防犯カメラ|選び方ガイド!屋外や屋内のおすすめ商品も紹介!

防犯カメラ|選び方ガイド!屋外や屋内のおすすめ商品も紹介! 防犯グッズ
記事内にプロモーションが含まれている場合があります。

防犯カメラには様々な種類のカメラや機能があり、屋内用や屋外用でも製品に違いがあります。

ブンヤ
ブンヤ

種類がたくさんありすぎて、どんな防犯カメラが良いのか選ぶのが難しいよね?

この記事では、防犯カメラの種類や機能防犯カメラ設置の必要性や設置方法価格の相場や運用費用、そして防犯カメラの選び方と、おすすめの屋内・屋外用の防犯カメラをご紹介しています。

防犯カメラを選ぶ際のお悩み解決の参考にしてくださいね!

防犯カメラにはどんな種類や機能があるの?

防犯カメラには様々な種類と機能があり、使用する用途によっても選択が異なります。

まずは防犯カメラの主要な種類と機能についてご紹介しますね。

防犯カメラの種類や機能を解説!

防犯カメラの種類

1.ドーム型の防犯カメラ

球形のカバーに収められた防犯カメラで、360度の視野を持ち広範囲の監視に適しています

死角が少なく、外見から防犯カメラと目立ちにくいため家庭だけでなく店舗やオフィスなどでも利用されやすいですよ。

2.バレット型の防犯カメラ

外見が筒状のような防犯カメラで、屋外での使用にも適しており一般的に防水仕様です。

同じような外観をしたボックス型の防犯カメラもありますが、ボックス型ではカメラの本体とレンズが別々になっているという違いがありますよ。

3.ワイヤレス(Wi-Fi)の防犯カメラ

ワイヤレスは配線が不要なため設置が非常に簡単な防犯カメラで、無線ネットワークを通じて映像を転送します。

工事費がかからないため導入しやすい防犯カメラでもあります。

4.隠しカメラ

一般的に小型で目立たないカメラを使用し、監視を目的とした隠した設置に使用されます。

防犯カメラの種類にはこのような形状の違いや有線・無線など様々な種類があり、またそれぞれに搭載された機能にも違いが見られますよ。

では次に、防犯カメラに見られる一般的な機能を以下にご紹介しますね。

防犯カメラの機能

1.遠隔監視

防犯カメラの映像をインターネット経由で、遠隔からライブ映像として閲覧できる機能がありますよ。

この遠隔監視は、パソコンやスマホ・タブレットなどのデバイスを使用し、専用のアプリやウェブブラウザを通じてカメラにアクセスします。

また一部の防犯カメラは、遠隔からカメラの角度やズームを調整できる遠隔操作機能も備えていたり、動体検知や異常が検出された場合に遠隔から通知を受ける通知機能遠隔から録画を開始または停止できる場合もありますよ。

2.動体検知

動体検知は防犯カメラの重要な機能で、動きを感知して録画を開始したり、アラートを発する機能などがあります。

この動体検知は、不正侵入や異常なアクティビティを検出するのに役立ちます。

また動体検知機能付きの防犯カメラは常に録画されず、動きがある場合のみ録画またはアラートを生成するため、無駄な録画容量を削減し、重要な瞬間をキャッチすることができます。

3.夜間監視

防犯カメラの夜間監視は、暗い環境で効果的に監視を行うための重要な機能です。

夜間監視には通常、赤外線(IR)暗視機能が使用されます。

防犯カメラは人間の目には見えない赤外線光を発射し、それを反射して物体を捉えるため暗闇でも映像を生成できますよ。

赤外線暗視機能があれば、昼夜を問わず暗い場所で高品質の映像を提供します。

ただ赤外線暗視カメラを選ぶ際には、赤外線の照射距離や解像度などを考慮することが重要ですよ。

4.音声録音

防犯カメラの音声録音は、監視カメラに音声を記録できる機能です。

音声録音はビデオ映像に加えて環境の音声も記録するため、監視対象の行動や出来事の詳細な解析に役立ち、不正侵入や事件の際に声の証拠を提供することができ、警察や法執行機関に有用な情報を提供しますよ。

