防犯カメラ|SDカード保存のメリットや注意点を徹底解説!

防犯カメラ|SDカード保存のメリットや注意点を徹底解説! 防犯グッズ
記事内にプロモーションが含まれている場合があります。

防犯カメラの録画方法としてSD カードを利用する場合、どんなメリットや注意点などがあるのでしょうか?

ブンヤ
ブンヤ

SDカードでの保存だと便利そうだけど、抜き取られるというリスクもあるのかな?

この記事では、防犯カメラのSDカードを利用する保存方法についてメリットやデメリットと注意点使用するSD カードの種類や容量と録画時間の関係についてご紹介しています。

防犯カメラには様々な録画方法がありますが、SD カードを利用する場合の参考にしてくださいね。

防犯カメラの録画方法にSDカードを使うメリットは?

防犯カメラを選ぶ際、映像の録画方法によってもどんな防犯カメラを選ぶのかが異なります。

防犯カメラの映像を録画する方法には様々ありますが、どんな方法があるのかまずはご紹介しますね。

防犯カメラの録画方法は?

防犯カメラの録画方法にSDカードを使うメリットを解説!

防犯カメラの録画方法には、SDカードで録画するもの、ハードディスクに録画するもの、クラウド上に録画するものなどがありますよ。

HDD(ハードディスクドライブ)への録画

一般的には専用のハードディスクドライブ(HDD)に映像データを保存することが多く、大容量のデータを長期間保存できるのが特徴です。

しかし、HDDへの録画には防犯カメラとHDDを接続するための録画装置が必要で、さらに電源供給やそれぞれを接続するケーブルなどが必要となります。

SDカードへの録画やクラウド上へ録画する場合、そのような物理的な配線の問題が解決するメリットがありますよ。

クラウド上への録画

クラウド録画は、映像データをオンラインのクラウドサーバーに保存する方法です。

クラウド録画を利用すると、いつでもどこからでもネットワーク経由で防犯カメラの映像にアクセスでき、スマホやコンピュータを使用して、遠隔から映像を確認できますよ

ただし、利用の際にはインターネット環境が必要となります。

SDカードへの録画

SDカードへの録画は、SDカードと呼ばれる記録媒体に映像データを保存します。

防犯カメラ本体にSDカードスロットが備わっている場合、設定を行うことで録画を開始できます

そして防犯カメラが撮影した映像はSDカードに保存され、カードを取り出してSDカードリーダーなどを使用してコンピュータに取り込んだり再生することができますよ。

SDカード録画を使うメリットは?

SDカードを使用した防犯カメラの録画方法にはいくつかのメリットがあるので、以下に解説していきますね。

①簡単な設置と運用

SDカード録画は、防犯カメラにSDカードを挿すだけで簡単に設定できます。そのため複雑な配線や録画装置の設置が不要ですよ。

②低コスト

SDカードは比較的安価で入手でき、予算に制約のある場合でも手軽に録画設備を導入できます。

③データセキュリティ

SDカードに録画されたデータは物理的にカメラに保存されるため、クラウドベースのサービスと比べてセキュリティが向上します。

防犯カメラの映像データが外部にアップロードされないため、外部からの不正アクセスが難しいですよ。

④非常時の信頼性

電源供給が途切れた場合でも、SDカードに保存されたデータは保持されます。これは、停電やネットワーク障害が発生した際に便利です。

SDカード録画はシンプルでコスト効率が高く、特に小規模な監視システムに適していますよ。

では次に防犯カメラに使うSDカードについて、どんな種類のSDカードを使用するといいのかご紹介していきますね。

防犯カメラに使うSDカードの種類は?

防犯カメラの録画方法のSDカードへの録画は、簡単で低コストなどメリットがありました。

では防犯カメラに使えるSDカードにはどんな種類があるのでしょうか?

防犯カメラに使うSDカードの種類を解説!

まずSDカードには、SDカードマイクロSDカードと呼ばれるものがあります。

SDカードは大きめのサイズで、通常32mm x 24mmの寸法を持ちます。

マイクロSDカードは、小型のカードで、通常15mm x 11mmのサイズです。

SDカードは一般的にカメラ、ビデオカメラ、ラップトップ、ビデオゲーム機などの機器で使用されており、マイクロSDカードは、スマホ、タブレット、アクションカメラ、ドローンなどの小型デバイスで広く使用されていますよ。

ただ防犯カメラの種類によって、使われるSDカードが異なるので確認する必要があります

その他に、SDHC(Secure Digital High Capacity)カードSDXC(Secure Digital Extended Capacity)カードなどの種類もあります。

