防犯カメラ|設置場所と方法の大切なポイントを徹底解説!

防犯カメラ|設置場所と設置方法の大切なポイントを徹底解説! 防犯グッズ
記事内にプロモーションが含まれている場合があります。

防犯対策として防犯カメラの存在はとっても心強いですが、適切な設置場所や設置方法でないと効果を発揮してくれません。

ブンヤ
ブンヤ

なんとなくイメージができるけど、防犯カメラをどこに設置するのが防犯対策として効果的なのかもっと詳しく知りたいな。

この記事では、防犯カメラの適切な設置場所について一戸建てやアパートやマンションなどの共同住宅、店舗やオフィスなどと反対に防犯カメラの設置に適していない場所、また防犯カメラの設置方法や注意点を詳しく解説しています。

防犯カメラをしっかりと効果的に活用するために、この記事を参考にしてくださいね!

防犯カメラの適切な設置場所は?

防犯対策として防犯カメラの設置を検討していても、効果的な設置場所でないとせっかくの防犯カメラも意味がありません。

ブンヤ
ブンヤ

防犯カメラを付けるだけって簡単に考えていたけど、どんな場所につけるのが防犯対策に効果があるんだろう?

防犯カメラを設置することで犯罪の抑制に効果があったり、犯罪が発生した場合に防犯カメラの映像は警察や捜査機関に重要な証拠を提供できます。

また家庭では、防犯カメラは子供や高齢者の安全を確保し、見守りに役立ちます。

ビジネス環境では、防犯カメラは従業員の行動監視に利用され、品質管理やセキュリティ向上に寄与しますよ。

このように様々なシーンでも活躍が期待される防犯カメラの効果的な設置場所について、一戸建てやアパートやマンションなどの共同住宅(賃貸物件含む)、店舗やオフィスなどの場合に分けて解説していきますね。

防犯カメラの設置場所:一戸建ての場合

防犯カメラの適切な設置場所を解説!

一戸建てに防犯カメラを設置する場所は、防犯対策やその他の目的にも合わせて慎重に選ぶ必要があります。

以下は一戸建てにおける防犯カメラの設置場所について解説していきますね。

1.玄関

玄関は侵入者にとって最も一般的な侵入経路です。防犯カメラを玄関に設置することで、不審な来訪者を監視し侵入を防ぐことができますよ。

玄関に設置する防犯カメラは顔認識や動き検出機能を備えたものがおすすめです。

2.駐車場

車両の盗難や破損を防ぐために、駐車場に防犯カメラを設置することも重要です。また駐車場は通常、家の外側に位置しているため外部の監視にも適していますよ。

3.勝手口

侵入者は背面から侵入することもあるため、勝手口や裏庭へのアクセスポイントも防犯対策としては重要なエリアです。

防犯カメラでこのエリアを監視することで、不審な活動を検出できますよ。

4.リビング・掃き出し窓前

屋内から外部を監視するために、リビングや掃き出し窓前にカメラを設置することも有用です。窓周辺の防犯カメラからも、不審な活動や外部の状況をリアルタイムで確認することができますよ。

5.周辺エリア

一戸建ての周囲、特に不審な活動が起こりやすい箇所にも防犯カメラを設置しましょう。これにより、家の周囲を包括的に監視できますよ。

一戸建ての防犯カメラの設置場所の選択にあたって、法的な規制や隣近所への配慮も大切です。分からない時は専門家の助言を受けるのも1つですよ!