ただし音声録音はプライバシー問題を引き起こす可能性があるため、法的な規制に従う必要があります。

5.顔認識

防犯カメラの機能にある顔認識は、カメラが映像から人の顔を自動的に識別し、その顔に関する情報を取得する技術です。

防犯カメラは映像中の人物の顔を検出し、目、鼻、口などの特定の部位の位置やパターンなど顔の特徴を抽出します。

抽出された特徴はデータとして保存され、将来同じ人物の顔を識別するなど比較のために使用されますよ。

顔認識はセキュリティや監視の分野で広く活用されてきており、許可された人物のみが特定の場所にアクセスできるようにする、不審者の検出、出入り記録の作成などに役立ちます。

これらは一般的な防犯カメラの種類と機能ですが、製品によって異なることがあります。

そのため防犯カメラを選択する場合、設置場所や目的に合った製品を選びましょう!

屋内用と屋外用の防犯カメラの違いは?

防犯カメラを設置する場合、屋内や屋外といった環境が違う場合があります。そんな環境が違う屋内や屋外では防犯カメラには違いがあるのでしょうか?

屋内用と屋外用の防犯カメラにはいくつかの重要な違いがあるので、以下に分かりやすく解説していきますね。

1.耐候性と耐久性の違い

屋外用防犯カメラ

屋外用の防犯カメラは屋内よりも過酷な自然環境にさらされるため、防水性や耐久性が高い設計となっています。

雨、雪、風、紫外線などに対して耐性があり、外部での長期運用に適していますよ。

屋内用防犯カメラ

屋内用の防犯カメラは通常、室内の制御された環境下で使用されるため、耐候性や耐久性の要件は低い場合が多いです。

そのため、屋内用カメラは屋外の要件を満たす必要がありませんよ。

2.昼夜機能の違い

屋外用防犯カメラ

屋外用の防犯カメラは、夜間にも優れた映像を提供するために、赤外線(IR)照明や低照度での映像キャプチャなどの夜間撮影機能を搭載することが一般的です。

屋内用防犯カメラ

屋内用の防犯カメラは通常、明るい照明下での映像キャプチャに特化しており、夜間の撮影用の機能が制限されていることがありますよ。

3.設置場所とデザインの違い

屋外用防犯カメラ

屋外用の防犯カメラは外部に設置され、通常、耐候性を保つために防水ケースや防犯ボックスに収められます。

頑丈であることが優先され、見た目からも防犯目的を強調することが一般的です。

屋内用防犯カメラ

屋内用の防犯カメラは通常、壁や天井に設置されデザインがスッキリしていることが一般的です。

防犯カメラの外観は一般的に洗練され、防犯の要件よりも視覚的な調和を考慮しています。

このように屋外用と屋内用では防犯カメラの設置環境や利用目的が違うので、特徴も異なっていますよ。

これらの違いを考慮して、適切な環境に合った防犯カメラを選択しましょう!

では次に、なぜ防犯カメラを設置する必要があるのか?防犯カメラ設置の重要性やメリットについてもご紹介しますね。

防犯カメラの設置はなぜ必要なの?

防犯カメラの設置が必要な理由を解説!

防犯カメラには屋内用や屋外用、また様々な種類や機能がありました。

そんな防犯カメラを適切な場所に設置することには多くのメリットがありますよ。

以下に、防犯カメラの設置の必要性とメリットを詳しくご紹介しますね。

①犯罪の抑止力になる

まず防犯カメラは犯罪行為を抑制する効果があります。犯罪者はカメラが設置されている場所での犯罪行為をためらう傾向があり、窃盗・不正侵入・破壊行為などの犯罪の発生率が低下しますよ。

②犯罪の記録と証拠

防犯カメラは犯罪が発生した際に証拠を提供し、犯罪者の特定や警察の捜査を助けます。また防犯カメラで録画された映像は法的な証拠として利用でき、犯罪者の逮捕や告訴につながりますよ。

