日経225先物プロライブ(8月7日引け号)

8月7日 日経225先物 3分足チャート

アメリカの株価が大幅に下げたにも関わらず、ナイトセッション同様、
日本の株価指数の値動きは小幅なものでした。

特段材料がないにも関わらず、後場開始前に先物に買いが入りましたが、
これがどのような目的で買われたものかは分かりません。

先物手口で目立ったものは、《ゴールドマンのTOPIX先物買い》くらいなので・・・

※ ABNクリア ・ ニューエッジ ・ ゴールドマン
・・・この中のどこかということで、間違いないかと思われます。

日銀政策決定会合が現状維持でも、特に売りが出ることもなく、
《売り手の乏しさ》がより感じられる相場環境です。

あとは、『高値を買っていく』ような買い手が現れれば、
高値更新に向けた流れが出てきますが、
このまま《夏休みシーズン入り》となるかもしれません。

今夜の雇用統計で、何らかの《きっかけ》が生まれるか否かが、一つ焦点になります。

現状、《20500~20800円》の中間地点《20650円》を挟んで一進一退、
基調は《強め》ということで、『買うタイミング』を計っていきたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る