防犯砂利|おすすめ商品や知っておくべき効果的な敷き方とは?

防犯砂利|おすすめ商品や知っておくべき効果的な敷き方とは? 住まいの防犯対策
記事内にプロモーションが含まれている場合があります。

防犯砂利はその音から侵入者を家から守る効果が期待できますが、一体どのように使うと効果的なのでしょうか?

カオリ
カオリ

どんな種類の防犯砂利をどうやって敷くと防犯対策として効果があるのかしら?

この記事では、防犯砂利の期待できる防犯効果やデメリットについて、また防犯砂利の選び方と共におすすめの防犯砂利と効果的な敷き方や処分方法まで詳しくご紹介しています。

家周りの防犯対策として、この記事を参考に防犯砂利を効果的に活用してくださいね!

防犯砂利とは?どんな効果が期待できるの?

一戸建てなどの庭からの侵入を防ぐ防犯対策の1つとして「防犯砂利」が利用されるのですが、どんなものなのでしょうか?

防犯砂利は、防犯対策として使用される特別に加工された砂利の一種です。

まずは防犯砂利が持つ特徴や期待できる効果について説明しますね。

防犯砂利とは?期待できる効果を解説!

<防犯砂利の特徴と効果>

①音の発生

②防犯効果

③低コストの防犯対策

④視覚的な効果

⑤防草効果

では防犯砂利のそれぞれの特徴や期待される効果について解説していきますね。

①音の発生

防犯砂利は、一歩踏むだけでジャリジャリと大きな音を発生させる特徴があります。

一般的には「70dB(デシベル)」以上の音を発すると言われ、これは蝉の鳴き声よりも大きな音となっていますよ。

この大きな音は不審者の足音を模倣し、不審者が侵入した場合に周囲へ注意を引く役割を果たします。

日常生活上では大体40~50dBの音が快適と言われているので、防犯砂利の音はだいぶうるさく感じる音量となっていますよ!

②防犯効果

防犯砂利は、その大きな音の発生によって不審者や泥棒の侵入を妨げる効果が期待されます。

不審者が庭や敷地に侵入しようとする際、防犯砂利の音に警戒し、侵入を諦める可能性が高まりますよ。

これにより、家庭や店舗などのセキュリティを向上させるのに役立ちます。

③低コストの防犯対策

防犯砂利は比較的低コストで導入できる防犯対策です。

防犯カメラやホームセキュリティなど他の高額なセキュリティシステムや装置に比べて、費用対効果が高いとされていますよ。

④視覚的な効果

防犯砂利は庭や敷地に敷くことで視覚的にも目立ち、不審者に対して警告のメッセージを伝えることができます。

⑤防草効果

一部の防犯砂利は、雑草の生育を防ぐ効果もあり、庭の保守にも寄与する場合がありますよ。

カオリ
カオリ

こうやって見ると防犯砂利は防犯対策に効果的だけど、デメリットもあるのかしら?

では次に、知っておきたい防犯砂利のデメリットについてもご紹介しますね。

注意したい防犯砂利のデメリットとは?

注意したい防犯砂利のデメリットを解説!

防犯砂利は踏むと大きな音を発するため、庭からの侵入などを防ぐ防犯対策として有効な手段でもありました。

ただし、防犯砂利には以下のような注意点やデメリットも存在しますよ。

1.不審者の侵入を100%防げない

防犯砂利は効果的な防犯対策ではありますが、不審者の侵入を完全に防ぐものではありません

熟練した侵入者は防犯砂利に慣れている場合もあり、侵入を諦めずに進行する可能性があります。

2.自家用途での利用時の不便さがある

防犯砂利にデメリットとして、自分や家族が歩く際にも大きな音が発生するため、日常的な利用には不便さが伴います。

特に夜間や静かな環境ではうるさい、という騒音の問題がある可能性もありますよ。

3.メンテナンスが必要

防犯砂利の間にゴミや落ち葉がたまりやすく定期的な掃除が必要なため、手間と時間がかかる場合があります。

4.転倒の危険性がある

防犯砂利は土よりも硬く、転んだ際にケガをするリスクがあります。

特に高齢者や子供がいるご家庭で利用する際には転倒には注意が必要ですよ。

5.防犯砂利の処分が大変

不要になった際、防犯砂利の処分が困難でありコストと手間がかかることがあります。

これらのデメリットを踏まえて、防犯砂利を導入する際には防犯対策としての効果と生活の利便性や維持管理の難しさのバランスよく考えることが重要ですよ。

このようにメリットやデメリットも持つ防犯砂利ですが、防犯砂利はどのように選ぶといいのでしょうか、防犯砂利の選び方についてもご紹介しますね。

後悔しない防犯砂利の選び方は?

後悔しない防犯砂利の選び方を解説!