③監視とリアルタイムでの警告が可能

現代の防犯カメラはスマート機能を備え、リアルタイムで監視し、警告を発信することもできます。

不審な活動が検出された場合、オーナーに通知を送り、即座に対処する機会を提供することもできますよ。

④労働安全と管理

防犯カメラは防犯対策だけでなく、職場の安全を確保し労働者と資産を保護することにも役立ちます。

事故やトラブルの記録として使用され、労働環境の向上に寄与しますよ。

⑤家庭の安全

家庭に防犯カメラを設置することで、家族や財産を保護することにも役立ちます。家庭用の防犯カメラの場合は、不審者や不法侵入者の監視だけでなく子供や高齢者の見守りにも有用ですよ。

⑥平和な環境の促進

公共の場での防犯カメラの設置は地域社会全体に平和な環境を促進します。住民が安全を感じることで、コミュニティの生活の質も向上しますよ。

このように防犯カメラは犯罪防止と安全確保に不可欠であり、その設置には多くのメリットがありますよ。

では次に、防犯カメラの設置方法や設置する際に確認することなどをご紹介していきますね。

防犯カメラの設置方法について確認すること

防犯カメラを設置することは、家庭や職場さらには地域社会の安全の向上にも繋がりました。

そんな防犯カメラを活用するためには、設置は正確に行う必要があります。

ここでは防犯カメラを設置する前に確認すべきポイントについてご紹介しますね。

防犯カメラの設置方法について確認することを解説!

<防犯カメラの設置について確認するポイント>

①法規制の確認

②設置場所の選定

③電源と配線

④固定方法

⑤防犯カメラの設置高さと角度調整

⑥設置環境の耐性

⑦録画装置

⑧セキュリティ対策

⑨設置後のテスト

それではそれぞれの確認するポイントについて解説していきますね。

①法規制の確認

防犯カメラの設置には「個人情報保護法」などの法的規制に注意する必要があります。

プライバシーに関連する規制にも留意し、設置前に規制を確認し遵守するように心がけましょう

②設置場所の選定

防犯カメラの設置場所を選ぶ際には、撮影範囲や視野角を考慮し重要なエリアや出入り口をカバーすることが重要です。

③電源と配線

防犯カメラは電源供給が必要です。設置場所に電源があることを確認し、必要な配線工事を行いましょう。

④固定方法

防犯カメラをどのように取り付けるか固定方法を考えます。壁面への取り付けやポールへの設置など、固定方法を選びましょう。

⑤防犯カメラの設置高さと角度調整

防犯カメラの設置高さや角度を正確に調整し、撮影範囲を最適化します。これにより、映像の品質と有用性が向上しますよ。

⑥設置環境の耐性

屋内用と屋外用の防犯カメラは異なる耐候性を持っています。設置環境に合った防犯カメラを選び、耐久性を確保しましょう。

⑦録画装置

基本的には防犯カメラ映像を記録するために録画装置が必要です。適切な録画装置を設置し、データの保管とアクセスを確保しておきましょう。

⑧セキュリティ対策

防犯カメラへのアクセスを保護し、不正利用を防ぐためのセキュリティ対策を施しましょう。パスワードの強化やセキュリティソフトウェアの使用が重要ですよ。

⑨設置後のテスト

防犯カメラを設置した後、正常に動作するか確認しておくことも重要です。映像品質、録画機能、通信などをテストしてトラブルを事前に解決しておきましょう。

これらのポイントを確認し、慎重に防犯カメラを設置することで、効果的なセキュリティ対策を実珵することができます。

また必要に応じて専門家のアドバイスを受けることもおすすめですよ!

では次に、防犯カメラの価格や費用面について確認することをご紹介していきますね。

防犯カメラの価格や費用について確認すること

防犯カメラの設置する際に確認するべき事項についてご紹介しましたが、防犯カメラの価格や運用する費用はどのくらいかかるのでしょうか?

ここでは、防犯カメラの価格の相場運用にかかる費用について考慮すべき点をご紹介しますね。

防犯カメラの価格や費用について確認することを解説!

