日経225先物プロライブ(8月3日引け号)

8月3日 日経225先物 3分足チャート

朝方は平凡に始まったマーケットでしたが、《アメリカ勢》からと思われる売りが、
金融株全般に《10:00》頃まで出て、先物プレイヤーの売り仕掛けを誘発しました。

この売りの影響で、日経225先物が《20520円》で停滞している最中、
TOPIXは《約4ポイント》下落。

その下げを見た《225先物プレイヤー》が、売り仕掛けを行ったものと思われます。

その後は、売りが収まるのと同時に下げ止まり・・・
※ 売り方の買戻しと、
時価総額ベースでは若干買い越しだと思われる《銘柄入れ替え》
を原動力に、
《いってこい》の動きへとなりました。

銘柄入れ替え以外に《純粋な売り》が出てきたのですが、
これも《10:00》頃までという短期に終わり(恐らくアメリカ勢の売り)。

・・・下がれば・・・
国内勢ではないかと思われる《ディフェンシブ買い》が入って、戻ってくる。

《20500円》という水準の居心地の良さもあるのでしょうが、
ここからのトレンドを生み出すような参加者が、現状見当たりません。

短期のプレイヤーもそれを感じて、
《20500円》を挟んで『上下100円』を意識してして取引しているようです。

雇用統計に向けて流れが出てくるかもしれませんが、それが確認されるまでは、
そのレンジでの《逆張り》をイメージすることと致します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る