防犯カメラ|ドアにかけるだけの簡単な防犯対策を詳しく解説!

防犯カメラ|ドアにかけるだけの簡単な防犯対策を詳しく解説! 防犯グッズ
記事内にプロモーションが含まれている場合があります。

防犯カメラは通常、設置するのに工事が必要な場合があります。

カオリ
カオリ

ドアにかけるだけの簡単に設置できる防犯カメラがあれば賃貸住宅では助かるわよね?

この記事では、玄関ドアにかけるだけや挟むだけで使える防犯カメラについてどんな種類のカメラがあるのか、また工事不要の簡単に設置できる防犯カメラでも防犯対策として効果があるのか?ドアにかけるだけの防犯カメラの設置方法についてもご紹介します。

一人暮らしなどで大掛かりな防犯カメラは必要ない、という場合にも役に立つので参考にしてみてくださいね!

玄関ドアにかけるだけ・挟むだけの防犯カメラとは?

大切な住いを守るために防犯対策として防犯カメラを設置する場合、配線やケーブルなどが必要なため設置工事を行うことが多いです。

しかし、賃貸物件や一人暮らしの玄関の防犯対策として手軽に防犯カメラを設置したい場合、玄関のドアにかけるだけや挟むだけで取り付けられ工事不要の防犯カメラもあるんですよね。

玄関ドアにかけるだけ・挟むだけの防犯カメラを解説!
カオリ
カオリ

難しい設置工事がなくても利用できる防犯カメラがあれば使ってみたいわ!

まずは、玄関のドアにかけるだけや挟むだけで取り付けられる簡単な防犯カメラの種類についてご紹介しますね。

1.ワイヤレスドアカメラ

ワイヤレスドアカメラはドアにかけるだけで使える工事不要のドアカメラです。

ワイヤレス接続を使用しており、簡単に設置ができますよ。

一部のモデルは、モーションセンサーや夜間ビジョンを備えており、不審な活動を検知し、昼夜を問わず高品質な映像を提供します。

\ワイヤレスドアカメラの参考商品/

Panasonic(パナソニック)のワイヤレスドアモニター「VL-SDM310-T」は、玄関のドアにかけて固定するだけで簡単に設置できます。

また工事不要なのでで、すぐに使用ができますよ。

チャイムが鳴ると自動で来訪者の画面表示が行われるため、玄関に訪れた人が誰であるかを簡単に確認できます。

この製品は多くのユーザーから高評価を受けており、使い勝手と性能の面で信頼性が高いことが示されています。

2.ドアスコープカメラ

ドアのスコープ(覗き穴)に取り付けるタイプのカメラは、現在ドアについているドアスコープを外し、カメラ付きのドアスコープへ交換することで設置ができます。

多くのモデルがコンパクトで簡単に設置できるため、一人暮らしの女性や玄関のセキュリティを強化したい方に適しています。

\ドアスコープカメラの参考商品/

Nitripのドアモニター「ドアビューア」は3.5インチの液晶ディスプレイを備えており、玄関に立っている訪問者を確認できるため安心感を提供します。

またワンボタン操作で簡単に使用できたり、手頃な価格で提供されており予算に優しいというメリットもありますよ。

これらの防犯カメラは工事が不要で玄関にかける・ドアスコープを取り換えるなどの簡単に設置できるため、賃貸物件や一人暮らしの場合の選択肢として有効ですね!

カオリ
カオリ

通常の防犯カメラよりも設置は楽だけど、こんなに簡単な取り付けで防犯対策として効果もあるのかしら?

このように簡単に設置できるメリットがありますが、実際にドアにかけるだけの防犯カメラなどでも防犯対策に効果を発揮するのでしょうか?

ドアにかけるだけの防犯カメラでも防犯効果はあるの?

ドアにかけるだけの防犯カメラでも防犯効果はあるの?

ドアにかけるだけや挟むだけで設置できるのは簡単で便利ですが、通常の防犯カメラと同じように防犯対策としての効果を発揮するのでしょうか?

ドアにかけるだけの防犯カメラ、いわゆるドアカメラやドアスコープカメラは、一定の効果を発揮できますが、その効果はいくつかの要因に依存します。

以下にその効果と注意点を詳しく解説しますね。

ドアにかけるだけで簡単に設置できる防犯カメラの効果は?