1.防犯カメラ本体の価格

防犯カメラの価格は様々で、性能や機能によって異なります。

 防犯カメラの参考価格】

屋外用の防犯カメラ:1万円から数万円台まであり。高性能なカメラは5万円以上。

屋内用の防犯カメラ:1万円から2万円台まで。特殊機能を備えたモデルは高価。

ドーム型カメラ:1万円から3万円台まで。設置場所によって価格が変動する。

ワイヤレス防犯カメラ:1万円から3万円台まで。ワイヤレス機能を備えたカメラは通信範囲によって価格が変わる。

PTZカメラ(パン・チルト・ズーム機能付きカメラ):5万円以上。遠隔操作やズーム機能を備えた高性能モデル。

これらの価格はカメラの解像度、防水性能、視野角、夜間撮影能力などの要因に影響されるためあくまでも参考価格です。

もちろんもっと安い防犯カメラもありますが、あまり性能や機能が劣る製品は防犯対策としての効果にも不安があるので慎重に選んでくださいね!

2.防犯カメラの設置費用

一般的には防犯カメラを設置するために電気工事や配線が必要です。設置業者によって料金が異なるため、複数の業者から見積もりを取りましょう

参考記事

◆防犯カメラの設置費用はどこに頼むのがお得なのかおすすめの防犯カメラ設置業者など『防犯カメラ|設置費用はどこに頼むのがお得なのか最適解は?』で詳しくご紹介しています。

3.録画装置

防犯カメラの映像を記録するためには録画装置が必要です。録画装置の価格も予算に含める必要がありますよ。

4.保守・メンテナンス費用

防犯カメラの保守や定期的なメンテナンスにかかる費用を予算に含めることが重要です。

5.モニタリングサービス

一部の防犯カメラシステムにはリモートモニタリングサービスが含まれていることがあります。このサービスにかかる費用を確認しましょう。

6.補助金・助成金

各地域や自治体によっては防犯カメラの設置に補助金や助成金が提供されることがあります。補助金の対象条件や額を確認し、利用できる場合は活用しましょう。

7.ランニングコスト

防犯カメラの運用には電力消費やデータストレージにかかるランニングコストがあります。これらの費用を見落とさないようにしましょう。

8.設置後の保証

防犯カメラやシステムには保証期間があります。保証内容と期間を確認し、必要であれば拡張保証を検討することも考慮しますよ。

このように防犯カメラの価格や設置費用は多岐にわたります。

複数のメーカーやモデルを比較し、コストと性能のバランスを考慮して選択しましょう!

これらの要点を検討することで、防犯カメラの総合的な価格と費用を明確にし、適切な予算を立てることができますよ。

では次に、どのように防犯カメラを選ぶといいのか?防犯カメラの使用目的別の選び方についてご紹介しますね。

\防犯カメラの設置に迷ったら!おすすめの業者比較サイト/

比較サイトで自分に合った防犯カメラの設置業者を簡単に比較してもらいましょう!

参考記事

◆防犯カメラ比較サイトでおすすめ『防犯カメラ一括.jp|評判や料金からその魅力を徹底解説!』で詳しく利用者の評価をご紹介しています。

目的に合わせた防犯カメラの選び方

防犯カメラにはカメラ本体以外にも設置費用やランニングコストなどもかかるため、総合的に費用を考慮する必要がありますよ。

そして費用を賢く抑えるためには、使用目的に合わせて適切なカメラを選ぶことが重要になります。

ここでは、防犯カメラの使用目的別の選び方を詳しく解説しますね。

目的合わせた防犯カメラの選び方について解説!

