出島テクニカルワールド(10月22日推奨銘柄 )

1022週

↑(週足)

 

1022日

↑(日足)

 

【全体相場解説と投資判断】
10/22(木)日経平均株価は▼118円の18435円で終了。昨夜の米国株が続落し、日本市場も昨日は大きく上昇していますので今日は売り先行の始まりで一時110円ほど下落、しかし売りが一巡すると切り返してプラス圏に浮上するも上値追いの動きにはならず後場には再度売られて下げ幅を拡大。昨日の大幅高を考えれば今日の下げも適度な調整安、今は指数よりも個別重視の投資を考える相場環境、好決算を発表した銘柄の押し目買い狙いが当面は最も手堅い投資だと思います。引き続き個別重視の判断で、対応すると言うスタンスで良いと思います。

【銘柄情報】(東1)第一工業製薬(4461)  化学  1000株 
同社は、界面活性剤や電子部品材料などを手掛ける工業用薬品大手ですが、昨日引け後に9月中間期の業績上方修正を発表して本日株価も急伸。売上高は小幅減ながら本業の儲けを示す営業利益は15,4%増加、高付加価値品の販売が好調に推移し、原油安が原材料費の低下につながり収益も増加。同社1株純資産は473円有り現在の株価には割安感が有ります、足元の好業績が確認され、原油安や電子部品の需要拡大など、同社の事業環境は良好、明日以降も適度な調整安を挟みながらも直し買いの動きが期待出来ると思います。今日は株価も急伸していますので明日以降適度な調整安を待ってから押し目買いを狙いたいと思います。テクニカル的には370円台が目先の下値支持帯になりますので370円台で買いを狙いたいと思います。当面は420円付近が上値目処になりますので利食い目処は420円接近時、但し9/29安値の339円を切った場合はリスク管理上損切りして一時撤退となります。国内企業の決算発表も本格化しています、決算をまだ発表していない銘柄には決算リスクが有りますが、同社は既に好業績を発表済みであり、買い安心感が有ります。好業績、低PBR、原油安メリット銘柄として押し目買いを狙いたいと思います。

【リスクは覚悟でリターンを追及したい方】・本文参照

【リスクの少ない慎重な投資スタンスを望む方】・本文参照

 

【テクニカル評価】AA 【投資タイプ】押し目買い狙い
【ポイント】 業績上方修正、低PBR
【第1買いポイント】  370円台
【第2買いポイント】  なし
【売り値目標】  420円接近
【損切り設定】 339円を切れば損切り

 

凝集剤、合成糊料など工業用薬剤首位。技術力定評。四日市に新工場建設中。中国に製造子会社。収益柱の界面活性剤はせっけん・洗剤など増勢。電子部品材料は射出成形用に中国向け好調で牽引。ただウレタン材料は自動車向けに数量増でも販価低下し採算降下。

 

 

推奨日
市場
コード
銘柄
コメント
09/30
1部
9202
ANA HD
10/22終値355円、買いコスト330円台、推奨時利食い目標価格とした360円台に接近、明日は手堅く利食い優先が良いと思います
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2020年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  
ページ上部へ戻る