SDHCカード

一般的なSDHCカードは、720pまたは1080pのHD解像度での録画に適しています。

容量は通常4GBから32GBまでで、小規模な防犯カメラシステムに適しています。

SDXCカード

より高解像度の録画や長時間録画に適しています

容量は32GBから2TBまで幅広く、4K解像度や長時間の録画に使用できます。

また屋外の防犯カメラに使用するSDカードの場合、耐久性のあるSDカードを選ぶことが重要です。

防水、耐寒、耐熱などの特性があるカードは、屋外環境に適していますよ。

防犯カメラの仕様とニーズに合わせて適切なSDカードを選ぶことが重要になりますよ。

また、定期的なデータのバックアップやデータの削除はSDカードの寿命を延ばすのに役立ちますよ。

では次に、防犯カメラのSDカードの容量と録画時間の関係についてもご紹介していきますね。

防犯カメラのSDカードの容量と録画時間の関係は?

防犯カメラのSDカードを選ぶ際は、防犯カメラの目的や仕様に合わせて選ぶ必要があります。

またSDカードにはそれぞれ容量があり、SDカードの容量と録画時間の関係はビデオの解像度とビットレートに依存します。

ここでは一般的なSDカードの容量と録画時間について解説していきますね。

防犯カメラのSDカードの容量と録画時間の関係を解説!

SDカードの容量について

SDカードの容量は、通常ギガバイト(GB)で表されます。

一般的なSDカードの容量は、16GB、32GB、64GB、128GB、256GB、512GB、1TB…などがありますよ。

ビデオの解像度

録画するビデオの解像度(画質)は、録画に必要なストレージスペースに大きな影響を与えます。ビデオの画質、つまり解像度が高いほどより多くのデータが必要ですよ。

一般的な解像度には以下のものがあります。

SD解像度: 720p(1280×720ピクセル)

HD解像度: 1080p (1920×1080ピクセル

4K解像度: 2160p (3840×2160ピクセル

ビデオのビットレート

ビットレートはビデオのデータの量を示し、秒あたりのデータ量を表します。

高いビットレートのビデオは高品質ですが、より多くのストレージスペースを必要としますよ。

●容量と録画時間の目安

16GBのSDカード:SD解像度のビデオでおおよそ数時間録画可能。

32GBのSDカード:SD解像度のビデオで数時間から半日録画可能。HD解像度の短時間録画も可能。

64GBのSDカード:SD解像度のビデオで1日以上録画可能。HD解像度の数時間録画も可能。

128GBのSDカード:SD解像度のビデオで数日から1週間録画可能。HD解像度の数時間録画も可能。

注意: これらは一般的な目安であり、ビデオの設定によって録画時間は変化します。またビデオの解像度やビットレートを調整すると、録画時間が変わります。

適切なSDカードの容量を選択する際には、ビデオ設定と録画時間の要件を考慮することが重要ですよ。

では次に防犯カメラの録画方法としてSDカードを利用する場合のデメリットや注意点についてもご紹介していきますね。

防犯カメラのSDカードを利用する時の注意点は?

防犯カメラの録画方法でSDカードを利用する際のデメリットや注意点は次のことが挙げられますよ。

防犯カメラのSDカードを利用する時の注意点を解説!

①有限な容量

SDカードの容量は限られており、長期間の録画や高解像度のビデオを保存するには大容量のSDカードが必要です。

そして容量が不足すると、過去の録画が自動的に上書きされる可能性がありますよ。

②データの保護

SDカードは物理的な破損や盗難からデータを保護する機能が限られています。重要な証拠映像を保管する場合、データのバックアップやセキュリティ対策が必要ですよ。

③録画の停止の危険性

一部のSDカードでは容量がいっぱいになると新しい録画ができなくなるため、定期的なデータの削除が必要です。これを怠ると録画が停止する可能性がありますよ。

④ビデオ品質の制約

SDカードには容量制約があるため、高解像度や高ビットレートのビデオを長時間保存することが難しい場合があります。そのため録画の品質と時間のバランスを考慮する必要がありますよ。

⑤カードの耐久性

SDカードは書き込みサイクルに制限があり、長期間の連続録画に使用するとカードの寿命が短くなる可能性があります。そのため、定期的にSDカードを交換する必要がありますよ。

ブンヤ
ブンヤ

実際防犯カメラで使用するSDカードの寿命ってどのくらいあるんだろう?

防犯カメラのSDカードの寿命はどのくらい?

