出島式投資ワールド(8月26日推奨銘柄)

20150826

(8005)スクロール
四季報2015年夏号によると、増税影響薄れ主力の生協組合員向け通販で春夏物衣料が復調。シニア向けや健粧品など新規事業への先行費用も前期約23億円で一段落し、広告宣伝費(前期約149億円)は30億円前後軽減の公算。営業黒字復帰。繰延税金資産取り崩しない。
生協向けノウハウ活用し、農協向け通販をまず中四国4県の25農協へ5月開始。優待に長期保有の株主向けを追加。

7月28日決算発表。4月30日の決算発表では上方修正して黒字転換。その予測は据え置き。
2010年5月17日の480円を高値とする下降トレンド(A)の中で、2012年11月14日の232円で底打ちとなってアベノミクス相場にサポートされてゆるやなか上昇トレンド(B)を形成していました。2014年1月6日の349円の高値をつけたところで、業績下方修正となり下降トレンド(C)へ転換となりました。この下降トレンド(C)の中で、5月22日の236円、10月29日の244円と2点底となって反発し、11月13日に277円で買転換となって上放れし、今期黒字転換の見通しで急騰となっています。8月17日に549円の高値をつけたあと日経平均の急落につれ安していますのでリバウンド狙いとなります。

売買ゾーン 利食いゾーン 損切り
①440~460円
②415~430円(日経平均がもう一段安となった場合)
①で止まれば520~550円
②まで下げると450~470円
現時点ではなし
テクニカルワールドによる全体相場見通し
8/26(水)日経平均株価は△570円の18376円で終了。昨夜は欧州株は上昇したものの米国株は下落、日本市場も前場は弱含む場面も有ったものの、後場には中国株の上昇と米先物の上昇を受けて上げ幅を拡大。しかし依然投機色の強い相場状況、上下共に大きく振れ易い状況に変わりは無く、まだ値動きは不安定。小幅の金融緩和を実行した中国ですが、市場が期待する対策はもっと大きく本質的なもの、一旦落ち着いた感の有る株式市場ですが、本質的には依然波乱含みの中国情勢です。現状では本格反騰はまだ期待出来ません、引き続きリスクを取ると言う方のみ売買に参加するような投資環境です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

過去レポート

カレンダー

2021年7月
« 6月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
ページ上部へ戻る