防犯カメラの設置場所:アパート・マンションなどの共同住宅の場合

アパートやマンションなどの共同住宅に防犯カメラを設置する場合、入居者のプライバシーや法的規制を考慮した設置を検討する必要があります。

以下にアパートやマンションなどの共同住宅における防犯カメラの設置場所を解説していきますね。

1.共用エリア

アパートやマンションのエントランス、ロビー、共用廊下などの共用エリアに防犯カメラを設置することが一般的です。

これらの共用場所は、基本的にはプライバシーに影響を与えずセキュリティ向上に寄与しますよ。

2.駐車場

共同住宅における駐車場は盗難や車両への損傷のリスクがある場所です。

ただし防犯カメラを設置したい場合、カメラの設置ポイントを注意深く選び車両のみを対象とするようにしましょう。

3.ゴミ置き場

アパートやマンション専用のごみ置き場がある場合、防犯カメラを設置することで不法投棄やルール違反、また放火などのいたずらにも対処することができます。

4.集合ポスト

アパートやマンションに集合ポストがある場合、集合ポスト付近では不特定多数の人が往来するため人に紛れてポストから個人情報を盗むことも可能です。

ポストに投函される郵便物からも個人情報が得られるために不審な行動をカメラで映し出すことも重要ですよ。

5.玄関

アパートやマンションの個々の住戸の玄関前に防犯カメラを設置する場合、入居者の同意が必要です。

プライバシーの侵害を避けるために、明示的な同意を得ることが重要ですよ。

共同住宅で防犯カメラを設置する際、他の入居者のプライバシーを尊重することが不可欠です。大家さんや管理会社に確認することも必要な場合があるので注意してくださいね。

また、アパートやマンションで防犯カメラを設置する場合、カメラの視野は共用エリアやセキュリティに必要な場所に限定し、入居者の住戸やプライバシーを撮影しないように注意をする必要がありますよ。

防犯カメラの設置場所:店舗やオフィスの場合

店舗やオフィスに防犯カメラを設置する場合について、以下に詳しく解説します。

1.エントランスと出入口

店舗やオフィスの場合、エントランスおよび出入口に防犯カメラを設置するのは重要です。

これにより、訪問者や従業員の出入りを監視し、不正アクセスや窃盗のリスクを軽減できますよ。

2.レジ周辺のエリア

店舗の場合、レジ周辺のエリアに防犯カメラを設置することが一般的です。

レジでは金銭取引が行われる場所であるため、防犯カメラの設置によって窃盗や詐欺の防止に役立ちますよ。

3.貴重品の保管場所

オフィスや店舗内に貴重品や機密文書が保管される場所がある場合、これらの貴重品の保管場所に防犯カメラを設置し、セキュリティを確保しましょう。

4.通路と共用エリア

オフィス内の通路や共用エリアに防犯カメラを配置することで、従業員と訪問者の動きを監視し、安全を確保できます。

トイレ内にはカメラの設置ができないため、トイレへ続く通路など店舗においては万引き予防としても必要な場所です。

店舗やオフィスにおいても、個人のプライバシーを尊重する必要があります!

特に、トイレや更衣室などの個人的なエリアには防犯カメラを設置しないようにし、法的規制を遵守しましょうね!

このように一戸建てやアパート・マンション、店舗やオフィスそれぞれの防犯カメラの設置場所についてご紹介しましたが、防犯カメラの設置に向いていない場所についてもご紹介しておきますね。

防犯カメラ設置に向いていない場所は?

防犯カメラ設置に向いていない場所を解説!

一戸建てやアパートやマンションなどの共同住宅、店舗やオフィスなどの防犯対策として適した防犯カメラの設置場所についてご紹介しましたが、反対に防犯カメラの設置場所として相応しくない箇所もあります。

ここでは、防犯カメラ設置に向いていない場所について詳しく解説しますね。

1.私的空間

防犯カメラを設置すべきではない場所には、私的な空間が含まれます。

法的な問題が生じる可能性があるので、個人の住宅内部・更衣室・トイレなど、他人のプライバシーを侵害する場所には設置しないようにしましょう!

2.公共の場所

一般的な公共の場所に防犯カメラを設置することは、通常は制約があります。

特に、無差別な監視や市民のプライバシーを侵害するような場所には防犯カメラを設置すべきではありませんよ。

3.隣接するプライベートエリア

個人宅に隣接するプライベートエリア他の土地への監視は、プライバシーの侵害となる可能性があるため注意が必要です。

4.防犯対策として無駄な場所

防犯カメラを設置する場所は戦略的に選ぶ必要があり、防犯対策に効果のない無駄な場所に防犯カメラを設置することは、コストをかけるだけでなく資源の無駄使いにもつながります。

また、防犯カメラがすぐに手に届く位置にあり壊されてしまう可能性がある場合も無駄になってしまいます。

5.強い光が当たる場所

強い光が当たると、カメラは対象物の詳細を正確に捉えるのが難しくなり映像が不鮮明になります。

これは事件や不審行動の詳細な記録ができないことを意味するため、強い光が直接当たる場所を避け、適切な位置や角度を選ぶことが重要です。

これらの場所に防犯カメラを設置することは、プライバシー侵害や法的問題、無駄なコストを招く可能性が高いため、慎重に考える必要がありますよ。

カオリ
カオリ

防犯カメラは個人のプライバシーに配慮する必要があるけど、どんな法律が関係するのかしら?

