玄関の防犯|ドアの採光窓にも防犯が必要な理由を徹底解説!

玄関の防犯|ドアの採光窓にも防犯が必要な理由を徹底解説! 住まいの防犯対策
記事内にプロモーションが含まれている場合があります。

玄関ドアには日光を取り入れるために採光窓やドアガラスが付いている場合があります。

カオリ
カオリ

採光窓があると玄関が明るくていいんだけど、防犯的にはけっこうリスクが高いのかしら?

この記事では、玄関ドアの採光窓にはどんなメリットがあり、防犯的にどんなリスクやデメリットがあるのか採光窓に対する防犯対策についてご紹介しています。

玄関の防犯対策として採光窓にもしっかりと防犯意識を持って対応してくださいね!

玄関ドアの採光窓は必要なの?メリットは?

玄関ドアに外部の自然光を取り入れるために採光や玄関窓が施されているドアがありますが、採光の必要性やメリットには何があるのでしょうか?

カオリ
カオリ

玄関ドアに採光窓があると玄関が明るくなっていいと思うけど、他にもメリットがあるのかしら?

玄関ドアに採光窓を取り入れることには多くのメリットがあります。

まずは玄関ドアの採光の必要性とメリットを詳しく説明していきますね。

玄関ドアの採光窓は必要なの?メリットは?

1.玄関が明るくなる

玄関ドアに採光窓を施すことで自然光が入り、室内を明るくし快適な雰囲気を提供します。

2.視覚的な魅力となる

採光によって玄関が明るく開放的であることは、訪問者や住人にとって視覚的にも魅力的になります。

3.エネルギーコスト削減

昼間は自然光を利用することで電気照明の使用を削減し、エネルギーコストを節約できます。

玄関の採光窓やドアガラスは開放感と明るさを与え、居住空間をより心地よくし、生活の品質を向上させる効果がありますよ。

このように玄関ドアに採光窓を作ることはメリットが多いですが、反対に防犯的なリスクやデメリットも存在するのでご紹介していきますね。

玄関ドアの採光窓によるリスクやデメリットは何?

玄関ドアに採光窓やドアガラスを付けることで自然光が入り、明るく開放的な空間を作り出すことができました。

しかし、反対に玄関ドアに採光を導入することで防犯面ではリスクやデメリットもあり得るので詳しく解説していきますね。

玄関ドアの採光窓によるリスクやデメリットを解説!

玄関の採光の防犯リスクについて

1.ガラスの割れ

玄関ドアにガラスがある場合、そのガラスを破ることで侵入しやすくなります

ガラスが割られたり破壊されたりする可能性があるため、採光窓のあるドアは通常の玄関ドアよりも防犯上のリスクが増します。

2.プライバシーの欠如

ガラスが多い玄関ドアは外から室内が見えることがあり、プライバシーに関する懸念が生じることがあります。

特に夜間に室内の明かりが外部に透けて見える可能性がありますよ。

玄関の採光のデメリットについて

1.断熱性の低下

通常ガラスは断熱性に欠けており、玄関ドアにガラスが多くある場合、冷暖房の効率が低下する可能性があります。

これはエネルギー効率の低下につながり、暖房費用が増加する可能性がありますよ。

2.日差しの影響を受ける

玄関ドアにガラスが多い場合、直射日光が室内に差し込むことで室内温度が上昇しやすくなり、室内の家具や床材などに影響を及ぼす可能性があります。

これらのリスクとデメリットは、玄関ドアに採光を導入する際に考慮すべき要因ですよ。

カオリ
カオリ

防犯上リスクがあるなら玄関の採光はいらないのかしら?塞ぐ方法や目隠しする方法もあるのかしら?

適切な防犯対策やデザインを用いることで、これらの問題を軽減することができます。

次に、玄関ドアに採光窓やドアガラスがある場合の防犯対策はどのようにすればいいのか、ご紹介していきますね。

玄関ドアの採光窓の防犯対策は?

玄関ドアの採光窓の防犯対策を解説!

玄関ドアに採光窓やドアガラスを導入することでガラスを割って侵入されやすくなるリスクやガラスによって内側が見えやすいプライバシーの欠如などの心配がありました。

そこで玄関ドアの採光窓の防犯対策は重要となります。

以下に、採光窓の防犯対策について詳しく説明していきますね。

<玄関ドアの採光窓の防犯対策>

①防犯ガラスの使用

②窓の高さと配置を検討する

③補助的な防犯グッズを検討する

④照明の設置

⑤玄関の鍵の強化

それぞれの玄関ドアの採光窓に対する防犯対策について解説していきますね。

①防犯ガラスの使用

玄関ドアの採光窓には、防犯ガラスを使用することが推奨されますよ。

防犯ガラスは通常のガラスよりも耐久性が高く、割れにくい特性があるためガラスを破るリスクが低減しますよ。

またガラス破りの防止策としてガラス部分に防犯フィルムを貼ることも対策になりますよ。

②窓の高さと配置を検討する

玄関ドアにつける採光窓の高さと配置を検討しましょう

採光窓やドアガラスを付ける位置を地上から高く配置することで、侵入者が採光窓を簡単にアクセスできなくなります。

また、袖ガラスや高い位置に配置された採光窓は、プライバシーを保護するのに役立ちますよ。

③補助的な防犯グッズを検討する

玄関ドアの防犯対策には補助的な防犯グッズを検討しましょう。

これには、人感センサーライトや防犯カメラなどが含まれ、これらの防犯グッズは侵入者を妨げるのに役立ちます。

④照明の設置

玄関周辺に適切な照明を設置しましょう。

明るい照明は侵入者を威嚇し、ドア周辺を明るく照らすことで防犯効果がありますよ。

⑤玄関の鍵の強化

玄関ドアの採光窓の近くにある鍵は、侵入者にとって攻撃対象となりやすいです。

そのため、玄関の鍵は頑丈な鍵に交換することも検討しましょう。

玄関における採光窓は明るさと空間を提供しますが、同時に防犯対策も考慮することが重要です。適切な防犯対策を施し、安全で快適な生活を確保しましょう!

玄関の防犯|ドアの採光窓にも防犯が必要な理由を徹底解説!のまとめ

この記事では、玄関ドアの採光窓にはどんなメリットがあり、防犯的にどんなリスクやデメリットがあるのかと採光窓に対する防犯対策についてご紹介しました。

玄関ドアに採光は必要なのかというと、採光窓があると玄関が明るく開放的になり、視覚的にも魅力的になります。

また、日光を取り入れることで照明の削減やエネルギーコストの削減にも繋がりました。

しかし、防犯的なリスクとしては玄関ドアに採光窓があるとガラスを割って侵入されやすくなったり、ガラスにより内側が見えやすくプライバシーの欠如などのデメリットもあります。

そのようなリスクやデメリットを軽減させるために玄関ドアの採光窓の防犯対策としては以下が挙げられましたよ。

<玄関ドアの採光窓の防犯対策>
①防犯ガラスの使用
②窓の高さと配置を検討する
③補助的な防犯グッズを検討する
④照明の設置
⑤玄関の鍵の強化

玄関ドアに採光窓がある場合は、防犯対策もしっかりと行って安全な暮らしを守ってくださいね!