日経225先物プロライブ(1月8日号)

1月8日 日経225先物 日足チャート2

昨日のアメリカ株式市場は、小反落。

中東情勢を巡る懸念と・・・

半導体サイクルの底打ち宣言や半導体株の格上げといった好材料の間で方向感を欠く展開となり、ナスダックが途中プラス圏で推移するなどしたものの、3指数揃って小反落となりました。

為替市場では、クロス円が軟調な動きに。

一方のドル円は、《108.50》を挟んでの揉み合いとなりました。

それらの動きを受けた日経225先物は、アメリカ株の軟調推移を受けて《23400円》と小幅反落して終えています。

昨日は、新規資金や買戻しの動きから大幅反発となったものの、一巡した後は様子見姿勢が強まるのではないかと考えています。

本日の予想レンジ 23000円~23350円

イランによる何らかの報復行動は行われる可能性が高いと思われるだけに、その規模とその後の展開を想定しながらの売買になると考えています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2020年7月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ページ上部へ戻る