一人暮らしの防犯|安全に暮らすためのポイントを徹底解説!

一人暮らしの防犯|安全に暮らすためのポイントを徹底解説! 住まいの防犯対策
記事内にプロモーションが含まれている場合があります。

一人暮らしをする場合、どのようなことに注意をして防犯対策を行うといいのでしょうか?

ブンヤ
ブンヤ

自分の娘や高齢の親などが一人暮らしをするとなると心配で、どんな家を選んだり防犯対策をすればいいのか知りたいよ!

この記事では、女性や高齢者だけでなく、男性の一人暮らしの防犯対策や、1階や2階以上の場合などパターン別防犯対策を徹底的に解説しています。

あらゆる一人暮らしの防犯対策や賃貸でも使える防犯グッズなど、参考にしてみてくださいね。

一人暮らしではどんなリスクがあるの?

一人暮らしではどんなリスクがあるの?

親元から離れて初めて一人暮らしを始める時に、やはり気になるのが防犯面ではないでしょうか?

家族と一緒に住んでいた時はあまり気にしなかったかもしれない防犯面につて、一人暮らしではどのようなリスクがあるのか知っておくことは大切です。

女性に限らず、高齢者や男性の一人暮らしでも犯罪に巻き込まれるリスクが存在しますので、まずは一人暮らしでのリスクについて解説していきますね。

1.侵入窃盗のリスク

一人暮らしの物件は侵入されやすいとされており、空き巣や窃盗に狙われる可能性があります

特に防犯対策が不十分な物件では、各自で防犯対策を怠らないようにする必要がありますよ。

2.強姦や性犯罪のリスク

一人暮らしの女性は、自分の部屋の中でも強姦などの性犯罪の被害に遭う可能性が高くなります

例えば、部屋に不審者が侵入してきたり、宅配業者を装った犯罪者による事件が報告されていたりしますよ。

3.監視・盗聴被害のリスク

さらに一人暮らしの女性は、留守中にカメラや盗聴器を仕掛けられる可能性もあります

防犯対策が不十分な物件では、プライバシーが侵害されるリスクが高い場合もあるので注意が必要ですよ。

カオリ
カオリ

女性の一人暮らしは特に注意が必要というのが分かったけど、どんな家や物件を選ぶといいのかしら?

では次に、一人暮らしの防犯対策を考慮した家の選び方についてご紹介していきますね。

一人暮らしの防犯:家選びのポイントは?

一人暮らしの防犯:家選びのポイントは?

一人暮らしでは、物件に侵入されやすいため侵入窃盗のリスクが高まることや、特に女性の一人暮らしでは性犯罪や監視・盗聴被害のリスクなどにも注意が必要でした。

では、そのような防犯面について考慮が必要である一人暮らしの家選びのポイントにはどんなものがあるのでしょうか?

<一人暮らしの家選びのポイント>

①中高層の物件を選ぶ

②ベランダや窓の配置をチェック

③防犯設備の確認

④周辺環境の確認

⑤女性の場合、女性限定の物件を検討する

ではこれら一人暮らしの家選びのポイントについて解説していきますね。

①中高層の物件を選ぶ

まず一人暮らしの家選びのポイントとして、空き巣被害など侵入による犯罪を防ぐために、なるべく中高層の物件を選ぶと良いでしょう。

なぜなら、低層階の物件は侵入が容易となり、特に1階部分は道路からの侵入がしやすいため被害に遭いやすくなります。

ただ、2階以上であってもベランダや窓が死角になるような場所には注意が必要です。

②ベランダや窓の配置をチェック

一人暮らしの物件内見の際には、ベランダや窓の配置に注意しましょう。

ベランダや窓が死角になりやすい場所は侵入者にとって待機や侵入が容易となるため、人目につきやすい配置を選ぶことが望ましいですよ。

③防犯設備の確認

一人暮らしの家を選ぶ際、物件内の防犯設備の有無を確認しましょう。

例えば、オートロック・防犯カメラ・鍵の種類・インターホン・夜間照明などを確認します。

これらの防犯設備が整っている物件を選ぶことで、一人暮らしでもセキュリティを高めることができますよ。

④周辺環境の確認

一人暮らしの物件を選ぶ際には、周辺環境やエリアの治安情報を確認することも重要です。

周辺地域で過去に起こった犯罪について調べることでその地域の防犯性を判断する材料になり、犯罪が多発しているエリアを避けることができますよ。

⑤女性の場合、女性限定の物件を検討する

女性の一人暮らしの場合は、女性限定の物件を検討することも考慮してみましょう。

女性限定物件は女性の安心・安全を重視した物件であり、女性が安心して暮らせるため、親御さんやご家族も安心して入居させることができます

ただ、女性限定の物件のデメリットとして、セキュリティ面が充実している分家賃が高くなったり、物件数が限られていたり、さらに女性に限定されているため女性以外が敷地内に入ることができない場合もあります。

女性限定物件にはメリットとデメリットがあるため、検討する際にはそれらを考慮しましょうね!

