週トレ短期売買(9月8日情報)

イラスト

【週トレ短期売買】

 

【今日の相場を振り返って】

9/8(火)日経平均株価は433円安の17427円で終了。昨夜の米国株は休場、欧州株は上昇して円相場にも大きな変動は無く始まった今日の日本市場ですが、寄り付き前に発表された4-6月期GDP2次速報値が1次速報値から上方修正され、日経平均株価も好感買いで一時17962円まで上げ幅を拡大。しかし上方修正の中身が在庫が増えたと言う事では買い材料にはならず、後場は中国経済指標が悪かった事と国内8月景気ウォッチャー調査の悪化が嫌気され、一段安に売られて下げ幅を拡大。昨日の安値も更新してテクニカル的にはまだ下げ止まりの兆しは有りません。中国経済への懸念が続き、米利上げ動向にも不透明感が有ると言う状況では、反発狙いで買いたい投資家も様子見にならざるを得ず、投機筋の売りに押されて株価下落も致し方なし。簡潔に言えば買いたくても買えないと言う相場状況、更に言えば、待てばもっと安く買えると言う状況ですので、長期投資で買いを入れる投資家も安値を拾うと言う買い方になります。それでは下値を支える効果はあれども株価反発を主導するような動きには繋がりません。今は売り手多数で買いは少数派、しかしこのようなやや異常な状況が永遠に続く事も有りません。

 

【明日の相場展望】

今夜の3連休明けの米国市場が注目されますが、米国株の本格反発も来週の米FOMCの結果を待たなければなりません。米利上げ動向がどうなるのか?有るのか?無いのか?その点が明らかにならない限りは一時的な株価反発は有っても流れは下向き。今夜の米国株次第ですが、流れ的には日本市場は明日も下振れの可能性が有ると言う状況。明日も基本的には投機筋の思惑次第の相場状況です。

 

【今後1週間程度の相場展望】

まずは今週末のメジャーSQに向けて売り方がどこまで売り続けるのか?メジャーSQを通過すれば次は来週の米FOMC、利上げは有るのか?無いのか?米FOMCの結果が明らかになれば、材料出尽くしで一旦はリバウンド入りの展開も期待出来ると思います。しかしそれまでが依然不安定な相場状況。最悪の場合月末に予定されている米中首脳会談辺りまで軟調な地合いが続く可能性もゼロでは有りません。しかしながらもう一段の下落が有り、日経平均株価が16000円台に突入すれば本格的な反発も限りなく近いと言う感じがします。テクニカル面や企業業績、今後発動が想定される政策などを考えれば16000円台は先を見据えて少しずつ買い下がって行くと言う対応が良いと考えています。

 

 

【投資アドバイスと注目銘柄】

もう一段の株価下落は想定しながらも、何か好材料が出て来れば一気に大きく反発しやすいと言う状況。しかしその好材料がいつ出て来るのか?誰にもわかりません。今週末のメジャーSQ、来週の米FOMC、月末に予定されている米中首脳会談など、依然情勢は不透明で波乱含みの相場状況ですが、ぼちぼち日経平均16500円付近までは下げても十分に耐えられると言う形で、安値買い下がりスタンスで突っ込み買いを狙って行きたいと思います。

買えるかどうかは解りませんが、いつ急落するかもわからず、急落があればと言う想定で前もって準備しておく方が良いと思います。全ては買えないと思いますが、買えた分だけ利食いを目指すと言う発想で良いと思います。今後日々の状況を見ながら順次突っ込み買い狙いの買い推奨をして行きます。

 

本日の銘柄は、売られ過ぎ銘柄のリバウンド狙いになります。中国懸念で売られ過ぎた関連株が日本市場がリバウンドに入った時には真っ先に反転上昇に転じます。

 

7202いすゞ自動車、買いゾーン①1100円台②1000円台買い下がり、100株単位で買えますので資金的にも買いやすい銘柄です。

 

6301小松製作所、①1700円台②1600円台買い下がり、100株単位で買えますので資金的にも買いやすい銘柄です。

 

4188三菱ケミカルHD、①580円台②560円台③540円台買い下がり、100株単位で買えますので資金的にも買いやすい銘柄です。

 

利食い価格、時期に関しては約定状況を確認した後あらためてコメントをお出しします。買えるかどうかは解りませんが、買えれば儲けもの的発想で当面安値買い下がり対応を狙い続けたいと思います。米FOMCが16・17日ですので18日まで買い注文継続で安値買いを狙い続けたいと思います。明日以降も順次同じ様なスタンスの買い推奨銘柄をお出しして行きたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2020年12月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る