防犯スプレー|代用に使える物や自作方法を徹底解説!

防犯スプレー|代用に使える物や自作方法を徹底解説! 防犯グッズ
記事内にプロモーションが含まれている場合があります。

防犯スプレー(催涙スプレー)を護身用に持ち歩く場合、正当な理由がないと法律に触れる可能性もあります。

カオリ
カオリ

防犯スプレーの代わりになるようなものは何があるのかな?殺虫剤は変わりに使って大丈夫なのかしら?

この記事では、防犯スプレー(催涙スプレー)の代用品として使えるもの利用時の注意点、自作する方法などをご紹介しています。

防犯スプレーの代用として使おうと思っても危険な場合もあるので、しっかりと確認しておきましょう!

防犯スプレー(催涙スプレー)の代用になるものは?

防犯スプレー(催涙スプレー)の代わりになるものを解説!

護身用のための防犯グッズとして防犯スプレー(催涙スプレー)が販売されていますが、その持ち歩きには注意も必要です。

特に正当な理由がなく持ち歩く場合は「軽犯罪法」に触れる可能性があります。

しかし、護身用に防犯グッズを持っていたいという人も多いかと思いますのでここでは防犯スプレー(催涙スプレー)の代用となるようなものをご紹介していきますね。

防犯スプレーの代用品となるもの

①ヘアスプレー

②トイレの除菌スプレー

③コショウやトウガラシ・塩などの粉末

それぞれの防犯スプレーの代用品について解説していきますね。

①ヘアスプレー

ヘアスプレーは一般的に持ち運びが簡単であり、持ち歩いていても違和感を与えることが少ないです。

そんなヘアスプレーでも相手の顔に噴霧することで目に刺激を与えることができます。

そのため、危険な状況に遭遇した際の万が一の備えとしてヘアスプレーは一定の効果が期待できますよ。

②トイレの除菌スプレー

トイレの除菌スプレーも噴霧することで相手の目に刺激を与えるため、防犯スプレーの代用品として使用することができます。

持ち歩きも可能であり、いざという時の時間稼ぎとして効果的な代用品となりますよ。

③コショウやトウガラシ・塩などの粉末

コショウやトウガラシ・塩などの粉末は、目に入ると刺激を与える効果があります。

これらを相手の方向に投げることで、一時的に相手の動きを制限することができますよ。

カオリ
カオリ

殺虫剤も威力は強力そうだけど、防犯スプレーの代用品として使えないのかしら?

防犯スプレー(催涙スプレー)の代わりに殺虫剤は効果あるの?

防犯スプレー(催涙スプレー)の代用品としてヘアスプレーやトイレの除菌スプレーが使えるなら、殺虫剤もスプレータイプは利用できそうですがどうなのでしょうか?

防犯スプレー(催涙スプレー)の代わりに殺虫剤を使用することは一般的ではありませんが、一時的な対処法として考えられる場合もありますよ。

殺虫剤のメリットとしては、殺虫剤の成分によっては目や粘膜に刺激を与え、相手の行動を一時的に制限する効果があります。

しかし注意点として、殺虫剤は本来、害虫駆除などの目的で使用されるものであり、人間に向けて使用することは法的に制約がある場合がありますよ。

また殺虫剤を人間に使用することは法的に問題があるだけでなく、相手に深刻な健康被害を引き起こす可能性があります。

したがって、防犯目的での使用は推奨されません。

殺虫剤を防犯目的に持ち歩き、使用するのは危ないのでやめておきましょうね!

これらの代用品は防犯スプレー(催涙スプレー)と同等の効果が期待され、身近に手に入りやすく、緊急時の備えとして利用することができますが使用上には注意点もありますよ。

次に、防犯スプレー(催涙スプレー)の代用品を使用する際の注意点についてもご紹介しますね。

防犯スプレー(催涙スプレー)の代用品を使用する時の注意点は?

防犯スプレー(催涙スプレー)の代用品を使用する時の注意点を解説!

