玄関の防犯|おすすめグッズと侵入を防ぐ方法を徹底解説!

玄関の防犯|おすすめグッズと侵入を防ぐ方法を徹底解説! 住まいの防犯対策
記事内にプロモーションが含まれている場合があります。

玄関や勝手口のドアからの侵入を防ぐためにはどんな防犯対策が必要なのでしょうか?

ブンヤ
ブンヤ

賃貸や一人暮らしでも活用できる防犯グッズも知りたいな?

この記事では、玄関や勝手口などのドアにはどんなリスクが存在するのか侵入の手口と共に玄関や勝手口の防犯対策とおすすめの防犯グッズについてもご紹介しています。

一人暮らしで賃貸物件に住んでいる場合でも活用できる防犯グッズがあるので、ぜひ参考にしてくださいね!

玄関や勝手口にはどんなリスクがあるの?

玄関や勝手口にはどんなリスクがあるのか解説!

玄関や勝手口などのドアにはいくつかのリスクが存在するため、それらを理解すること防犯対策としては重要です。

まずは玄関や勝手口などのドアにはどんなリスクがあるのか以下に解説しますね。

1.侵入リスク

玄関勝手口のドア家の中に侵入するための最も一般的な経路です。

防犯対策が不十分である場合、泥棒や不審者が侵入しやすい環境となってしまいますよ。

2.死角

特に勝手口は家の死角に位置し、他の部分からは見えにくい場所です。

泥棒が気づかれずに近づくことができるため、盗難のリスクが高まりますよ。

3.鍵の脆弱性

玄関や勝手口のドアの鍵は基本的なセキュリティ要素ですが、古くなった鍵や防犯性の低い鍵の場合、簡単に開けられる可能性があります

4.ドアの強度

玄関や勝手口のドアが十分に強固でない場合、簡単に破られる危険性がありセキュリティ上のリスクとなります。

5.適切な照明の有無

夜間に十分な照明がない場合、泥棒や不審者が行動しやすくなります

適切な照明が欠如することは玄関のセキュリティ上のリスクとなってしまいますよ。

6.鍵の閉め忘れ

玄関や勝手口のドアの鍵を閉め忘れることがあると、誰でも簡単に侵入できる可能性が生まれるため注意が必要です。

玄関や勝手口のドアには様々なリスクがありますが、その中でも空き巣などの侵入窃盗犯が入って来る手口についても知っておきましょう!

どんな手口で玄関や勝手口のドアから侵入してくるのか?

玄関や勝手口からの侵入手口は様々ありますが、以下にその手口について詳しく解説しますね。

1.鍵を使用した侵入

泥棒などの侵入犯は、玄関や勝手口の鍵をピッキングバンプキーなどの技術を用いて開けようとします。

特に安全でない鍵や古い鍵は侵入しやすい対象となります。

※ピッキング:特殊な工具や技術を使用して施錠された扉や鍵を解除し、不正に入ること。

※バンプキー:バンプキーは、鍵を使わずにシリンダー錠(ピンシリンダー錠)を開けるために用いられる特殊な加工を施された鍵で、バンプキーを使用して鍵を開ける方法を「バンピング(bumping)」と呼びます。

2.ドアの強制的な開錠

泥棒などの侵入犯はドアの強度が不十分な場合、玄関ドアや勝手口のドアをこじ開けたり、破壊したりして侵入しようとします。

3.サムターン回し

泥棒などの侵入犯は、サムターン回しと呼ばれる手法を使用してドアを開けようとします。

このサムターン回しは、侵入者がドアの内側にあるサムターン(つまみやノブのこと)を回転させて、ドアのロックを外す手法です。

通常、ドアに穴を開けることから始まり、この穴を通じて侵入者はサムターンにアクセスし、ドアを解錠するのです。

これらの侵入手口に対処するためには、適切な防犯対策を講じることが重要です!

では次に玄関や勝手口のドアに必要な防犯対策についてご紹介していきますね。

玄関や勝手口の防犯対策に必要なことは?

