アルソック|セコムと料金を比較して選ぶポイントを徹底解説!

ALSOKとSECOMの違いとは?料金を比較して選ぶポイントを徹底解説! 住まいの防犯対策
記事内にプロモーションが含まれている場合があります。

ホームセキュリティ会社として有名なALSOK(アルソック)の利用料金はSECOM(セコム)と比較して高いのでしょうか?

ブンヤ
ブンヤ

そもそもホームセキュリティの料金は高いイメージがあるけど、費用を抑えて安心できるプランを選ぶにはどうすればいいのかな?

この記事では、アルソックやセコムなどのホームセキュリティサービスを料金で比較する際に注意するポイントアルソックやセコムのサービス内容や利用料金の違いを比較し、どんな人がそれぞれのサービスが向いているのか?またアルソックホームセキュリティをお得に利用する方法についてご紹介しています。

アルソックやセコムの違いを知って、ホームセキュリティ選びの参考にしてくださいね!

ALSOK(アルソック)やSECOM(セコム)などのホームセキュリティとは?

現代社会において防犯対策は企業だけでなく、一般家庭にとっても重要な課題の1つです。

そして家庭や個人の財産を守るために設計された警備システムのことをホームセキュリティと言い、侵入者の検知、火災の警報、緊急時の通報機能などが含まれていますよ。

そんな日本のホームセキュリティ市場において高いシェアを誇るのがALSOK(アルソック)SECOM(セコム)であり、この分野で最も信頼されている大手警備会社の一角を占めています。

アルソックやセコムなどのホームセキュリティ会社が提供するサービスはただ機械を設置するだけでなく、緊急時の対応も非常に重要であり、異常を感知した際に迅速に警備員を派遣するサービスの提供もしています。

ブンヤ
ブンヤ

いざという時のためにホームセキュリティを導入したいけど費用が高そうだし、アルソックかセコムかどっちが良いのか迷うね?

では次にアルソックやセコムなどのホームセキュリティサービスを選ぶ時、料金の比較だけでなく知っておくといいポイントについてご紹介しますね。

ホームセキュリティサービスの料金を比較する前に注意するポイント!

ホームセキュリティサービスの料金を比較する前に注意するポイント!

ホームセキュリティサービスを選ぶ際にはただ単に料金を比較するだけでなく、いくつかの重要なポイントを考慮する必要があります。

ここではホームセキュリティサービスの各社の料金を比較する前に注意するポイントについてご紹介しますね。

<ホームセキュリティサービスの料金を比較する際に注意すべきポイント>

①サービス内容の比較

②料金構成の確認

③契約期間と解約条件

④対応速度や対応エリア

⑤口コミと評判

⑥セキュリティのニーズに合わせる

ではそれぞれの注意点について解説していきますね。

①サービス内容の比較

まず各ホームセキュリティプランの提供するサービス内容を比較します。

例えばアルソックとセコムでは、セキュリティシステムの種類や機能、拠点数に違いがあるため、これらの違いがどのように自身の安全や利便性に影響を与えるかを理解することが重要です。

②料金構成の確認

ホームセキュリティの料金は月額や年間で発生する場合があるので、料金プランも詳細に確認しましょう。

例えばセコムとアルソックでは、月額料金や初期費用、必要に応じたオプションサービスの料金がそれぞれ異なります。

特に長期契約時の割引や特定のオプションを追加する際の追加料金など、総コストを把握するためには細部にわたるリサーチが必要となりますよ。

③契約期間と解約条件

ホームセキュリティの料金を比較する場合、契約期間や解約条件も確認しておきましょう。

例えば一部のプランでは契約期間が設定されており、早期解約には違約金が発生することがありますよ。

④対応速度や対応エリア

ホームセキュリティ各社の対応速度や対応エリアも重要な比較ポイントです。

警備員が異常を感知した場合にどれだけ迅速に駆けつけてくれるか、また自宅周辺に待機場所がどれだけあるかは、サービスの質を決定づけます。

日本の法律では警備員は通報から25分以内に到着する必要がありますが、実際には待機場所の近さがこれを左右するため、事前に確認しておくことが望ましいですよ。

⑤口コミと評判

実際に利用した顧客の評判や口コミなども、どこのホームセキュリティ会社を選択するのか重要なヒントになります。

各ホームセキュリティ会社の口コミや評判を調査して、サービスの質や信頼性を評価しましょう。

⑥セキュリティのニーズに合わせる

自分の家庭や生活スタイルに合ったセキュリティのニーズに合わせたプランを選びましょう。

例えば高齢の家族がいる場合は、特定の高齢者見守りサービスを提供しているかどうかが選定の決め手となるかもしれません。

高度なセキュリティが必要な場合と基本的なセキュリティで十分な場合では料金に違いが生じるので、各社のサービスの特徴を理解し自分や家族のライフスタイルに最適なセキュリティサービスを選びましょう!

