出島テクニカルワールド(3月31日推奨銘柄 )

0331s

↑(週足)

 

 

 

 

0331h

↑(日足)

 

 

 

 

 

【全体相場解説と投資判断】
3/31(火)日経平均株価は▼167円の18917円で終了。昨夜の米国株上昇を好感して本日の日経平均も一時19336円まで上昇したものの、政府の緊急事態宣言発動が警戒されてリスク回避の売りに押し戻されると言う展開に。企業の決算に影響する年度末を通過し、明日からは新年度入り、日本国内での新型コロナ感染者数も増加基調が続き、明日以降はいつ緊急事態宣言が発動されてもおかしくは無いと言う事は一応考えておく必要が有ります。依然先行き不透明感が強い投資環境です、引き続き乱高下を繰り返す不安定な値動きを想定し、相場状況が落ち着くまでは無理に売買をする必要は無いと思います。当面はリスク覚悟と言う投資家のみ参加する投資環境です、そして投資スタンスとしては当面は逆張り対応が最善。

 

 
【銘柄情報】【本日終値403円】

(東1)三菱UFJFG(8306)  銀行  100株
依然先行き不透明な状況が続いている世界情勢ですが、一方では世界の主要国では空前の規模の経済対策と金融緩和政策が打ち出されており、軟調な展開が続いている株式市場ですが、一時のようなパニック的な売りは沈静化しつつ有ります。しかし国内では東京都の感染者増加を受けて緊急事態宣言が出される可能性が高まっており、今日で年度末を通過した事で緊急事態宣言発動、首都閉鎖、株価一時的には大きく下振れ、そのような展開を想定した上で同社株の突っ込み買いを狙いたいと思います。直近の安値は380円、リーマンショック後の同社株の安値は318円、しかし既に空前の規模の経済対策と金融政策が発動されていますので、当面の下値支持帯は380円~340円のゾーンになると思います。突っ込み買いを狙い、戻りが有れば利食いを考え、株価低迷が仮に長引けば配当目的で長期保有しつつ株価上昇を待つ、短期中期両睨みで対応したいと思います。まずは380円前後で1回目の買いを狙い、仮に340円台が有れば買い増しを実行、更に安値が有るようなら価格差を付けて買い下がり対応で良いと思います。当面の上値目処は440円付近になりますので利食い目処は440円接近時、損切りは無く、株価低迷が続けば配当目的で長期保有で対応したいと思います。

【リスク覚悟でリターンを狙う場合】・第1買いポイントでエントリー

【慎重な投資スタンスを取る場合】・第2買いポイントでエントリー

 

【テクニカル評価】AA 【投資タイプ】突っ込み買い狙い
【ポイント】 短期中期両睨み
【第1買いポイント】  380円前後
【第2買いポイント】  340円台
【売り値目標】  440円接近
【損切り設定】 なし

 

国内最大の民間金融グループ。銀行、信託、証券、カード、リース等。米州・アジアでの展開進む。買収2社上乗せ。国内利ザヤ縮小続くが、債券売却益。与信費用も想定以下で経常益上振れ。のれん減損特損。21年3月期は前期買収2社が通期寄与。国内中小向けで利ザヤ縮小圧力続くが、役務利益は伸長。経費や与信費用増こなし経常増益。

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2020年10月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
ページ上部へ戻る