日経225先物プロライブ(9月2日引け号)

9月2日 日経225先物 5分足チャート

9月2日 日経225先物 5分足チャート

本日は、株式市場オープン前から、
日本の機関投資家(邦銀・もしくは公的資金)のドル買いが入っていました。

寄り前からそのような動きがあったことで、寄り付き直後から・・・
《公的資金の買い》と《日経225先物の売り方の買戻し》が入って、
一気に上昇幅を広げる展開に。

9月2日 225先物手口

しかし、TOPIXの弱さからも《外国人投資家の売り》が続いていることは明白であり、買いが途切れると、再び一方的に売られる流れとなりました。

9月2日 日経225&TOPIX 3分足チャート

9月2日 TOPIX先物手口

《外国人投資家の売り》と《公的資金の株価買い支え》が
真正面からぶつかる形となっており、
その株価の上下動を《投機家》が増幅させていると言えます。

互いに巨大な資金を持つ投資家であることから、
どちらに放れるとも判断し難い環境です。

TOPIXが、日経平均に対して弱い環境が続く限り、
株価が戻っても『一時的な戻り』で終わってしまうと思われます。

TOPIXが強くなったときが、下降トレンドの終焉の時と判断。
現状、TOPIXが弱い状態が続いていますので、
買いのポジションはその日のうちに手仕舞うことにします。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2020年11月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
ページ上部へ戻る