出島テクニカルワールド(2月18日推奨銘柄 )

0218s

↑(週足)

 

 

 

0218h

↑(日足)

 

 

 

 

【全体相場解説と投資判断】
2/18(火)日経平均株価は▼329円の23193円で終了。米アップルが、中国の新型肺炎感染拡大を理由に、販売と製造両面で悪影響を受ける事から1-3月期売上高が会社予想に届かない事を発表。昨日は予想以上に落ち込んだ「GDPショック」そして今日は「アップルショック」新型肺炎による経済的悪影響が日々明らかになり、株式市場もリスク回避ムードが日々強まると言う展開。新型肺炎も中国湖北省以外の地域では感染者数は減少しているものの、日本国内では感染者が増加基調に有り、投機筋にとっては日本株は売り仕掛けに動き易い状況、しかし日本国内の感染者数はクルーズ船を除けば100人にも満たず、経済的悪影響が懸念されれば政策発動も期待出来ます、もう暫くは軟調な展開が続きそうですが、少し先を見据えればここからの安値に対しては突っ込み買いを狙うと言う発想がベターと言う感じがします。

 

 
【銘柄情報】【本日終値703円】

(東2)NCS&A(9709)  情報通信  100株
同社はシステム開発の老舗で、SI、アウトソーシングなど総合情報サービスを展開。ホテルシステムや外食システム、自社開発の可視化ソリューションなどが堅調、更新需要も増加しシステム機器販売の伸びは想定超。インターネットのホテル予約システムやAI、IoT関連も好調に推移し2/3に発表した2020年3月期第3四半期決算は大幅増益で着地。同時に通期見通しの上方修正と増配を発表し同社株価も2/6には820円まで上昇、その後調整入りとなり現時点では同社株に大きな崩れは無いものの、新型肺炎の国内感染拡大からインバウンドへの悪影響も想定されており、ホテル予約システムなどを手掛けている同社ですので、この先一時的には同社業績の先行き懸念が強まり同社株も下振れする可能性は有ると思います。但し新型肺炎もいずれは終息する事は確実ですので、同社株の下振れが有れば突っ込み買いを狙いたいと思います。同社株の大きな下値支持帯は610円~580円のゾーン、買えれば儲け物的発想で610円台と580円台で突っ込み買いを待ち伏せしたいと思います。買える可能性はかなり小さいですが今の相場環境ではゼロでは無いと思います。下振れが有って買えた場合は720円付近が上値目処になりますので利食い目処は720円接近時、但し500円を切った場合はリスク管理上損切りして一時撤退となります。

【リスク覚悟でリターンを狙う場合】・第1買いポイントでエントリー

【慎重な投資スタンスを取る場合】・第2買いポイントでエントリー

 

【テクニカル評価】AA 【投資タイプ】買えれば儲け物
【ポイント】 好業績、増配銘柄
【第1買いポイント】  610円台
【第2買いポイント】  580円台
【売り値目標】  720円接近
【損切り設定】 500円を切れば損切り

 

ソフト開発の老舗。SI、アウトソーシングなど総合情報サービス展開。NEC経由の請負多い。ホテルシステム、外食システム堅調。自社開発の可視化ソリューションも底堅い。更新需要増でシステム機器販売の伸び想定超。営業増益幅拡大。21年3月期は機器販売の伸び鈍るが、訪日客増でホテルシステムが拡大。AIや地理空間情報ソフトは自治体等向けへの販促に力。

 

 

 

 

 

推奨日
市場
コード
銘柄
コメント
02/07
ジャスダック
8893
新日本建物
2/18終値444円、推奨時損切り価格とした450円を下回りましたのでリスク管理上損切り。
01/24
ジャスダック
7567
栄電子
2/18終値493円、推奨時損切り価格とした500円を下回りましたのでリスク管理上損切り。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2020年10月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
ページ上部へ戻る