以上ご紹介したポイントを考慮して物件を選ぶことで、一人暮らしの防犯性を高めることができます。

ブンヤ
ブンヤ

でも女性だけでなく、男性の一人暮らしや親などの高齢者の一人暮らしでも注意しないといけないよね?

では次に、一人暮らしのパターン別防犯対策についてご紹介していきますね。

一人暮らしパターン別防犯対策を紹介!

一人暮らしをする時に防犯面を考慮した家選びのポイントをご紹介しましたが、さらに女性だけでなく、男性の場合高齢者の一人暮らしの場合1階や2階の防犯対策についてもご紹介していきますね。

女性の一人暮らしの防犯対策は?

女性の一人暮らしの場合の防犯対策としては、先ほどもご紹介しているように家選びは重要です。

また、玄関の鍵の防犯性を高めたり、インターホンや防犯カメラなどが設置されているようなセキュリティ面の高い環境があると安心ですよ。

さらに女性には、普段の行動から防犯対策を心掛けることが重要です。

女性の一人暮らしは犯罪者に狙われやすいので、日常の行動面について気をつけることなども知っておく必要がありますよ!

参考記事

◆女性の一人暮らしの防犯対策について『女性の防犯|一人暮らし必見の安心に暮らすポイントとは?』で詳しく解説しています。

男性の一人暮らしの防犯対策は?

男性の一人暮らしの犯対策を紹介!

男性の一人暮らしの場合も、男性だからと油断は禁物で防犯上気をつけるべきことがありますよ。

施錠を徹底する

男性の一人暮らしの場合でも、部屋を空ける際は必ず鍵をかけるよう心掛けましょう。

ちょっとした用事でも、家を出る場合は油断せずに鍵をかけることで、空き巣の侵入を防止することができます。

夜道や繁華街での注意

特に夜間では一人暮らしの男性も狙われやすいです。

繁華街や夜道では酩酊状態の人や怪しい人物に注意し、一人の時に夜遅くなることを避けるようにしましょう。

また夜道などは周囲に注意を払うことで、犯罪に巻き込まれるリスクを減らすことができますよ。

原付やバイクの防犯対策

男性の一人暮らしの場合、原付やバイクなどの盗難にも注意が必要です。

管理人付きの駐輪所を利用したり、愛車に補助錠を取り付けたりすることで、盗難被害を防ぐことができますよ。

先にご紹介した家選びと共に、日常生活上でも防犯対策を実践することで、男性の一人暮らしでも安心して生活することができますよ。

高齢者の一人暮らしの防犯対策は?

離れて暮らす親が高齢者で一人暮らしの場合、家族も心配かと思います。

そんな高齢者の一人暮らしは、家族世帯に比べて犯罪被害のリスクが高まる傾向がありますよ。

特に高齢者は体力や判断力が低下していることも多く、犯罪のターゲットになる可能性が高いため、高齢者の一人暮らしには防犯対策が必須です。

そんな高齢者が狙われやすい犯罪には「侵入窃盗」があります。

この侵入犯罪は犯行前にターゲットを決めることが多く、高齢者が狙われることが多いとされていますよ。

侵入窃盗の犯罪に巻き込まれないようにするために、以下のような防犯対策が重要です。

外から見て高齢者の一人暮らしだとわかるのを避ける

犯罪のターゲットにならないためには高齢者が一人で暮らしていると分かることを避ける必要があります。

明かりの点いている部屋を多く見せるよう心掛けたり、家族構成がわかる表札を避けるなどして、外から見て一人暮らしだとわかることを避けることが重要ですよ。

高齢者自身の警戒心や防犯意識を高める

安全な時代に生きていた習慣が残っており、セキュリティ対策が甘い高齢者も多いです。

そのため夏場でも窓を開けたまま就寝しない、普段から玄関の鍵をかけるようにするなど、高齢者自身の警戒心や防犯意識を高めることが大切です。

地域ぐるみで防犯対策を行う

また、地域の防犯協力体制を築くことで、高齢者の一人暮らしでも安心して生活できる環境を整えることができます。

高齢者の一人暮らも犯罪のターゲットになりやすいので、ご自身で防犯意識を高めたり、家族の協力なども重要になってきますよ!