防犯カメラのSDカードの寿命は使用状況により異なりますが、一般的な目安をご紹介します。

書き込みサイクル

SDカードは有限の書き込みサイクルを持っています。一般的なSDカードの書き込みサイクルは約10,000回から100,000回と言われていますよ。

これは同じセクターにデータを何度も書き込むと、そのセクターが劣化し、最終的に使用できなくなる可能性があることを示しています。

容量とビデオ品質

SDカードの寿命は容量とビデオ品質にも影響を受けます。大容量のSDカードは同じデータを書き込む頻度が低いため、寿命が長くなります。

しかし高解像度のビデオを録画する場合、ビットレートが高いためSDカードへの書き込みが増え、寿命が短くなりますよ。

録画時間

SDカードの寿命は録画時間にも関連しています。例えば、毎日24時間常時録画を行う場合、SDカードの寿命は短くなります。

一方、動きが検出されたときだけ録画する場合、SDカードの寿命は長持ちしますよ。

SDカードの品質やメーカーによっても寿命に違いがありますので、信頼性の高い製品を選ぶことも大切ですよ!

ブンヤ
ブンヤ

防犯カメラにSDカードを挿入している場合、犯罪者にカードを抜かれる可能性もあるよね?

防犯カメラのSDカードが抜かれる危険性について

防犯カメラのSDカードが抜かれる危険性は、セキュリティ上の重要な問題ですよね?

もし誰かが防犯カメラのSDカードを抜いた場合、その時間帯の録画データが失われてしまいます。これは事件や不審な行動の証拠が抹消される可能性を意味しますよ。

またSDカードが不正に抜かれた場合、そのデータが悪用される可能性もあります

防犯カメラのSDカードが他人に抜かれると様々なリスクが生じます!

以下に対策をご紹介しますね!

1.物理的なセキュリティ対策

防犯カメラのSDカードが取り外し可能な場合や設置場所が安全でない場合、侵入者はそれを利用しやすくなります。

防犯カメラの設置場所を高い位置に設置し、できるだけ手の届かない場所に配置するようにしましょう。

また防犯カメラ本体やSDカードへのアクセスを制限するための鍵やケースを使用することもおすすめです。特に屋外の防犯カメラの場合は、天候に強いケースを利用しましょう。

2.モーション検出機能を使う

防犯カメラがモーションを検出した場合、アラート通知を受けることができます。これにより不正なアクティビティをリアルタイムで把握し、対応することができますよ。

3.遠隔監視へ切り替える

防犯カメラの録画をクラウド録画サービスを利用することとで、録画データをオンラインに保存します。録画方法を変更することでSDカードからデータを抜き取る危険性が低くなりますよ。

防犯カメラのSDカードが抜かれることはセキュリティ上のリスクであり、証拠の保護とプライバシーの観点から慎重に対策を取ることが必要です。

これらの対処法を組み合わせることで、防犯カメラのSDカードが抜かれる危険性を最小限に抑え、セキュリティを向上させることができますよ!

\防犯カメラの設置の困った時は専門家に相談してみよう!/

防犯カメラの種類、設置場所、設置方法・・・素人では判断が難しい場合、専門家に相談するのがおすすめです!

『防犯カメラ設置110番』では無料で防犯カメラの相談や見積もりを実施、専門家に設置してもらえる安心感もありますよ。

防犯カメラ|SDカード保存のメリットや注意点を徹底解説!のまとめ

この記事では、防犯カメラのSDカードを利用する保存方法についてメリットやデメリットと注意点、使用するSD カードの種類や容量と録画時間の関係についてご紹介しました。

防犯カメラの録画方法には、HDDへの録画クラウト上への録画、そしてSDカードへの録画などがありました。

SDカードを利用するメリットとしては、複雑な配線などが不要で簡単な設置と運用ができる点や、SDカードが比較的安価で低コストである点、クラウド上よりもセキュリティ面が強い点や電源供給が途切れた場合でもデータは保存されている点などがありました。

そんなSDカードにはそれぞれ種類があり、防犯カメラによって適用するカードも異なります。

またSDカードの容量と録画時間は、ビデオの解像度とビットレートにも依存しており、ビデオの設定や録画時間の要件を考慮して選ぶことが大切です。

さらにSDカードのデメリットや注意点としては、容量が限られていたり、物理的な破損や盗難などのリスク、SDカード自体の耐久性・寿命の問題、防犯カメラの設置場所やセキュリティ対策によってもSDカードを抜き取られるリスクもあります。

このようにSDカードを利用する場合にはメリットやデメリットも存在するので、目的や用途にあった防犯カメラを選ぶようにしてくださいね!

\防犯カメラを設置するなら『防犯カメラ設置110番』/

防犯カメラ設置110番