもあるんだろうか?

では次に、壁に穴を開けないで防犯カメラを設置するメリットとデメリットについてもご紹介しておきますね。

壁に穴を開けない防犯カメラのメリット・デメリットを知っておこう!

壁に穴を開けない防犯カメラのメリット・デメリットを解説!

防犯カメラを設置する時に、どうしても壁に穴を開けない場合に活用できる工事不要の防犯カメラなどもありました。

賃貸物件などではそのように工事不要で壁の穴あけが不要であればメリットにもなりますが、反対にデメリットは何があるのでしょうか?

壁に穴を開けずに防犯カメラを設置する場合のメリットとデメリットについて詳しく解説していきますね。

壁に穴を開けない防犯カメラのメリットとは?

<壁に穴を開けない防犯カメラのメリット>

①壁を傷つけることがない

②簡単で速い取り付けが可能

③持ち運びが便利

それぞれのメリットについて解説していきますね。

①壁を傷つけることがない

壁に穴を開けない方法は、壁や天井に傷や穴を開ける必要がないため、住宅や賃貸物件の壁を傷つけずにセキュリティを向上させることができます

②簡単で速い取り付けが可能

通常、壁への穴開けは時間と労力を必要としますが、工事が不要な場合は比較的簡単で速い取り付けが可能です。特にDIY愛好者には自分でも設置ができるため適していますよ。

③持ち運びが便利

壁に穴を開けない防犯カメラは、必要に応じて場所を移動できるため、柔軟性があります。特に賃貸物件に適していますよ。

このように便利な面もありますが、反対にデメリットについても知っておきましょう!

壁に穴を開けない防犯カメラのデメリットとは?

<壁に穴を開けない防犯カメラのデメリット>

①取り付けの安定性が欠ける

②限られた設置場所

③電源の課題

それではデメリットについても解説していきますね。

①取り付けの安定性が欠ける

壁に穴を開けない取り付け方法は、壁に穴を開けてしっかりと固定する方法に比べて取り付けの安定性が劣ることがあります。

特に長期間の使用において、防犯カメラがずれる可能性があるため注意が必要ですよ。

②限られた設置場所

壁に穴を開けずに防犯カメラを取り付ける方法は、特定の表面にのみ適用可能な場合に設置場所が制限される場合があります。

またワイヤレス防犯カメラを使用する際、一定の距離内にルーターやアクセスポイントが必要となりますよ。

③電源の課題

壁に穴を開けない場合、電源供給が難しいことがあります。バッテリー駆動のカメラは一定期間で充電が必要であり、メンテナンスに注意が必要ですよ。

このように、壁に穴を開けずに防犯カメラを設置する方法は、簡単で優れた選択肢ですが、安定性や設置場所の制約に注意が必要です。

防犯カメラは使用目的や環境に応じて最適な方法を選びましょうね!

\防犯カメラ設置の相談は専門業者で!/

無料で相談を受け付けているのでお気軽にお問い合わせくださいね。

防犯カメラ|穴を開けないで壁へのダメージを抑える方法は?のまとめ

この記事では、防犯カメラを壁に穴を開けずに設置する方法とどんな防犯カメラがあるのか、また壁に穴を開けずに設置することでのメリット・デメリットなどをご紹介しました。

防犯カメラは通常、配線や電源の供給が必要なため壁に穴を開けて配線を通る工事が必要となるケースが多いです。

しかし、賃貸物件などで工事ができない場合でも防犯カメラを壁に穴を開けずに設置する方法がありました。

自分で防犯カメラを設置する場合は、アタッチメントを利用したり、エアコンダクトに配線を通したり、壁に穴を開けないで設置できる防犯カメラ(ワイヤレス防犯カメラやソーラー式防犯カメラ)を活用するなどがあります。

専門の業者に防犯カメラの設置を依頼するとコストはかかりますが、安心して任せることができますよ。

壁に穴を開けずに防犯カメラを設置することにはメリットやデメリットが存在するため、必要な用途に合わせて最適な方法を選択してくださいね。

特に屋外に防犯カメラを自分で設置するには、プライバシーの問題などもあるので専門の業者さんに相談することも検討してみてくださいね。