参考記事

◆高齢者の一人暮らしの防犯対策について『高齢者の防犯|一人暮らし必見の犯罪から身を守る方法とは?』で詳しく解説しています。

1階の一人暮らしの防犯対策は?

1階の一人暮らしの防犯対策を紹介!

防犯上安全と言われる物件は低層階よりも中高層でしたが、止むを得ず1階に住む必要もあるかと思います。

マンションやアパートの1階に住むことにより、外への出入りが容易で利便性が高くなる一方で、犯罪被害に巻き込まれる可能性が高まるとされていますよ。

特に侵入窃盗犯は窓から出入りしやすく、1階の窓から侵入されるケースが多いとされています。

以下は1階の一人暮らしにおすすめの防犯対策の具体例です。

窓の防犯対策

1階に住む場合は、窓の防犯センサーや防犯ベル、または窓に防犯フィルムを貼ることで窃盗犯の突入を防止することが重要です。

ベランダの防犯対策

1階部分のベランダには目隠しや防犯カメラを設置することで、侵入者の視界を遮断し、侵入を防止することができますよ。

参考記事

◆1人暮らしで実施したいベランダの防犯対策については『一人暮らしの防犯|ベランダに潜むリスクから身を守る方法は?』でも詳しく解説しています。

オートロックの利用

マンションやアパートの出入口がオートロックであれば、不審者の侵入を防ぐ効果があります。

ドアの補強

1階の場合はドアに補助錠を取り付けるなど、侵入者が簡単に玄関のドアを開けることができないようにすることも重要です。

照明の確保

1階の場合は、周囲の照明を確保することで侵入者が目立つため、侵入される可能性を下げることができますよ。

防犯グッズの利用

センサーライトや防犯ブザー、防犯カメラなどの防犯グッズを導入することで、防犯対策を強化できます。

隣近所との連携

近隣住民と連携して防犯協力をすることで、1階の一人暮らしでも安全な環境を作り出すことができます。

これらの防犯対策を実践することで、1階の一人暮らしでも安心して暮らすことができるようになりますよ。

2階以上の一人暮らしの防犯対策は?

2階以上の一人暮らしは、1階に比べて侵入リスクが少ないとされますが、それでも侵入者が入り込む可能性はあるため、防犯対策をしっかりと行うことが重要です。

以下は2階以上の一人暮らしにおすすめの防犯対策の具体例をご紹介しますね。

ドアの補強

2階以上でもドアに補助錠を取り付けることで、侵入者が簡単に開けることができないようにすることが重要です。

センサーライトの設置

外部のセンサーライトを設置することで、不審者が近づくと明るく照らされ、侵入を防止できます。

鍵の管理

2階以上であっても外出時にはしっかりとドアを施錠し、鍵の管理に気を付けることで、侵入者を防ぐことができます。

防犯カメラの利用

防犯カメラを設置することで、不審者の行動を記録し、犯罪の抑止につなげることができますよ。

窓の防犯対策

窓用のセンサーや防犯ブザー、または窓に防犯フィルムを貼ることで、窓からの窃盗犯の突入を防ぐことができますよ。

室内の防犯対策

室内に防犯ブザーや防犯アラームなどの防犯グッズを備えることで、万が一侵入された時に対抗できます。

隣近所との連携

2階以上であっても近隣住民との防犯協力をすることが大切で、安全な環境を作り出すことができますよ。

2階以上の一人暮らしでも防犯対策を怠らず、常に注意を払うことで、安全な生活を送ることができますよ。

ここまではパターン別の一人暮らしにおける防犯対策についてご紹介しました。

ブンヤ
ブンヤ

一人暮らしの場合、賃貸が多いと思うけど賃貸でも使える防犯グッズやセキュリティサービスなどはあるのかな?

では、次に賃貸でも使える一人暮らしの防犯対策におすすめの防犯グッズやセキュリティサービスについてご紹介しますね。

一人暮らしの防犯対策におすすめのグッズやセキュリティサービスは?

一人暮らしの防犯対策として防犯グッズの活用も重要ですが、賃貸の場合は原状回復が基本となるため防犯のためであっても何でも使用していいという訳ではありませんよね?

では、賃貸でも使える一人暮らしの防犯対策におすすめの防犯グッズには何があるのでしょうか?

