リアルタイムサービス(9月16日後場情報)

出島イラスト

日経平均株価は145円高の18171円で終了。昨夜の米国株高を受けて日本市場も一時18291円まで上値を伸ばしたものの、その後中国株の下落が嫌気されて株価も上げ幅を縮小。
相場展開としては昨日と同じ様な展開でほぼ想定内の値動き、今日から米FOMCが始まり、米利上げ動向に注目が集まる中で一段と上値を買うような動きが出るはずは無く、逆に一段と下値を売るような動きも出るはずは無く、膠着した値動きになるのは自然な流れ。
現時点では米FOMCの結果に対してさまざまな予測、見通しが出ていますが、利上げ有りから、利上げ無し、利上げ自体は少し先送りするものの時期は明示するなど複数の見通しが出ています。
しかし現実には出て来る結果を見なければ何とも言えません、どのような結果が出て来るかによって株価の反応も全て違って来ます。
結果次第で、大きく上昇、逆に大きく下落、又は乱高下と言うように幾つか予想は出来ますが、株式投資をする上で最も対応しやすいのは大きく下落する展開だと思います。
米FOMC通過後に大きく下落した場合、今回の波乱相場の最後の売り場になり、あく抜け感が出て本格反騰への下地が出来ると思います。
そのような展開になる結果としては9月に利上げ実行、しかし利上げも実行してしまえば悪材料は出尽くしになります。当面は次の利上げは無く、来年は大統領選挙の年ですので利上げは出来ません。
米利上げを巡る思惑も無くなり、投機筋の材料にもならず、先々中国初め日米欧共に景気対策や追加金融緩和政策などが打ち出される可能性が高く、次は潜在的好材料を買い材料にして本格反騰相場が始まると思います。
しかし利上げ先送りとなれば、一時的には株価は上昇しますが、引き続き利上げ時期はいつになるのか?と言う不透明感が続きます、このケースが最悪で、買い戻し一巡後に再度下げに転じて引き続き軟調な相場展開が続く事になります。
このように予測をしてみても、実際に結果が出て株価がどう動くのかは、現実に見てみなければ解りません。投機筋がまともに動く保証も無く、一時的には理解不能な値動きをしてから、予測通りの展開になると言う事も有ります。
短期的な値動きに関しては、完全に予測をする事はで来ませんが、少し長いスパンで見れば、ほぼ妥当と思える展開になるものです。
今言える事は、米FOMCを通過した後、株価が一段安になるような展開になればその安値は買えると言う事、今はそのような展開になる事を期待してFOMCの結果を待ちたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2020年12月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る