ホームセキュリティサービスの比較は料金だけでなく、これらのポイントを考慮することで最適なプランを選択し、安全な生活を実現できますよ。

では実際にアルソックとセコムそれぞれのホームセキュリティサービスにはどんなサービス内容やどのような料金プランがあるのでしょうか?違いを見ながらご紹介していきますね。

ALSOK(アルソック)とSECOM(セコム)の違いを比較

ホームセキュリティサービスを比較する場合、それぞれのサービス内容の比較や料金プランを比較することが重要だとお伝えしました。

ここではALSOK(アルソック)とSECOM(セコム)のそれぞれの違いについて、サービス内容や料金プランを比較してご紹介していきますね。

アルソックとセコムのサービスとプラン内容の違い

【ALSOK(アルソック)の基本情報】

アルソックは、約2,400カ所の駆けつけ拠点を持つとされています。

またアルソックの2023年3月期の契約件数では、個人・家庭向けが47万3,188件、企業・法人向けに55万6,431件あり、機械警備業務合計は102万9,619件となっています。

【ALSOK(アルソック)のサービスとプランの内容】

アルソックでは一般家庭向けや店舗付きの住宅、集合住宅や空き家向けなどのホームセキュリティサービスが提供されており、それぞれのサービスは3つの料金プランから選ぶことができますよ。

<アルソックホームセキュリティサービスの一例>(2024年5月現在の情報)

HOME ALSOK Connect:戸建など一般家庭、一人暮らし向け

HOME ALSOK アパート・マンションプラン:集合住宅向け

HOME ALSOK るすたくサービス:長期不在の別荘や空き家の防犯対策や管理

HOME ALSOK みまもりサポート:高齢者の見守りサービス

そしてアルソックホームセキュリティでは以下の3つの料金プランが提供されています。

1.お買い上げプラン

このお買い上げプランではセキュリティ機器を購入します。

初期費用が発生しますが、月額料金は比較的低くなり、機器は10年間無料保証付きなので長期間安心して利用したい方に向いていますよ。

2.レンタルプラン

セキュリティ機器をレンタルするプランです。

初期費用は導入時の工事費のみなので低く、月額料金がやや高めになりますが、5年以内で住み替え予定などがある家庭に向いていますよ。

3.ゼロスタートプラン

ゼロスタートプランは初期費用が発生せず月額料金が高いプランになります。

セキュリティ機器はレンタルとなり初期のコストを抑え、短期間だけ利用したいという場合に向いているプランですよ。

アルソックホームセキュリティでは各サービスを各料金プランで利用することができるため、選ぶサービスや料金プランによってかかる費用が変わります。

【SECOM(セコム)の基本情報】

セコムは、約2,600カ所の駆けつけ拠点を保有しており、アルソックよりも多い全国的なネットワークを誇ります。

そして2023年9月末のセコムの契約件数は、個人・家庭向けが約156万件、企業・法人向けが約110万6,000件あり、国内の合計件数は約266万6,000件となり、アルソックよりも多くの契約数であることが分かります。

【SECOM(セコム)のサービスとプランの内容】

セコムホームセキュリティは、住居タイプや家族構成に合わせたプランやサービスが提供されています。

<セコムホームセキュリティのサービスプラン>(2024年5月現在の情報)

セコム・ホームセキュリティNEO:戸建て向けプラン

セコム・ホームセキュリティ スマートNEO:マンション・集合住宅向けプラン

セコム・ホームセキュリティ スマートNEO:親の見守りプラン

そして、セコムではそれぞれのプランに対して初期費用が安く月額料金が高めの「レンタル料金」と初期費用が高く月額料金が低めの「買い取り料金」の2つの料金プランが用意されていますよ。

アルソックとセコムの利用料金の違い

ここではアルソックとセコムのそれぞれのプランと利用料金の違いを比較してご紹介していきます。

(価格はすべて税込表示)