玄関や勝手口の防犯対策に必要なことを解説!

玄関や勝手口のドアからの侵入リスクに対処するために防犯対策は重要です。

ここでは玄関や勝手口の具体的な防犯対策をご紹介していきますね。

<玄関や勝手口の防犯対策>

①強化された玄関ドア

②防犯性の高い鍵を使う

③窓との距離に注意する

④屋外照明を利用

⑤防犯カメラ・監視カメラの設置

⑥隣近所とコミュニケーションをとる

⑦不在時の対策

ではそれぞれの防犯対策について詳しく解説していきますね。

①強化された玄関ドア

防犯性を高めるために玄関や勝手口のドアは頑丈なドアを選びましょう。

防犯性の高い玄関ドアの特徴

  • 堅固な材料:高い防犯性を持つ玄関ドアは、一般的には鋼鉄やアルミニウムなどの頑丈な材料で作られています。
  • 補強されたフレーム:ドアがこじ開けられないようにドアフレームも強化されていることが重要です。
  • 高品質な錠前:防犯性の高い玄関ドアには、高品質な錠前が取り付けられています。
  • 防犯ガラス:玄関ドアにガラスが含まれる場合、割れにくく、侵入者がガラスを破るのが難しい防犯性の高いガラスが使用されます。
  • 断熱性と耐久性:玄関ドアは断熱性が高いことや長期間使用できるような耐久性も重要です。

これらの要素が組み合わさった防犯性の高い玄関ドアは、家のセキュリティを向上させ、不審者からの侵入を防ぎます。

②防犯性の高い鍵を使う

玄関や勝手口からの侵入を防ぐためには高品質の錠前を取り付けましょう。

ディンプルキーや電子ロック、スマートキーなどは防犯性の高い鍵として挙げられますよ。

③窓との距離に注意する

玄関や勝手口のドアの近くに窓がある場合、窓から玄関ドアの鍵を解錠する場合もあるため特に注意が必要です。

窓からのアクセスを制限するため、適切な距離を確保しましょう。

④屋外照明を利用

玄関や勝手口の周囲に明るい照明を設置し、夜間でも外をよく照らしましょう

侵入者は暗い場所を好むため、明るい照明を取り付けることで警戒させることができますよ。

⑤防犯カメラ・監視カメラの設置

玄関や勝手口の周囲に防犯カメラを設置して、不審者を監視しましょう。

防犯カメラの設置は警告とカメラの映像は証拠として役立ちますよ。

⑥警報システムを取り入れる

ホームセキュリティサービスを導入し、侵入者が侵入した際に警報が鳴るようにしましょう。

また万が一の際に警備員の駆けつけサービスなどで防犯性を高めることができますよ。

\ホームセキュリティならアルソック!/

有名なホームセキュリティサービスのALSOKでは月額料金がお得な使いやすいプランもあり!

資料請求な無料なので今すぐチェックしてみてくださいね!

⑦隣近所とコミュニケーションをとる

防犯対策には地域コミュニティの協力が重要です。常に隣近所と連携し、不審な活動に注意を払い合いましょう!

⑧不在時の対策

不在時でも在宅の印象を保つため、郵便物の溜まりや庭の手入れに気を付け、タイマーやスマートホームシステムを使って照明やテレビを操作しておくことも防犯対策の1つです。

これらの防犯対策は玄関や勝手口からの侵入を防ぐために役立ちますが、状況に応じて複数の対策を組み合わせて利用することが重要ですよ!

では次に、一人暮らしや賃貸の物件でも活用できる玄関や勝手口の防犯におすすめの防犯グッズについてもご紹介しますね。

玄関や勝手口の防犯におすすめの防犯グッズを紹介!

玄関や勝手口の防犯におすすめの防犯グッズを紹介!