防犯スプレー(催涙スプレー)の代用品を使用する際にはいくつかの注意点がありますので、詳しく解説していきますね。

1.目的の理解

防犯スプレーの代用品を使用する際には、その目的を理解しておくことが重要です。

催涙スプレーは不審者に対する目潰しのために設計されていますが、代用品の場合は元々の効果や使用方法が異なる場合がありますよ。

2.法的制約

一部の防犯スプレーの代用品を使用することには法的に問題がある場合があります。

例えば、市販のスプレーを不正な目的で使用することは違法とされることがあるため使用する前に関連する法律や規制を確認しましょう

3.安全性の確保

防犯スプレーの代用品を使用する際には、自身や他人への安全を確保するために慎重に行動しましょう。

特に密集した環境や密閉された空間などでは、周囲の人々や環境への影響を考慮することが重要です。

4.正しい使用法の確認

防犯スプレーの代用品を使用する際には、正しい使用法を確認しましょう。

代用品のスプレーの場合、距離が離れていると相手に噴霧が届かず刺激を与える効果が期待できません。

適切な距離などを理解し、適切に使用することで効果的な防犯対策が可能となりますよ。

5.非常時の対応策

防犯スプレーの代用品を使用する際には、万が一事態が悪化した場合の対応策を考えておくことが重要です。

周囲の人々や自身の安全を最優先に行動しましょう。

あくまでも防犯スプレー(催涙スプレー)ではなく代用品であるので、これらの注意点を踏まえて、適切に使用することが重要ですよ。

では次に、自分で防犯スプレー(催涙スプレー)の代用品を作る場合の方法についてもご紹介しますね。

防犯スプレー(催涙スプレー)の代用品を自作する場合は?

防犯スプレー(催涙スプレー)の代用品を自作する方法を解説!

防犯スプレー(催涙スプレー)の代用品についてはヘアスプレーやトイレの除菌スプレーなどをご紹介しましたが、自分で代用品を作ることも可能です。

その中でも手軽に自分で作れる代用品には、ショウやトウガラシなどの粉末を利用して自作する方法がありますよ。

コショウを振りかけすぎてくしゃみが出る経験をしたことがある人もいるかと思いますが、コショウには目や鼻に刺激を与える効果があります。

またトウガラシにはカプサイシンという主成分があり、粘膜に触れると強力な痛みや灼熱感を引き起こしますよ。

※催涙スプレーは主にこのトウガラシ成分を使用されています

これらの粉末を組み合わせて小さなビンなどに入れておくことで、万が一の時に相手の顔めがけてふりかけ、ひるませて時間を稼ぐことができます。

カオリ
カオリ

コショウやトウガラシは調味料だから、持ち歩いていても問題はないわね。

ただし、コショウやトウガラシの粉末でも本当に必要な時以外に使用してしまうとトラブルを引き起こす可能性があります。

このような防犯スプレーの代用品を使用する際は、常に法的な規制を遵守し、他者への配慮を忘れないようにしましょう!

防犯スプレーなどの護身用グッズは持ち歩きに注意が必要なので、その他の防犯グッズも参考にしてくださいね!

参考記事

◆女性向けのおすすめ防犯グッズについて『女性の防犯|おすすめグッズ12選と失敗しない選び方を解説!』で詳しくご紹介しています。

防犯スプレー|代用に使える物や自作方法を徹底解説!のまとめ

この記事では、防犯スプレー(催涙スプレー)の代用品についてや代用品を利用する時の注意点、自作方法などをご紹介しました。

防犯スプレーの代用品となるものには①ヘアスプレーや②トイレの除菌スプレー、③コショウやトウガラシ・塩などの粉末などがありました。

それぞれ身近に手に入りやすく、持ち歩きも問題ありません。

しかし殺虫剤を防犯スプレー(催涙スプレー)の代わりに使用する場合、相手の健康被害を引き起こす可能性もあり注意が必要です。

防犯スプレーの代用品を使用する場合は、あくまでも本来の使い方とは違うことを理解し、適切に使用することが重要です。

また自宅の物を使用し手軽に自分で作る代用品としては、コショウやトウガラシなどの粉末を利用することができます。

これらの粉末は目や鼻に刺激を与えることで相手をひるませることができ、防犯対策としても効果が期待できますよ。

防犯スプレーの代わりとなるものは様々ありますが、使う時は周囲にも配慮して安全に使用してくださいね!