【戸建や一般家庭向けのサービス利用料金】

<HOME ALSOK Connect:ガードマンが自動で駆けつけるオンラインセキュリティの場合>

1.お買い上げプラン
・初期費用:318,450円{内訳57,750円(工事費)+260,700円(機器費)}
・月額料金:4,070円

2.レンタルプラン
・初期費用:57,750(工事費)※機器費なし
・月額料金:8,492円

3.ゼロスタートプラン
・初期費用:0円※工事費・機器費なし
・月額料金:9,460円

さらにアルソックでは一人暮らしでも気軽に利用できる月額990円の「セルフセキュリティ」という料金プランもありますよ。

<アルソック:困った時に駆けつけを依頼できる「セルフセキュリティ」プラン>

・初期費用:108,240円{内訳24,420(工事費)+83,820円(機器費)}
・月額料金:990円
※依頼駆けつけ料金 1回あたり11,000円

カオリ
カオリ

女性の初めての一人暮らしなどで気軽に活用できそうなプランね!

<セコム・ホームセキュリティNEO:戸建てプランの場合>

1.買い取り料金
・初期費用:413,270円(買取システム料金)
・月額料金:5,060円

2.レンタル料金
・初期費用:63,800円(工事費)と保証金20,000円
・月額料金:7,920円

【集合住宅向けのサービス利用料金】

<HOME ALSOK アパート・マンションプラン:2LDKの場合>

1.お買い上げプラン
・初期費用:183,139円{内訳35,519(工事費)+147,620円(機器費)}
・月額料金:3,300円

2.レンタルプラン
・初期費用:35,519(工事費)※機器費なし
・月額料金:5,841円

3.ゼロスタートプラン
・初期費用:0円※工事費・機器費なし
・月額料金:6,435円

<セコム・ホームセキュリティ スマートNEO:マンション・集合住宅向けプランの場合>

1.買い取り料金
・初期費用:173,910円(買取システム料金)
・月額料金:3,410円

2.レンタル料金
・初期費用:47,300(工事費)と保証金20,000円
・月額料金:4,950円

【親の見守りサービス利用料金】

<HOME ALSOK みまもりサポート>

1.お買い上げプラン
・初期費用:70,565円{内訳13,365円(工事費)+57,200円(機器費)}
・月額料金:1,870円

2.レンタルプラン
・初期費用:13,365(工事費)※機器費なし
・月額料金:2,838円

3.ゼロスタートプラン
・初期費用:0円※※工事費・機器費なし
・月額料金:3,069円

<セコム・ホームセキュリティ スマートNEO:親の見守りプランの場合>

1.買い取り料金
・初期費用:219,890円(買取システム料金)
・月額料金:3,410円

2.レンタル料金
・初期費用:48,400円(工事費)と保証金20,000円
・月額料金:5,060円

アルソックとセコムの高齢者向けの見守りサービスは、どちらも高いセキュリティを提供しているため選択の際には料金やサービスの細かな内容を比較することが重要です。

その中でも家族の居住地の近くのサービス拠点があることも選定のポイントになりますよ!

このように利用料金についてもそれぞれご紹介しましたが、アルソックとセコムを比較してどちらがどんな人におすすめなのか?詳しく解説していきますね。

ALSOK(アルソック)とSECOM(セコム)、どちらがベストなのか?

ALSOK(アルソック)とSECOM(セコム)の料金比較をご紹介しましたが、どちらを選ぶのかは、以下のポイントを考えることが重要です。

ALSOK(アルソック)の利用がおすすめの人

まずアルソックはゼロスタートプランなど始めやすい値段の設定があり、比較的リーズナブルな料金設定が魅力的です。

そのためコストを抑えつつ確かなセキュリティサービスを求めている方にアルソックはおすすめです。

またアルソックのサービスには、HOME ALSOK Connectなどの独自の技術が使用されており、テクノロジーを活用したセキュリティ対策を求める人にも適しています。