防犯目的の選び方

目的:空き巣や侵入窃盗の防止
選び方:高解像度の防犯カメラで顔や車のナンバープレートを明瞭に記録できるモデルを選びましょう。

目的:不審者を特定することが主要
選び方:高解像度、ズーム機能のある防犯カメラを選択すると役立ちます。

目的:不正行為の監視や証拠収集
選び方:高解像度、録画機能が強化されたモデルの使用が推奨されます。

見守り目的の選び方

目的:家族や高齢者の見守り
選び方:広い視野角を持つ防犯カメラや音声機能があるモデルを選び、モバイルアプリでリアルタイム監視できると便利ですよ。

店舗・オフィスのセキュリティ目的の選び方

目的:店舗やオフィスのセキュリティ強化
選び方:屋内用の防犯カメラで広角レンズ、夜間撮影能力が高いモデルを選択しましょう。

屋外監視目的の選び方

目的:屋外の広範囲監視
選び方:屋外用の防犯カメラで防水・耐候性があるモデルを選びます。遠隔操作が可能なPTZカメラを検討するのもいいでしょう。

特殊用途の選び方

目的:特殊な要件に合わせた用途
選び方:特殊な環境に合った防犯カメラ、例えば隠し撮り用の小型の監視カメラや犯罪抑止のためのダミーの防犯カメラなどもありますよ。

防犯カメラの使用目的に応じて、解像度、視野角、カメラの形状、耐候性、遠隔操作などの機能を検討しましょう!

選択に迷ったら専門家のアドバイスも役立ちますよ。

では具体的にどんな防犯カメラがおすすめなのか、用途別のおすすめの商品をご紹介しますね。

おすすめの防犯カメラを紹介!

ここまで防犯カメラの種類や機能から設置の必要性と設置する際に確認するポイント、防犯カメラにかかる費用や選び方などをご紹介しました。

ここでは具体的にどんな防犯カメラがおすすめなのか各用途に沿ったおすすめの防犯カメラをご紹介しますね。

防犯カメラ:家庭用のおすすめは?

家庭用の防犯カメラは不審者の検知だけでなく、子供や高齢者、ペットの監視などができるタイプもあり、屋内の監視やセキュリティ対策に向いています。

また、設置も簡単にできるタイプが人気ですよ。

\家庭用防犯カメラの参考商品『SwitchBotの見守りカメラ』/

SwitchBotの見守りカメラには以下の特徴がありますよ。

360°高画質の視野:この見守りカメラは全方位をカバーし、1080PフルHDの高画質で広い視野を提供します。

CMOSイメージセンサーと高光感度レンズ高性能なイメージセンサーと高感度レンズを使用し、暗い場所でもクリアな映像をキャプチャします。

・プライバシー保護:プライバシーモードをオンにすることで、カメラを無効化し、プライバシーを守ります。

・アレクサに対応:アレクサへの声かけで動作を起動したり、双方向音声会話が可能です。

・遠隔確認とアラート:外出中でもリアルタイムで家の状態を確認し、動きを検知するとスマホにアラートを受け取ります。

・高画質ナイトビジョン:暗闇でも鮮明に撮影し、夜間の監視が可能です。

・SwitchBot製品と連携:開閉センサーと協力し不審者を検知した場合、カメラが自動的に設定したポイントに向け追尾できます。

・データの保存:録画データはmicroSDカードまたはクラウドに保存し、いつでも再生できます。

参考価格 4,780円(税込)

SwitchBotのその他商品も多数!詳しくは公式サイトにてご確認ください。

防犯カメラ:屋内の日本製のおすすめは?

\家庭用で日本製防犯カメラの参考商品『パナソニックの屋内HDカメラ』/

日本製であるPanasonic(パナソニック)の屋内HDカメラKX-HRC100には以下の特徴がありますよ。

・無線LANでの簡単設置が可能。

・広い画角で、お部屋全体やペット、子供の活動の監視が可能。

・200万画素フルHDと広角レンズにより、室内全体をクリアに表示(水平約118°の広角レンズ)

・タイムラプス機能で1日の出来事を高速再生して見ることができる。

・動作、温度、音の検知機能でスマホに通知が来る。

・部屋が暗い場合は、赤外線LEDを自動点灯させるナイトモード搭載。

・スマホからの声掛けや、カメラ側からも会話が可能。

参考価格 9,661円(税込)

防犯カメラ:屋外用のおすすめは?