<賃貸物件でも利用できる便利な防犯グッズ>

①鍵穴のないリモコンドアロック

②防犯フィルム

③センサーライト

④防犯カメラ

ではそれぞれの防犯グッズについて解説していきますね。

①鍵穴のないリモコンドアロック

玄関やドアなどに取り付けられる鍵穴のないリモコンドアロックは補助錠として使用できる防犯グッズです。

特殊な粘着シートで貼り付けるので工事不要で賃貸でも使用可能、また女性でも簡単に取り付けることができます。

リモコン式のドアロックで、操作も簡単で離れたところからでも開け閉めができるメリットがありますよ。

外側からは見えないので、ピッキング被害や合鍵を作られるという心配はありません。

\鍵穴のないリモコンドアロックはコチラから/

②窓ガラス防犯フィルム

窓ガラス防犯フィルムは、窓に貼ることで割り込みやガラス割れを防止し、防犯性を向上させることができます。

賃貸物件でも貼り付けやすいタイプの防犯フィルムもありますが、強力なシートのものは剥がれにくい場合もあるので剥がしやすさなどをチェックしておくと良いですよ。

③センサーライト

外部に設置するセンサーライトは、不審者が近づくと自動的に明かりが点灯するので、防犯効果が期待できます。

賃貸物件のベランダや玄関にも設置可能なセンサーライトがありますよ。

④防犯カメラ

賃貸物件でも許可を得て設置すれば、室内や玄関などの重要な場所に防犯カメラを設置することができます。

防犯カメラの種類によっては工事不要のものがあったり、ネットワークカメラなどスマートフォンと連携して遠隔から確認することも可能です。

賃貸物件に防犯カメラを設置する際は、入居者の安全とプライバシーを考慮することが重要です。また、大家さんや管理会社の許可を得ることも忘れずに行ってくださいね。

\防犯カメラの相談なら『防犯カメラ設置110番』

防犯カメラ設置110番

防犯カメラは専門家に相談するのが安心です!

まずは無料の相談・見積をご利用くださいね。

ブンヤ
ブンヤ

賃貸の物件でもホームセキュリティサービスは利用できるのかな?

一人暮らしの防犯対策として、賃貸物件でもホームセキュリティ会社のサービスを利用することができますよ。

ホームセキュリティ会社では、賃貸住宅向けに専用のプランを提供しており、入居者の安心と安全をサポートしています。

具体的には、ALSOK「HOME ALSOK アパート・マンションプラン」といった賃貸物件向けのホームセキュリティサービスがあり、以下のような特徴がありますよ。

賃貸物件に適したコントローラー

賃貸物件では原状回復の問題を考慮して、据え置き設置タイプのコンパクトなコントローラーが利用されています。

無線通信回線を標準装備しているため、設置に際しての工事や配線の心配がありませんよ。

ガードマン(警備員)の対応

異常が発生した場合、ホームセキュリティ会社のガードセンターが異常信号を受信し、訓練を受けたガードマンが現場に急行し適切な対応を行います

プランの選択

賃貸物件向けのホームセキュリティでは、初期費用0円から始められるプランや長期利用にお得な「お買い上げプラン」など、様々なプランが用意されています。

ニーズに合わせて選択できるので、柔軟な利用が可能ですよ。

\ホームセキュリティーなら『ALSOK』

綜合警備保障 ホームセキュリティ 【資料請求】

無料の資料請求もできるのでお気軽にお問い合わせください!

これらのホームセキュリティサービスを利用することで、一人暮らしの賃貸住宅でも安心して防犯対策を行うことができます。

賃貸物件を選ぶ際には、防犯対策に重点を置いた物件を選択することも大切ですが、 一人暮らしの安全と安心を確保するために、ホームセキュリティサービスの導入を検討してみるのも1つですよ。

ご紹介したことを参考に、賃貸物件でも効果的な防犯対策を実践し、安全で快適な生活を送りましょう!

一人暮らしの防犯|安全に暮らすためのポイントを徹底解説!のまとめ

この記事では、一人暮らしではどんなリスクがるのか?また女性や男性、高齢者、1階や2階以上のパターン別防犯対策と賃貸でも使える防犯グッズやセキュリティサービスについてご紹介しました。

一人暮らしでは、侵入窃盗のリスクが高まることや、女性の一人暮らしでは性犯罪や監視・盗聴被害のリスクなどに注意が必要ということが分かりました。

そこで、一人暮らしで家を選ぶポイントとしては以下のことがありましたよ。

<一人暮らしの家選びのポイント>

①中高層の物件を選ぶ

②ベランダや窓の配置をチェック

③防犯設備の確認

④周辺環境の確認

⑤女性限定の物件を検討する

また、記事の中では女性や男性、高齢者の一人暮らしではどのような防犯対策を行うといいのか、1階や2階以上の防犯対策についてもご紹介しました。

さらに賃貸でも使える防犯グッズやホームセキュリティサービスについてもご紹介しているので、ぜひ安心・安全な一人暮らしを送るために参考にしてみてくださいね。

防犯対策は物件選びや防犯グッズ、また自分の行動など総合的に行うことで効果がありますよ!