出島テクニカルワールド(8月21日推奨銘柄 )

0821s

↑(週足)

 

 

 

 

0821h

↑(日足)

 

 

 

 

 

【全体相場解説と投資判断】
8/21(金)日経平均株価は△39円の22920円で終了。昨夜の米国株が反発して上昇、ワクチン開発期待も加わり本日の日経平均も買い先行で始まり9時半頃には23135円まで上昇。しかし週末と言う事や105円台半ばへの円高進行も嫌気され、買い一巡後は戻り売りに押されて上げ幅を縮小する展開になりました。来週も円相場と米国株を睨みながらの展開になると思います。日々出て来る材料に一喜一憂して上下に振れる、日経平均に関してはそのような展開を想定した上で、投資スタンスは引き続き全体動向よりも個を重視、銘柄重視で安値買いを狙って先々の上昇を待つ、そのようなスタンスで臨めば特に問題は無いと思います。

 

 

 
【銘柄情報】【本日終値797円】

(東1)レンゴー(3941)  パルプ・紙  100株
8/3に買い推奨をした時には安値なく買えなかった銘柄ですが再度買いを狙いたいと思います。同社は板紙から段ボールまで一貫して手掛け、軟包装など樹脂系包装材も手掛けています。段ボール原紙・製品は食品や通販、宅配向けに需要拡大が続き好調持続。新型コロナの感染拡大による通販利用の拡大は同社業績に追い風になります。日本ではこれから台風のシーズンを迎えますが、避難所における簡易ベッドや仕切りなどに段ボールを利用する動きが広がっており、災害対策関連としての一面も有ります。業績面でも、新型コロナの感染拡大で収益が大きく落ち込む企業が多い中で、同社の2021年3月期見通しは小幅の減収減益見通しで純利益は増益見通し、加えて4円増配を打ち出し24円配当、同社1株純資産は1124円で1株利益は113円見通し、現在の株価水準には割安感が有り、もう一段の安値が有れば株価反発狙いで買いを考えたいと思います。同社株の3月安値が660円、そこまでの下振れは期待出来ないとしても、770円~740円のゾーンは何らかのショック安が有れば十分に可能性はある水準です。買えれば儲け物的発想でまずは770円台で1回目の買いを待ち伏せし、仮に740円台が有れば買い増し実行、当面は840円付近が上値目処になりますので利食い目処は840円接近時、但し700円を切った場合はリスク管理上損切りして一時撤退となります。ネット通販の利用拡大は同社には追い風、安値買いを狙い見直し買いによる上昇を待ちたいと思います。

【リスク覚悟でリターンを狙う場合】・第1買いポイントでエントリー

【慎重な投資スタンスを取る場合】・第2買いポイントでエントリー

 

【テクニカル評価】AA 【投資タイプ】リバウンド狙い
【ポイント】 ウィズコロナは業績への追い風
【第1買いポイント】  770円台
【第2買いポイント】  740円台
【売り値目標】  840円接近
【損切り設定】 700円を切れば損切り

 

板紙から段ボール製品まで一貫。板紙専業首位、軟包装など樹脂系包装材も有力。前期海外買収会社が通期連結で売上増。段ボール原紙・製品は食品や通販、宅配向けが支えて数量微増。単価維持、原燃料価格安定で軟包装も食品向け増加。増配。段ボールに直接プリントし店頭販促に活用できるデジタル印刷パッケージ拡販。

 

 

 

 

 

 

 

推奨日
市場
コード
銘柄
コメント
07/21
1部
9972
アルテック
8/21終値240円、推奨から1ヶ月が経過しましたが引き続き保有継続で上昇を待ち、先々260円以上が有れば利食い実行。但し210円を切った場合は損切り実行。

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

過去レポート

カレンダー

2021年1月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る