防犯砂利を選ぶ際、後悔しないために以下のポイントを考慮することが重要です。

<防犯砂利の選び方>

①砂利の種類を理解する

②騒音レベルを確認する

③メンテナンスの負担を考慮

④価格と予算を設定

⑤敷き方の知識を持つ

それでは防犯砂利の選び方について解説していきますね。

①砂利の種類を理解する

防犯砂利にはさまざまな種類があります。

一般的なものから音が大きいもの、デザイン性の高いものまで多様なので使用目的や環境に合った種類を選びましょう

②騒音レベルを確認する

防犯砂利は音が発生するので、その騒音レベルを確認しましょう。

防犯対策として活用できる音量であることと、自宅周辺の環境への適合性を考慮して騒音が問題にならないよう選ぶことも重要です。

③メンテナンスの負担を考慮

防犯砂利の間にはゴミや落ち葉がたまりやすいため、定期的なメンテナンスが必要です。

自身のメンテナンス能力や時間に合わせて選びましょう

④価格と予算を設定

防犯砂利の価格は種類によって異なります。予算内で選ぶことが大切ですが、安価なものが必ずしも効果的であるとは限りません。

⑤敷き方の知識を持つ

防犯砂利は敷き方を理解し、正しく施工することが大切です。

敷き方によって効果が変わるため、専門家のアドバイスを受けることも考慮しましょう。

\防犯砂利を敷くなら専門家にお任せ!

めんどうな施行やメンテナンスを砂利のプロに無料で相談してみよう!

以上のポイントを考慮し防犯砂利を選ぶことで、効果的な防犯対策を実現し、後悔を避けることができますよ。

では実際にどんな防犯砂利があるのか、種類別におすすめの防犯砂利をご紹介していきますね!

おすすめの防犯砂利を紹介!

防犯砂利は防犯対策に用いられ、侵入者が近づく際に足音を大きくすることで警戒を促します。

そんな防犯砂利は主に4つの種類に分類されますよ。

1.ガラス製の防犯砂利

ガラス製の防犯砂利は、ガラスを高温で溶かして発泡処理を施したもので、空気を多く含むため非常に軽量で取り扱いが容易です。

発泡ガラスの特性から、踏むとガラス同様に砕ける音を発生させ侵入者の足音が大きくなり、警戒を引き起こしますよ。

ガラス製の防犯砂利は軽量で扱いやすく、比較的に安価であるというメリットの反面、風雨などで流されやすく粉砕しやすいため定期的なメンテナンスが必要です。

\おすすめのガラス製の防犯砂利はコチラ/

2.天然石・溶岩製の防犯砂利

天然石や溶岩から作られた防犯砂利は、自然な風合いがありデザイン性に優れていますよ。

また石が割れる心配が少なく、劣化が少ないため通常耐久性が高く、風化に強く屋外での使用に適しています。

さらに天然石や溶岩は水を吸収しやすい性質があり、雨にも強く防犯砂利の長寿命性をサポートし、雨風による損耗を軽減しますよ。

ただし、天然石・溶岩製の防犯砂利は踏むと石の特有の音が発生しますがやや音は小さめで、運ぶ時や敷く時などに重量が重い点など注意が必要ですよ。

\おすすめの天然石・溶岩製の防犯砂利はコチラ/

3.瓦製の防犯砂利

瓦製の防犯砂利は廃瓦を使っており、浸透性や保水力などに優れ水への耐久性が高いのが特徴です。

雨や水による影響を受けにくく、長期間にわたって効果を維持しますよ。

また瓦製の防犯砂利は、他の素材に比べて比較的安価に入手できるというメリットあります。

ただ瓦製の防犯砂利は他の種類よりも音が小さいというデメリットもあり、他の防犯砂利と混ぜて利用することなどが勧められていますよ。

\おすすめの瓦製の防犯砂利はコチラ/

4.セラミック製の防犯砂利

セラミック製の防犯砂利は、電柱や電線からリサイクルされたセラミック碍子が使用されることがあり環境にも配慮した素材の使用や美しい仕上がりが特徴です。

セラミック製の防犯砂利は、踏むとセラミックの砕ける音が発生し音量も大きいため効果的に侵入者を警戒させます。

またセラミックは耐久性があり、屋外での使用に適していますが価格がやや高価であるデメリットもありますよ。

※現在おすすめのセラミック製の防犯砂利サイトは販売期間外となっています

これらのおすすめの防犯砂利は、防犯効果を求める場合や庭の美化を同時に行いたい場合など、使用目的やデザインに合わせて選んでみてくださいね。

では次に、防犯対策に効果的な防犯砂利の敷き方についてもご紹介しますね。

効果的な防犯砂利の敷き方は?

効果的な防犯砂利の敷き方を解説!