屋外用の防犯カメラは屋外のセキュリティや周辺の監視向けに設置されるため、防水・耐久性があり、広い視野をカバーする製品が適しています。

\屋外用の防犯カメラの参考商品『マザーツールの屋外カメラ』/

マザーツールMTW-SD02FHDの屋外カメラには以下の特徴がありますよ。

・SDカードレコーダーが組み込まれており、監視と録画を同時に行えます。

・簡単な設置で本格的な防犯が可能で、録画はH.264方式を使用しフルHD(1080p)画質で記録します。

・予約録画や動作検知にも対応しており、パスワード保護と自動上書き録画機能が付いています。

・バリフォーカルレンズ(2.8~12mm)を備えており、幅広い距離から撮影できます。

・最低照度0.01Luxまで対応し、暗い場所での白黒撮影も可能です。

・夜間には赤外線ライトを使用して最長30mまでの距離で白黒撮影ができます。

・防水規格IP66に準拠しており、屋外に設置できますが、暗所での撮影距離は半分程度に制限されます。

参考価格 56,000円(税込)

防犯カメラ:屋外用で工事不要のおすすめは?

\屋外用で工事不要の防犯カメラの参考商品『SwitchBotの屋外カメラ』/

SwitchBotの屋外カメラには以下の特徴がありますよ。

・AI人体・ペット検知機能:カメラはAI技術とPIRセンサーを活用して、人とペットを正確に検出し、動きを感知します。

・1080P HD高画質のナイトビジョン:カメラは高品質なナイトビジョンを提供し、暗い環境でも鮮明な映像をキャプチャします。

・遠隔確認&双方向音声通話:スマホを介して遠隔で庭の状況を確認し、双方向の音声通話も可能です。

・アレクサとの連携:カメラはアレクサと連動し、声コマンドで操作でき、庭の出来事をリアルタイムで監視できます。

・大容量バッテリー:10000mAhのバッテリーを搭載し、長時間の稼働が可能です。また、防水・防塵設計で屋外での使用に適しています。

・SwitchBotシリーズとの連携:他のSwitchBot製品と組み合わせて使用し、セキュリティ対策や便益の向上に役立ちます。

参考価格 11,980円(税込)

SwitchBotの防犯カメラの利点は、SwitchBotのその他のスマート家電と組み合わせてスマートホーム化できる点ですよ!

※スマートホームとは、家庭内の電子機器や家電製品を、インターネットを介して接続しリモート制御できる仕組みです。
外出先から家の照明や温度設定を調整したり、帰宅時に玄関の照明が自動的に点灯するなど予め設定された条件に応じて自動的なアクションを実行するなど生活をより快適にし、便益を提供してくれますよ。

SwitchBotの製品をさらに詳しく知りたい場合は公式サイトをご覧ください。

防犯カメラ|選び方ガイド!屋外や屋内のおすすめ商品も紹介!のまとめ

この記事では、防犯カメラの種類や機能、防犯カメラ設置の必要性や設置方法、価格の相場や運用費用、そして防犯カメラの選び方と、おすすめの屋内・屋外用の防犯カメラをご紹介しました。

防犯カメラには、ドーム型やバレット型、ワイヤレスなど種類があり、それぞれ搭載されている機能も異なります。

屋内用や屋外用でも耐候性や耐久性、昼夜機能などに違いがあるためそれぞれ目的に沿った防犯カメラを選ぶ必要がありますよ。

また防犯カメラを設置することで、犯罪の抑止や証拠の確保、家庭や職場さらには地域社会の安全の向上にも繋がります。

そんな防犯カメラを効果的に活用するためには、設置は正確に行う必要があり、他人のプライバシーにも配慮をする必要がありますよ。

さらに防犯カメラにかかる費用としては、防犯カメラ本体の価格以外にも設置にかかる費用や運用費用などが追加されます。

それらの予算も含め、自分の使用用途に合った防犯カメラを選択することが重要です。

この記事では、家庭用(屋内)や屋外用のおすすめの防犯カメラもご紹介していますが、その他にも様々な種類の防犯カメラがあります。

防犯カメラを選ぶ場合、まずはどんな目的で使用したいのかを明確にして目的にあった種類のカメラを探してみましょう。

専門家にアドバイスを求めることも1つですよ!