<ドアにかけるだけの防犯カメラの効果>

①監視と録画

②証拠収集

③防犯意識の向上

まずはドアにかけるだけの防犯カメラの効果について解説しますね。

①監視と録画

ドアに取り付けた防犯カメラは、玄関前の出来事を監視し録画することができます

これにより、不審な訪問者や不正侵入者がドアに近づく様子を記録することができますよ。

②証拠収集

防犯カメラが事件を録画した場合、それは警察への証拠提供や犯罪の解明に役立つ可能性があります。

③防犯意識の向上

防犯カメラの存在によって不審な人物が近づきにくくし、訪問者に警戒感を与えることがあります。

ドアにかけるだけで簡単に設置できる防犯カメラの注意点は?

<ドアにかけるだけの防犯カメラの注意点>

①位置の重要性

②設置方法

③メンテナンス

それではドアにかけるだけの防犯カメラの注意点について解説していきますね。

①位置の重要性

防犯カメラを効果的に活用するためには、適切な位置に設置することが重要です。

ドアにかけるだけの防犯カメラやドアスコープは、訪問者の顔を捉えられる位置に取り付けることが必要ですよ。

②設置方法

ドアにかけるだけの防犯カメラは、工事不要で簡単に設置できますが、設置方法や角度の調整が必要です。

正しく設置しないと証拠としての能力も発揮されず防犯効果が薄れてしまいますよ。

③メンテナンス

防犯カメラはメンテナンスも大切です。

カメラのレンズが汚れていたり、バッテリーが切れていたりすると効果が低下してしまいます。

このように、ドアにかけるだけの防犯カメラは防犯対策に一定の助けとなりますが、設置場所と設置方法、定期的なメンテナンスが重要ですよ!

ではドアにかけるだけの防犯カメラはどのように取り付けると良いのでしょうか?

取り付け方法についてもご紹介していきますね。

防犯カメラをドアに取り付ける方法は?

防犯カメラをドアに取り付ける方法を解説!

ドアにかけるだけの防犯カメラは設置が簡単というメリットもありますが、その設置方法を間違うと防犯対策の効果が低下してしまう可能性がありました。

ここでは、ドアにかけるタイプの防犯カメラの設置方法について解説していきますね。

1.位置を決める

まず防犯カメラを取り付ける位置を選びます。

通常、ドアにかけるタイプの防犯カメラは玄関の上部に取り付けるのが一般的です。

これにより、訪問者の顔や身体を確実にキャプチャできますよ。

2.取り付け

次に決定した位置に防犯カメラを取り付けます。

多くの防犯カメラは、ビスやネジを使用してドアの上部に固定されますよ。

3.調整

防犯カメラの角度や設定を調整して、撮影範囲を最適化します。

これにより、訪問者をしっかりと捉えることができます。

玄関ドアにかけるだけのタイプの防犯カメラは、ドアの種類によって固定が難しい場合もあるので、商品を購入する前に自宅のドアに合うかどうかしっかりと確認しておいてくださいね!

防犯カメラ|ドアにかけるだけの簡単な防犯対策を詳しく解説!のまとめ

この記事では、玄関ドアにかけるだけや挟むだけで使える防犯カメラについてどんな種類のカメラがあるのか、また工事不要の簡単に設置できる防犯カメラでも防犯対策として効果があるのか?ドアにかけるだけの防犯カメラの設置方法について詳しくご紹介しました。

玄関のドアにかけるだけや挟むだけで取り付けられる工事不要の防犯カメラには、ワイヤレスドアカメラドアスコープカメラなどの種類がありました。

これらの簡単に設置できる防犯カメラでも①監視と録画、②証拠収集、③防犯意識の向上などの効果が期待されますよ。

しかし反対に、ドアにかけるだけの防犯カメラには①位置の重要性、②設置方法、③メンテナンスなどに注意が必要でした。

ドアにかけるだけの防犯カメラは設置が簡単ですが、その位置を決めたり、しっかりとカメラを固定して取り付ける必要もありますよ。

このように簡単にドアにかけるだけで活用できる防犯カメラもあるので、防犯対策の1つとして有効に利用してみてくださいね!