出島テクニカルワールド(2月4日推奨銘柄 )

0204s

↑(週足)

 

 

 

0204h

↑(日足)

 

 

 

【全体相場解説と投資判断】
2/4(火)日経平均株価は△112円の23084円で終了。昨夜の米国市場が良好な経済指標の発表を受けて反発、本日の日経平均も米国株高、円安、加えて中国株の反発も好感され、買戻しが強まる展開に。しかし依然新型肺炎の感染拡大に衰えは見られず、日経平均のトレンドも日々の上げ下げは有れども流れは下向き。新型肺炎の先行きが見通せない限り、中国経済の先行きも見通せず、同時に日本経済への影響も不透明に変わりは有りません。もう暫くは日経平均も22500円~22000円付近までの下値は想定して対応しておく方が賢明。当面の投資スタンスも、戻りが有ればカラ売り、総悲観による行き過ぎた安値が有れば、強気対応ならリバウンド狙いの安値買いを考え、安全重視の対応なら新型肺炎の状況が落ち着くまでは売買見送りが最善と言う感じです。

 
<カラ売り推奨>【銘柄情報】【本日終値1425円】

(東1)川崎汽船(9107)  海運  100株
同社は海運大手3社の一角ですが、中国で発生している新型肺炎の感染拡大で中国経済が停滞し、その結果中国のと関連が深い資源国や東南アジア諸国との物量が停滞、加えて世界経済全体の物流停滞懸念も有り、同社の事業環境には大きな逆風が吹きつつ有ります。2020年3月期業績に関しては下方修正される可能性が高く、テクニカル面においても既に下降トレンドに転じています。同社株に関しては直近売り込まれていますので、この先一旦反発する場面も有ると思いますが、投資スタンスは戻り売り有利、当面の戻り目処となる上値抵抗帯は1600円前後になりますので、仮に1600円付近への上昇が有ればカラ売り狙いで対応したいと思います。待ち伏せスタンスでカラ売り出来れば儲け物、そのような発想で対応すれば良いと思います。当面の下値目処は1200円台になりますので利食い目処は1200円台への下落時、但し1750円を超えた場合はリスク管理上損切りして一時撤退となります。新型肺炎の感染拡大は依然続いており、まだ先行きを見通せるような状況では有りません。株式市場の動向も、もう暫くは日々出て来る材料に一喜一憂する展開が続き、上下に振れながらも流れは下向きと言う状況が続くと思います。そのような環境においては、上昇すればカラ売り狙い、急落すれば安値買い狙い、そして約定すれば早めの利食いを心がけると言う短期投資が最善になります。

【リスク覚悟でリターンを狙う場合】・第1売りポイントでエントリー

【慎重な投資スタンスを取る場合】・第2売りポイントでエントリー

 

【テクニカル評価】AA 【投資タイプ】待ち伏せ
【ポイント】 業績の悪化懸念
【第1売りポイント】  1550円前後
【第2売りポイント】  1600円前後
【利食いポイント】  1200円台
【損切り設定】 1750円を超えれば損切り

 

海運大手3社の一角。電力炭船、自動車船等強い。売上比率高いコンテナ船は18年4月事業統合。自動車船は路線効率化。LNG船は長期契約積み上げ。コンテナ船は統合費用解消。持分法の統合会社は下期厳しいが通期黒字化。海外コンテナターミナル事業売却特益。

 

 

 

 

 

推奨日
市場
コード
銘柄
コメント
01/31
1部
6305
日立建機
2/4終値2924円、待ち伏せ価格への上昇無くカラ売りは出来ず、カラ売り推奨は一旦取り消し、今後の値動きを見てチャンスが有れば再度推奨を検討します。
01/23
2部
9709
NCS&A
2/4終値760円、本日ストップ高で推奨時利食い目処とした価格を突破、明日は利食い実行。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2020年10月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
ページ上部へ戻る