防犯カメラの設置場所に関連する法律について

日本において、防犯カメラ設置場所に関連する主要な法律は「個人情報の保護に関する法律(個人情報保護法)」「プライバシーの保護に関する法律」などがあります。

以下にそれぞれの法律について詳しく解説しますね。

個人情報の保護に関する法律(個人情報保護法)

個人情報保護法は、個人情報の取り扱いに関する法律で防犯カメラが撮影する映像も個人情報に含まれます。

この法律に基づいて、防犯カメラで収集された映像には適切な取り扱いと保護が求められるため、個人が識別可能な映像の収集には注意が必要ですよ。

プライバシーの保護に関する法律

プライバシーの保護に関する法律は、他人のプライバシーを侵害しないように防犯カメラの設置と運用に制限を設けています

他者のプライバシーを侵害しないよう、防犯カメラの設置場所や撮影方向に注意が必要です。

これらの法律を遵守することは、防犯カメラを設置する際に非常に重要です。

防犯カメラの設置前に法律について正確な情報を入手し、適切な設置場所と運用方法を選択しましょう!

では次に、実際に防犯カメラはどのように設置するのでしょうか?設置方法についてもご紹介していきますね。

防犯カメラの設置方法は?

防犯カメラの設置方法を解説!

防犯カメラの設置場所にはそれぞれ適した場所や向いていない場所がありました。

ここでは実際に防犯カメラを設置する場合、どんな方法があるのかご紹介していきますね。

防犯カメラの設置方法は、業者に依頼する場合自分で設置する場合で異なりますよ。

以下にそれぞれの設置方法について詳しく解説していきますね。

防犯カメラの設置方法①業者に依頼する場合

防犯カメラの設置を専門の業者に依頼する場合、専門家のアドバイスを受けられるメリットがありますよ。

防犯カメラ設置業者は経験豊富で、最適なカメラの設置場所やカメラの種類をアドバイスしてくれます。

また専門家が防犯カメラを適切に設置し、配線を行うことにより、最良の視野範囲と映像品質を確保できますよ

さらに防犯カメラ設置業者による設置には保証がついており、トラブル時にサポートを受けることもできます。

一般的に防犯カメラの設置を業者に依頼する場合、設置費用の相場は1台あたり約15万円から30万円程度と言われています。

この設置費用には材料費や労働費が含まれますよ。

この金額はあくまで一般的な目安であり、実際の設置費用はカメラの数、設置場所、カメラの種類、業者によって異なることがあります。

防犯カメラ設置業者によって提供される見積もりを比較し、自身の予算とニーズに合った選択をすることが重要です!

\防犯カメラの設置業者を比較するなら?/

ニーズに合った最適な予算で防犯カメラを設置してくれる業者を見つけてくれる!

参考記事

◆「防犯カメラ一括.jp」の利用者の口コミや評判から分かるメリット・デメリットなど『防犯カメラ一括.jp|評判や料金からその魅力を徹底解説!』で詳しくご紹介しています。

