防犯ブザー|アプリで代用する場合の選び方とおすすめを紹介!

防犯ブザー|アプリで代用する場合の選び方とおすすめを紹介! 防犯グッズ
記事内にプロモーションが含まれている場合があります。

防犯ブザーは、常に持っていないと効果を発揮することができないため持ち忘れてしまうと致命的ですよね?

カオリ
カオリ

スマホのアプリでも防犯ブザーの変わりになって役に立つのかしら?

この記事では、防犯アプリでも防犯ブザーの代わりとなるのかメリットやどんなアプリがいいのか選ぶポイントとおすすめのアプリをご紹介しています。

防犯ブザーを持っていない場合などの緊急時でも、スマホのアプリを活用して身を守ってくださいね!

防犯アプリは防犯ブザーの代わりになる?利用のメリットは?

防犯アプリは防犯ブザーの代わりになるのか?メリットを解説!

防犯アプリとは、危険を感じた際に警告音を鳴らしたり、位置情報を共有することで身の安全を守るためのスマホのアプリです。

防犯ブザーアプリを利用することでも防犯ブザーの代わりとなり、いざという時に助けを呼ぶ手段として活用することができますよ。

防犯ブザーアプリの利用のメリットには以下のことが挙げられますよ。

<防犯ブザーアプリの利用のメリット>

①緊急時の対応

②声の代替になる

③位置情報の共有

④簡単な操作

⑤安心感の向上

それぞれのメリットについて解説していきますね。

①緊急時の対応

防犯ブザーアプリは、緊急時に素早く助けを求める手段として役立ちます。

例えば、不審者に遭遇したり危険な状況に置かれた際に、アプリを使用して警告音を鳴らすことで緊急ブザーのように周囲の人々の注意を引き、犯罪を未然に防ぐことができますよ。

②声の代替になる

緊急時には声を出すことが難しいことがありますが、防犯ブザーアプリは声の代替手段として機能します。

声が出ない恐怖や、状況によっては声を出せない状況でも、アプリを使用して警告音を鳴らすことで、周囲に危険を知らせることができますよ。

③位置情報の共有

防犯ブザーアプリは、危険な状況にある際に自身の位置情報を迅速に他人と共有する機能を持っています。

これにより、助けを呼ぶ際に正確な位置情報を提供し、迅速な対応を可能にしますよ。

④簡単な操作

防犯ブザーアプリは、通常ワンタッチで警告音を鳴らすことができるシンプルな操作が特徴です。

緊急時に迅速にアプリを起動して警告音を鳴らすことができるため、手軽に利用することができますよ。

⑤安心感の向上

防犯ブザーアプリを持ち歩くことで、個人の安心感や安全意識が向上します。

特に女性や子供、高齢者などが利用することで、外出先でも安心して行動することができるでしょう。

以上のような利点から、防犯ブザーアプリは危険を未然に防ぐ手段として広く活用されており、緊急時の安全確保に寄与していますよ。

ではこのようなメリットを持つ防犯ブザーアプリはどのようにして選ぶといいのでしょうか?次は防犯ブザーアプリの選び方のポイントについてご紹介しますね。

防犯ブザーアプリの選び方のポイントは?

防犯ブザーアプリの選び方のポイントは?

防犯ブザーアプリは無料でもダウンロードできるものもあり、手軽で緊急時の対応に役立つアプリです。

ではどのような防犯ブザーアプリを選ぶといいのでしょうか?選ぶ時に見るポイントについて解説していきますね。

防犯ブザーアプリを選ぶ際のポイントは以下の通りです。

1.音の出し方

防犯ブザーの音の出し方には、ボタンを押すタイプやスマートフォンの画面をタップするタイプなどがあります。

いざという時にでも使いやすい、自分に合った方法を選びましょう。

2.防犯ブザーアプリのコスト

防犯ブザーアプリを導入する際のコストを抑えたい場合は、無料のアプリを探したり、アプリ内の有料オプションについても検討する必要があります。

3.防犯ブザーアプリの機能

防犯ブザーアプリによって機能が異なるため、自分に必要な機能が搭載されているか確認してから選ぶ必要があります。

例えばアプリに位置情報を取得する機能があれば緊急通報と同時に、通報先に位置情報を発信する機能が搭載されており、すぐに助けを求めることができますよ。

以上のような選ぶポイントを考慮して、自分に合った防犯ブザーアプリを選びましょう。

では次に、おすすめの防犯ブザーアプリをご紹介しますね。

防犯ブザーとして使えるおすすめの防犯アプリを紹介!

