日経225先物プロライブ(10月6日引け号)

10月6日 日経225先物 5分足チャート

10月6日 日経225先物 5分足チャート

本日の株式市場は、寄り付き直後から小口の売りが散発的に出て、
徐々に下値を切り下げる展開となりました。

想像以上に『買いが入らなかった』という印象です。
しかし、『まとまった売りが出てきたから下げた』訳でもありません。

商いの減少が顕著であるところから、
『特に積極的に売買するきっかけが見当たらない』
というのが現状であると思われます。

特にニュースがなければ、方向感のない値動きが継続しそうです。
気を付けたいところは、ここ数日の海外株高が
《FRBによる金融引き締め先送り》を織り込んだ動きだと思われること。

『利上げ観測再燃』となれば、再び相場が大きく動き出す可能性があります。

《18000円》~《18400円》のレンジが意識される動きになりましたが、
その水準にまとまった売りや買いが入っているわけではなく、
積極的に売買する投資家が存在しないが故のレンジなので、
急な動きには注意したいところ。

明日は《日銀政策決定会合》があるため、《ショートポジション》を作って
発表を迎えることだけは、避けて頂きたいと思います。

明日の発表までは、しっかりした値動きになる可能性が高いですが、
・・・その後・・・

※ 追加緩和があれば《大幅高》。
※ 現状維持であれば、
ドル円の動き次第で《100~150円》程度の下落
・・・があるかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る