さらにアクセス可能な駆けつけ拠点も増えているため、地方にお住まいで駆けつけサービスの範囲内にある方にも良い選択と言えるでしょう。

\アルソックの無料資料請求はこちら/

SECOM(セコム)の利用がおすすめの人

セコムは料金が高めに設定されていますが、その充実したサービス内容と技術力で知られているので、セキュリティに関して特に高いレベルを求める方に適しています。

そしてセコムは約2,600カ所の待機場所があるため、迅速な対応を必要とするビジネス用途高セキュリティが必要な地域に住む方にもおすすめです。

またセコムホームカメラシステムなど、先進のセキュリティ技術を利用したい場合にもセコムが良い選択肢となるでしょう。

料金はやや高めですが、それに見合うサービスを受けることができるため、予算が許す方にはセコムの利用が適しています。

\セコムの無料資料請求はこちら/

ブンヤ
ブンヤ

アルソックはセコムと比べると料金的に導入しやすい面もあるけど、やっぱりホームセキュリティは高いと感じてしまうね・・・

ホームセキュリティは防犯対策以外にも安心・安全な住まいを実現するために有効であることは分かりますが、やはり毎月の費用も気になりますよね?

では次に、アルソックホームセキュリティを導入する際、利用料金を値引きしたりお得に導入する方法についてもご紹介しますね。

ALSOK(アルソック)ホームセキュリティをお得に利用する方法は?

ALSOK(アルソック)ホームセキュリティの料金を値引きする方法は?

ALSOK(アルソック)とSECOM(セコム)の利用料金比較をすると、導入についてはアルソックの方が始めやすい値段設定であることが分かりました。

しかし、さらにアルソックホームセキュリティの料金を値下げする方法はあるのか?お得に利用する方法を詳しく解説していきますね。

1.資料請求を利用する

アルソックの公式ウェブサイトで資料請求を行うことで、割引情報や特別プランを提供している場合があります。

資料を受け取ることで料金の割引情報やキャンペーン情報を得ることができるので、ぜひ利用してみてくださいね!

\アルソック公式ホームページで無料の資料請求をする!/

2.相見積もりを行う

アルソックやセコム以外にもセキュリティサービスを提供する会社は複数存在します。

アルソックと他の競合会社との相見積もりを行うことで、競争を活用して料金を削減することができますよ。

各社から提供される見積もりを比較し、最適な選択をすることが大切です。ただし、同席させずに個別にアポイントメントを取ることがマナーですよ。

3.長期契約で利用する

アルソックを導入する際、長期契約を結ぶことで月額料金の割引が適用されることがあります。

例えば、複数年契約を選択することで、通常よりも安価な料金設定がされる場合が多いです。

4.必要最低限のプランを選択する

アルソックは利用者のニーズに合わせてカスタマイズが可能です。必要最低限の機能だけを選ぶことで、余計なコストを削減し料金を抑えることができますよ。

具体的には、基本的な侵入警報のみを備えたプランや必要なセンサーを限定することで、オーダーメイドのセキュリティシステムを構築できます。

5.定期的に必要なセキュリティ対策を見直す

またホームセキュリティをお得に利用するには、定期的な見直しも重要です。

生活環境の変化に合わせてセキュリティのニーズが変わることも考えられるため、定期的にプランや機器の調整を行い、無駄な部分を省くことでコスト削減ができる場合がありますよ。

こうした複数の方法を組み合わせることで、アルソックのホームセキュリティをより手頃な価格で利用することが可能となります。

セキュリティの質を落とさずにコストを抑えたい場合は、ぜひ試してみてくださいね!

アルソック|セコムと料金を比較して選ぶポイントを徹底解説!のまとめ

この記事では、アルソック(ALSOK)やセコム(SECOM)などホームセキュリティサービスを料金で比較する際の注意点とアルソックやセコムのサービス内容や利用料金の違いを比較し、どんな人が各サービスに向いているのか?またアルソックホームセキュリティをお得に利用する方法についてご紹介ました。

アルソックとセコムの主な違いは待機拠点数や契約件数、料金設定、提供する機器の種類にあります。

セコムはより多くの契約件数と拠点数を誇る一方で、アルソックは料金面で優位性がありますよ。

また各社の提供する具体的なサービス内容も異なり、ユーザーのニーズに応じて選ぶ必要があります。

ホームセキュリティを導入する際は、値段だけでなく防犯対策してしっかりと機能するかどうかも重要でした。

ご自身のセキュリティニーズや予算、住んでいる地域の犯罪率、家の構造など、多岐にわたる要素を検討するようにしましょう。

アルソックホームセキュリティを導入する際は、資料請求で割引情報や特別プランをチェックしたり、他の会社の相見積もりを利用することも有効です。

ホームセキュリティは、日常生活において安心かつ安全な環境を守るための重要な投資です。

しっかりとご自身のニーズを満たしたサービスを選択してくださいね。