玄関や勝手口の防犯性を高めるために、一人暮らしの場合や賃貸物件の場合でも使用できる防犯グッズを含めておすすめのグッズを紹介していきますね。

<玄関や勝手口におすすめの防犯グッズ>

①玄関ドアの補助錠

②モーションセンサーライト

③モニター付きインターホン

④防犯ブザー

⑤サムターンカバー

⑥防犯カメラ

玄関や勝手口の防犯におすすめの防犯グッズについてそれぞれ解説していきますね。

①玄関ドアの補助錠

補助錠は玄関ドアの補助的な施錠装置で、外部からの侵入を難しくしセキュリティを向上させます

賃貸物件でも使用できたり、後付けできる補助錠などさまざまな選択肢がありますよ。

②モーションセンサーライト

モーションセンサーライトは、動きを感知すると点灯する照明装置です。

玄関周りに設置することで暗い場所で動きを検出した際にライトが点灯し、侵入者を妨げる効果があります。

工事不要で取り付け可能なライトもあるので賃貸物件でも活用できます。

モニター付きインターホン

玄関ドアにモニター付きインターホンが設置されていると外から誰が訪ねてきたかを確認でき安全にドアを開けられます

特に一人暮らしの場合は訪問者を確認することは重要ですが、ドアスコープには反対に覗かれるリスクもあるのでリスクについてや防犯対策を知っておく必要がありますよ。

④防犯ブザー

玄関に取り付ける防犯ブザーは、非常時に周囲の人々に危険を知らせるのに役立つコンパクトな装置です。

不正な玄関ドアの開閉時や衝撃を受けた際に防犯ブザーが鳴り響き、侵入者への警告や周囲へ注意喚起を促すことができますよ。

防犯ブザーにも設置が簡単で後付け可能なものがあり、賃貸でも気軽に使える防犯グッズの1つです。

⑤サムターンカバー

玄関や勝手口からの侵入の手口としてサムターン回しがありましたが、このサムターンカバーはサムターン回しを防ぐためのカバーです。

玄関の鍵のサムターン部分に取り付けられ外部からのアクセスを困難にし、不正な侵入を防ぎます。

サムターンカバーは通常、両面テープやネジで固定されるなど比較的簡単に取り付けられ、一人暮らしや賃貸物件でも気軽に活用できる防犯グッズです。

⑥防犯カメラ

防犯カメラを玄関や勝手口の周りに設置することで、リアルタイムで監視したり記録したりできます。

近年のカメラは高解像度で、スマホからリアルタイムで確認したり操作することもできますよ。

\防犯カメラの設置はプロにお任せ!/

『防犯カメラ設置110番』なら防犯カメラの設置について無料で相談・見積が可能です!

お気軽にお問い合わせくださいね。

これらの防犯グッズはホームセンターで売っていたり、ネット通販などで購入することもできます。

ご紹介した防犯グッズを組み合わせて使用することで、玄関や勝手口のドア周りのセキュリティを向上させ、家をより安全に保つことができますよ!

玄関の防犯|おすすめグッズと侵入を防ぐ方法を徹底解説!のまとめ

この記事では、玄関や勝手口などのドアにはどんなリスクが存在するのか、侵入の手口と共に玄関や勝手口の防犯対策とおすすめの防犯グッズについてご紹介しました。

玄関や勝手口のドアや鍵の強度が不十分な場合、外部から侵入されるリスクがありました。

そして空き巣などの侵入の手口としてはピッキングやドアのこじ開け、サムターン回しなどの手法があります。

そこで玄関や勝手口の防犯対策としては以下の方法や防犯グッズをご紹介しました。

<玄関や勝手口の防犯対策>
①強化された玄関ドア
②防犯性の高い鍵を使う
③窓との距離に注意する
④屋外照明を利用
⑤防犯カメラ・監視カメラの設置
⑥隣近所とコミュニケーションをとる
⑦不在時の対策

<玄関や勝手口におすすめの防犯グッズ>
①玄関ドアの補助錠
②モーションセンサーライト
③インターホン
④防犯ブザー
⑤サムターンカバー
⑥防犯カメラ

玄関や勝手口はまずは侵入されないためにしっかりと防犯対策を施して、家族や財産を守りましょう!