出島テクニカルワールド(9月1日推奨銘柄 )

0901週足

↑(週足)

 

0901日足↑(日足)

【全体相場解説と投資判断】
9/1(火)日経平均株価は▼724円の18165円で終了。中国懸念と利上げ警戒で昨夜の米国株が下落、米国株安と円高、中国株下落で本日の日本市場は下げ幅を拡大、相場的見方では2番底を探る動き、当面のポイントは直近安値の17714円を切るのか?踏ん張れるのか?切れば一段安、踏ん張れば反発、再度投機性の強い相場展開になっています。もう暫くはリスクを取ると言う方のみ売買に参加するような投資環境です。米利上げ懸念、依然不透明な中国情勢、ECB追加金融緩和の可能性が高まれば円高要因、当面は不安定な値動きが続きそうな相場状況。

【銘柄情報】(東1)NEC(6701)  電気機器  1000株 
日本市場は再度売り込まれて下振れリスクが高まっています。買えるかどうかは解りませんが、もう一段大きく下落する想定で安値待ち伏せ対応、買えれば儲けもの的発想で突っ込み買いを狙うと言う対応で臨みたいと思います。同社は通信インフラ設備で国内首位、ITサービスを強化、マイナンバー制度導入に伴う政府・自治体投資の増加や社会インフラ関連投資が拡大する事が想定され、クラウドサービスやネットセキュリティー関連、電力向け蓄電池事業など、同社業績にとって追い風になる分野の市場拡大が期待出来ます。同社の場合、海外比率が20%と少なく、電気セクターながら実質的には内需関連銘柄であり、海外情勢混乱の悪影響も比較的軽微、再度大きく下振れする動きが有れば突っ込み買いを狙いたい銘柄です。テクニカル的に意識される下値抵抗帯は360円~340円のゾーンになりますので、このゾーン内への下落が有れば買いのタイミング、当面は380円台が上値抵抗帯になりますので利食い目処は380円接近時、但し320円を切った場合はリスク管理上損切りして一時撤退となります。下振れが有れば突っ込み買いを狙い、下振れなく買えなければ又次の機会を待てば良し、買えれば儲けもの的発想で突っ込み買いを狙うと言う投資になります。

【リスクは覚悟でリターンを追及したい方】・本文参照

【リスクの少ない慎重な投資スタンスを望む方】・休み

 

【テクニカル評価】AA 【投資タイプ】突っ込み買い狙い
【ポイント】 好業績、内需関連
【第1買いポイント】  360~340円
【第2買いポイント】  なし
【売り値目標】  380円接近
【損切り設定】 320円を切れば損切り

 

通信インフラ設備で国内首位。ITサービスを強化。半導体、個人向けPCは持分会社に移管。システムは自治体の防災や航空・宇宙関連が堅調。製造や流通も受注が回復傾向。海外で顔認証などセキュリティ関連の引き合い増。次世代ネットワークやクラウドの開発費増こなす。連続増益。増配。

 

 

推奨日
市場
コード
銘柄
コメント
08/31
1部
4188
三菱ケミカルHD
9/1終値663円、カラ売りで推奨、待ち伏せ価格への上昇無く下落、カラ売り推奨は一旦取り消します
08/28
1部
5401
新日鉄住金
9/1終値240円、カラ売りで推奨、待ち伏せ価格への上昇無く下落、カラ売り推奨は一旦取り消します
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2020年11月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
ページ上部へ戻る