出島テクニカルワールド(2月28日推奨銘柄 )

0228s

↑(週足)

 

 

 

 

0228h

↑(日足)

 

 

 

 

【全体相場解説と投資判断】
2/28(金)日経平均株価は▼805円の21142円で終了。昨夜の米国株が再び急落、新型コロナウイルスの米国内での感染拡大が警戒され、米企業業績への悪影響も現実味を増し、NYダウの下げ幅は過去最大に。本日の日本市場も投げ売り状態で日経平均、個々の銘柄共に大きく下落、新型コロナウイルスに対する過剰反応が続いていますが、このような局面でこそ冷静に先を見据えた対応が必要だと思います。この先いつ反発に転じるかは今後出て来るキッカケ次第ですが、騰落レシオは50%に近づき、多くのテクニカル指標は売られ過ぎを示しています。一旦反発に転じる局面も近いと言う感じですが、それでもやや異常な状況では有りますので、暫くはリスク覚悟の方だけが参加する投資環境と考えた方が良いと思います。安全重視なら環境が落ち着くまで投資を休むのも一考です。

 

 
【銘柄情報】【本日終値1291円】

(東1)NTTデータ(9613)  情報通信  100株
NTT傘下のSI専業最大手の同社ですが、省庁、金融機関に強く、キャッシュレス社会の拡大が見込まれる中で同社はクレジットカードの決済インフラで事実上独占状態、パイが大きくなれば同社の収益も拡大が期待出来ます。又、IoTやAIなど最先端技術でも優位性を持ち、ブロックチェーン活用、ロボット活用の業務自動化にも積極的、中央省庁・地方自治体のIT化投資の拡大やセキュリティー強化なども同社への追い風、今後5Gの普及拡大に伴って同社のビジネスチャンスも拡大します。新型コロナショック安で同社株も急落していますが、同社が携わる事業領域への悪影響も本質的には限定的、来期は過去最高益更新見通しと業績も良好、リバウンド狙いで安値買いを狙う銘柄としては安心感が持てる銘柄だと思います。当面チャート上の大きな下値支持帯は1200円~1100円となりますので、まずは1200円前後で1回目の買いを狙い、仮に1100円前後が有れば買い増しを実行したいと思います。当面の上値目処は1400円台になりますので利食い目処は1400円接近時、但し多少の行き過ぎを考慮しても1000円を切った場合はリスク管理上損切りして一時撤退となります。今の株式市場は明らかに悲観に傾き過ぎ、騰落レシオも50%に近づき、テクニカル的にはいつ急反発に転じてもおかしくない状況です。もう一段大きな下げが有ればリバウンド狙いで対応するのが冷静な対応だと思います。

【リスク覚悟でリターンを狙う場合】・第1買いポイントでエントリー

【慎重な投資スタンスを取る場合】・第2買いポイントでエントリー

 

 

【テクニカル評価】AA 【投資タイプ】突っ込み買い狙い
【ポイント】 好業績、IT投資関連
【第1買いポイント】  1200円前後
【第2買いポイント】  1100円前後
【売り値目標】  1400円接近
【損切り設定】 1000円を切れば損切り

 

NTT傘下のSI専業最大手。省庁、金融機関に強い。国内は法人、金融向け横ばいも、公共向けが不採算案件減り拡大。北米も統合費減少で改善。ただ新領域の販管費や下期の欧州構造改革費重い。営業益横ばい。21年3月期は北米拡大、構造改革費も一服。QR認証で入店確認、カメラ分析等で購入品把握し引き落とすレジなし決済開始、省人化需要狙う。米国中央省庁からインフラサービス等の5年大型契約獲得。

 

 

 

 

 

推奨日
市場
コード
銘柄
コメント
02/21
2部
6835
アライドテレシスHD
2/28終値66円、推奨時損切り設定価格70円を下回りましたのでリスク管理上損切り。
02/20
2部
6670
MCJ
2/28終値622円、推奨時損切り設定価格640円を下回りましたのでリスク管理上損切り。
02/14
1部
1893
五洋建設
2/28終値575円、推奨時損切り設定価格600円を下回りましたのでリスク管理上損切り。
01/29
ジャスダック
8903
サンウッド
2/28終値493円、推奨時損切り設定価格500円を下回りましたのでリスク管理上損切り。

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
ページ上部へ戻る