防犯ブザーアプリを選ぶ際、自分に必要な機能が備わっていたり、操作が緊急時でも簡単に行えることが重要でした。

ここではおすすめの防犯ブザーアプリをご紹介しますね。

警視庁防犯アプリ「Digi Police」(デジポリス)

警視庁防犯アプリ「Digi Police」(デジポリス)は、警視庁公式のアプリで東京都内の犯罪発生情報や防犯情報を受信できるアプリです。

警視庁防犯アプリ「Digi Police」は情報配信だけでなく、『痴漢撃退機能』『防犯ブザー』などの便利な機能も搭載されていますよ。

また無料でダウンロード、課金や購入なしで利用できるアプリになります。

※Android版とiPhone版に対応

Digi Police
Digi Police
開発元:警視庁
無料
posted withアプリーチ

防犯コンテンツも充実しており防犯に対する知識も得られるおすすめのアプリですよ!

福岡県警察防犯アプリ「みまもっち」

みまもっち」は福岡県警公式のアプリで、福岡県内で発生した事件情報などを通知してくれる防犯アプリです。

アプリ内では、事件の発生場所を地図で確認できる他、『防犯ブザーや110番通報』の機能が搭載されていますよ。

無料でダウンロード、課金や購入なしで利用できるアプリになります。

※Android版とiPhone版に対応

みまもっち
みまもっち
開発元:福岡県警察本部生活安全総務課
無料
posted withアプリーチ

こちらの防犯アプリも防犯対策について学べるので、ぜひ活用してみてくださいね!

「Don’t Worry – 痴漢抑止アプリ」

Don’t Worry」はBluetoothを利用し、近くにいるユーザーにSOS発信や反対に受信をする防犯アプリです。

痴漢などの被害に遭っている時に、このアプリからSOSを発信することで近くにいるアプリのユーザー(半径10m程度以内)に通知が行きます

このSOSは誰が発信したのかは分からないため、プライバシーを守りつつ、周囲に認知してもらい関心を引き寄せ痴漢防止を図るアプリとなっていますよ。

アプリは無料でダウンロードできます。

※Android版とiPhone版に対応

Don't Worry - 痴漢抑止アプリ
Don’t Worry – 痴漢抑止アプリ
開発元:チョットデキル株式会社
無料
posted withアプリーチ

特に女性の防犯アプリとして活躍できるアプリですが、お互いに助け合いの精神が大切になってきます。多くの人がアプリをダウンロードしてみんなが安心して過ごせるようにしたいですね。

防犯ブザー|アプリで代用するには何を選べばいいの?のまとめ

この記事では、防犯ブザーアプリでも防犯ブザーの代わりとなるのか、メリットやどんなアプリがいいのか選ぶポイントとおすすめのアプリをご紹介しました。

防犯ブザーアプリは、スマホにダウンロードしておくといざという時に防犯ブザーの代わりとなり、助けを呼ぶ手段として活用することができます。

防犯ブザーアプリのメリットとして、防犯ブザーのように声の出せない時の代替になったり、スマホの位置情報を共有し素早く自分の位置を知らせることができたりしました。

防犯ブザーアプリは無料でダウンロードできるアプリも多くありますが、自分に必要な機能が搭載されているか、また緊急時に簡単に使用できることなどを確認することが重要でした。

防犯ブザーアプリでは警視庁や各県警などが公式でリリースしている防犯アプリがあるので、それぞれお住まいの地域の防犯アプリを使用すると犯罪発生状況なども確認でき、より安全・安心な暮らしを送ることができますよ。

防犯ブザーの代わりとして、情報収集にも役立つ防犯アプリもぜひ活用してみてくださいね!