週トレ短期売買(9月28日情報)

イラスト

【週トレ短期売買】

 

【今日の相場を振り返って】

9/28(月)日経平均株価は235円安の17645円で終了。先週末は配当取りの買い需要も有って大きく上昇した日本市場ですが、今日は配当落ち分や権利取り後の処分売りなども有って株価は反落。今日は日経平均が一時300円を超えて下落する場面も有りましたが、好材料が出たような銘柄を物色する動きが多く見られ、東証1部騰落数も値上がりが843に対して値下がりが937と値下がりが少し多いくらいで指数の下げ幅ほどには中身は悪くは有りません。日経平均に連動するような主力銘柄は売られ、連動しない銘柄は買われていたと言う中身です、少し前向きな買いも入り出した感じで、相場の地合いにも変化の兆しが見えます。安倍首相が新3本の矢を打ち出し、イエレンFRB議長も講演で年内の利上げが妥当と発言するなど、投資家心理にプラスになるような動きも出始めています、あとは中国がいつ経済対策を打ち出すのか?しかし遅かれ早かれいずれ出て来るのは確実、中国自身が国内経済の有る程度の成長を必要としており、一段の景気減速は政権への批判が高まりかねません。テクニカル的に見ると、9/8安値が17415円、翌日の9/9高値が18770円、9/10以降はこのゾーンの中での値動きが続いており、相場的に見れば安値圏での値固めが進んでいると言う見方も出来ます。しかし9/8安値の17415円を切れば一時的には下振れして17000円を割れると言う可能性は有るものの、8月以降の下げ局面の終わりは近づいていると思います。

 

【明日の相場展望】

大きな材料がなければ下は17400円台、上は17800円台、仮に下振れが有ればボリンジャーバンド-2σの17100円付近が意識され、逆に上振れが有れば25日移動平均線の18300円付近が意識されます。基本的には現株価水準で上げ下げを繰り返す展開が続くと見ています。

 

【今後1週間程度の相場展望】

テクニカル的には依然下降トレンドが続いている日本市場ですが、8月以降続いて来た波乱相場も徐々に落ち着きを取り戻しつつ有ると思います。まだ一時的な下振れの可能性は残りますが、今週は個別物色の動きが広がるかどうかに注目しています。指数は軟調で膠着した展開でも個別物色の動きが広がれば全体的にも好影響が波及します。今日はそう言う意味では変化の兆しも有りました、明日以降も個別物色の動きが強まるなら日経平均も底入れ気運が出て来ると思います。当面は全体よりも個別重視、その様な相場状況になると思います。

 

【投資アドバイスと注目銘柄】

安倍首相が新3本の矢を発表し、イエレンFRB議長も年内の利上げが妥当と発言するなど、先行きへの期待と不透明感払拭の動きが出始めています。まだ投機筋の動きが気になりますが、上昇中の24ヶ月移動平均線が17000円付近に位置し、10月は中間決算の発表も意識される時期です、売り方も買い戻しの時期を探りつつ、買い方も買い出動の時期を見極めると言う局面になると思います。先にも述べたように個別物色意欲が出始めていますので、出て来た材料に関連するような銘柄を厳選して買いを考えて行きたいと思います。

 

今日の買い推奨銘柄は、6507シンフォニアテクノロジー(本日終値181円)、フォルクスワーゲンの排ガス不正を受けて、今後既に販売されている自動車も含めて、排ガスだけではなくその他の検査に対しても再検査などの需要が高まる事が想定されます。同社は自動車用の試験装置の製造を手掛けており、思惑買いの動きが強まる可能性が有ります。業績動向は増収増益、同社1株純資産は200円、6月以降下落基調が続いている株価にも調整一巡感が有り、明日は時価近辺の180円前後で買い出動したいと思います。利食い目処は210円接近時、但し160円を切った場合はリスク管理上損切りとなります。

 

 

買い下がりスタンスで安値待ち伏せ中のパイオニアは260円台の買いは約定、240円台はまだ買えていませんが、安値が有れば買い増し方針に変わりは有りません、利食い目処は300円接近時、現時点では損切りは考えていません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2020年12月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る