防犯砂利には主に4種類があり、それぞれメリット・デメリットがあり目的や使用用途によって選ぶことが重要でした。

では次に、防犯対策に効果的な防犯砂利の敷き方についてもご紹介していきますね。

<効果的な防犯砂利の敷き方>

1.必要なものを用意する

2.敷く場所を選ぶ

3.地面の下準備をする

4.防犯砂利を敷く

それでは防犯砂利の敷き方について詳しく説明していきますね。

1.必要なものを用意する

防犯砂利:1平方メートルあたり60~80キログラムの量が一般的です。用途に合わせて必要な量を計算しましょう。

雑草対策:防草シートや新聞紙を用意して、防犯砂利の下に敷きます。

2.敷く場所を選ぶ

まず防犯砂利を敷く場所を選びます。

主に玄関や窓周り、庭の周辺が一般的で、侵入者が通りやすい箇所を選ぶことが重要です。

また、侵入者は人目がつかない場所からも入って来るため敷地内で人目がつかない場所(勝手口側の通路やリビングの窓から死角になる所、隣の家との境界線など)にも敷くことも大切ですよ。

3.地面の下準備をする

防犯砂利を敷く前に、敷く場所から雑草を取り除きます

草が生えていると防犯砂利の音の発生が防がれる可能性があります。

防草シートや新聞紙を敷いてから防犯砂利を敷くことで雑草の成長を防いだり、新たな草の発生を防ぐことができ効果的ですよ。

4.防犯砂利を敷く

整えた地面に防犯砂利を均一に敷きます。

不均一な敷き方では効果が得られませんので、防犯砂利を敷く際にできるだけ平らになるように注意しましょう。

このような手順で防犯砂利を敷くと侵入者の足音を大きくし、防犯効果を高めることができますよ。雑草対策を忘れずに行うことも重要なポイントです!

\防犯砂利を敷くなら専門家にお任せ!

個人ではメンテナンスがめんどくさい・・・そんな時にはまずはプロに相談を!

無料で相談が可能なので気軽にご利用ください!

このように慎重に防犯砂利を敷くことで防犯対策効果を高めることができますが、活用した後の処分はどうするのでしょうか?

次に防犯砂利の処分方法についてもご紹介していきますね。

防犯砂利の処分方法は?

防犯対策として効果的な防犯砂利ですが、何度も踏んでいると粉々の粉塵になってしまいます。

そのような時に防犯砂利はどのように処分するといいのでしょうか?

防犯砂利の処分方法を解説!

1. 地域のゴミ処理ルールに従う方法

防犯砂利を処分する際に最も重要なのは、地域のゴミ処理ルールに従うことです。

通常、防犯砂利は自治体では回収されていないケースが多いですよ。

そして各地域や自治体によって処分方法が異なるため、地元のごみ処理ルールを確認しましょう。

2. 市役所や自治体に問い合わせる方法

ゴミの処分方法が不明な場合、市役所や自治体に問い合わせることが役立ちます。

地域ごとに異なる規則があるため、専門家から指示を受けることが大切ですよ。

3. 専門業者に依頼する方法

大量の防犯砂利を処分する場合、専門の廃棄物処理業者に依頼することができます。

専門の業者であれば適切な方法で砂利を処分し、環境に配慮した方法を提供してくれますよ。

4. 再利用や譲渡する方法

不要な防犯砂利がまだ使用可能な状態であれば、他の人に譲渡することを考えましょう。

友人や近隣のガーデナーに提供することで、無駄な廃棄を減らすことができますよ。

防犯砂利の処分方法は地域によって異なるため、地元の規則に従って適切な方法を選びましょう。また、環境への配慮を忘れずに、違法な投棄を行わないようにしましょうね!

防犯砂利|おすすめ商品や知っておくべき効果的な敷き方とは?のまとめ

この記事では、防犯砂利の期待できる防犯効果やデメリットについて、また選び方と共におすすめの防犯砂利と効果的な敷き方や処分方法まで詳しくご紹介しました。

まず防犯砂利の特徴や期待できる防犯効果には、大きな音の発生により侵入者に対して警戒や周囲への注意喚起など低コストにて防犯効果が期待できました。

しかし、一方で騒音の問題やメンテナンスが必要であったりとデメリットもありました。

このようなメリットやデメリットを考慮し、防犯砂利の選び方のポイントは以下の項目がありました。

<防犯砂利の選び方>
①砂利の種類を理解する
②騒音レベルを確認する
③メンテナンスの負担を考慮
④価格と予算を設定
⑤敷き方の知識を持つ

防犯砂利には4種類があり、それぞれ特徴があります。

防犯砂利の特徴から使用目的合わせて、防犯砂利をしっかりと敷くことで防犯対策に効果が期待できますよ。

防犯砂利の処分には自治体のルールに従うことが重要ですが、防犯対策の1つとして防犯砂利も有効に活用してみてくださいね!