防犯カメラの設置方法②自分で設置する場合

防犯カメラを自分で設置する場合、業者に支払う費用を節約できるメリットがあります。

しかし、防犯カメラの自己設置には一定のDIYスキルやツールが必要です。防犯カメラの最適な設置場所を選んだり、防犯カメラの取り付け、電源の接続などが必要ですよ。

また防犯カメラの自己設置では、カメラの設置位置と角度が映像品質に影響するため適切な設置を行うことが重要です。

以下に防犯カメラを自分で設置する方法について解説しますね。

1. 設置場所の選定

まず、防犯カメラを設置する場所を選びます。設置場所は、監視が必要なエリア(玄関、駐車場、庭など)を特定し、重要なエリアを選びます。

またカメラの視野を確認し、広範囲をカバーできる場所を選びましょう。

2. 電源と配線

防犯カメラに電源を供給し、必要に応じて配線を行います。屋内設置なら電源の取りやすい場所が適しており、屋外設置なら防水配線が必要ですよ。

3. カメラの取り付け

選んだ場所に防犯カメラを取り付けます。壁面、天井、ポールに取り付けることが一般的で、カメラの向きは監視が必要なエリアに向けます。

4. カメラの調整

取り付けた防犯カメラの角度、焦点、感度などを調整して、最適な監視範囲と映像品質を確保します。

5. 設定と接続

防犯カメラをネットワークに接続し、適切な設定を行います。これにより、遠隔監視や録画が可能になりますよ。

6. モニタリングと録画

カメラの映像をモニタリングするデバイス(コンピュータ、スマホ)を設定し、必要に応じてライブ映像を確認できるようにします。

録画が必要な場合、録画装置(NVRやDVR)を接続し、設定を行いますよ。

7. テストとメンテナンス

防犯カメラが正しく動作するか確認し、必要に応じて調整を行います。定期的なメンテナンスを実施し、防犯カメラの清掃やソフトウェアの更新なども必要ですよ。

防犯カメラの設置方法は業者に依頼したり、自分で設置する方法などありますが、どちらを選ぶかは、予算・技術スキル・設置の目的・法的要件に依存しますよ。

防犯カメラを自分で設置する場合、慎重に計画し必要な知識を持つことが大切です。

では防犯カメラを設置する時の注意するポイントについてもご紹介しておきますね。

防犯カメラを設置する時の注意点は?

防犯カメラの設置に際しては、セキュリティとプライバシーに十分な配慮が必要です。

ここでは防犯効果を最大化し、法的問題を回避するための防犯カメラを設置する際の注意点について詳しく解説しますね。

①プライバシーへの配慮

防犯カメラの設置の際、他人のプライバシーを侵害しないように注意しましょう!

個人的なエリア(トイレ、更衣室など)にはカメラを設置しないようにし、法的規制を遵守しましょう。

②法的規制に注意する

防犯カメラの設置には地域によって異なる法的規制が存在することがあります。特に個人情報の収集と保管に関する法律に留意し、防犯カメラの設置に関する規則を遵守しましょう。

③適切な設置場所を選ぶ

防犯カメラを設置する場所は重要です。エントランス、出入口、貴重品の保管場所、レジエリアなどセキュリティの必要がある場所を優先的に考えましょう。

④死角をつくらない

死角があるとカメラが特定のエリアを監視できず、重要な出来事を記録できなくなります

単一の防犯カメラでは死角を完全にカバーできない場合は、複数のカメラを設置し異なる角度から監視することで死角を最小限に抑えることができます。

⑤最適な防犯カメラの種類を選ぶ

防犯カメラにはボックス型、ドーム型、ネットワークカメラなどさまざまなタイプがあります。防犯対策を行う環境や設置場所に合った適切な防犯カメラを選びましょう。

⑥メンテナンスと設定

防犯カメラは設置するだけでなく、メンテナンスと設定は定期的に行う必要があります。映像の保存や監視の品質を確保するため、適切な設定と保守を行いましょう。

⑦設置費用と補助金

防犯カメラの設置費用は予算に合わせて計画しましょう。また、地域によっては防犯カメラ設置に対する補助金が提供されている場合があるので調査しましょう。

⑧専門家の助言

防犯カメラの設置に関して不明点があれば、専門家や法律家に相談することをおすすめします。

防犯カメラの設置にはプライバシー保護、法的遵守、適切な設置場所の選定、適切なメンテナンスなど様々な要因が関係します。

ご紹介した注意点も含めて適切な防犯対策に役立てて下さいね!

防犯カメラ|設置場所と方法の大切なポイントを徹底解説!のまとめ

この記事では、防犯カメラの適切な設置場所について一戸建てやアパートやマンションなどの共同住宅、店舗やオフィスなどと反対に適していない場所、また防犯カメラの設置方法や注意点を詳しく解説しました。

一戸建てで防犯カメラの効果を発揮するための設置場所としては以下が挙げられました。

1.玄関
2.駐車場
3.勝手口
4.リビング・掃き出し窓前
5.周辺エリア

アパート・マンションなどの共同住宅の場合の防犯カメラの設置場所には以下が挙げられました。

1.共用エリア
2.駐車場
3.ゴミ置き場
4.集合ポスト
5.玄関

店舗やオフィスの場合の防犯カメラの設置場所には以下が挙げられました。

1.エントランスと出入口
2.レジ周辺のエリア
3.貴重品の保管場所
4.通路と共用エリア

反対に防犯カメラの設置に向いていない場所には、個人の住宅内部・更衣室・トイレなど私的空間や公共の場所、隣接するプライベートエリアなどプライバシーの侵害から制約がありました。

また、防犯対策として効果を発揮できない無駄な場所の設置も適していません。

そして防犯カメラの設置方法には、業者に依頼する方法と自分で設置する方法がありますが、それぞれコスト面や設置や設定のメリット・デメリットもあります。

防犯カメラの設置目的と合わせて、法律に触れないように効果的に防犯カメラを活用してくださいね!