出島テクニカルワールド(1月6日推奨銘柄 )

0106s

↑(週足)

 

 

 

0106h

↑(日足)

 

 

 

【全体相場解説と投資判断】
新年明けましておめでとうございます。本日の大発会は大幅安のスタートになりましたが、過度に悲観する事は無いと思います。1/6(月)日経平均株価は▼451円の23204円で終了。米国とイランの緊張の高まりを受けて本日の日経平均は大きく下落。イラン革命防衛隊「コッズ部隊」のソレイマニ司令官を米軍が空爆で殺害、イランが報復を表明するなど警戒が強まっています。しかし米国とイランとの全面戦争の可能性は限りなく小さく、今月15日には米中部分合意の調印も予定されており、好調持続の米経済、中国経済の持ち直し期待、世界的な金融緩和環境、今日は円高に振れているものの国内主要企業の想定を上回る円安水準など、大局的に見れば安値が有れば押し目買い有利の投資環境に変わりは有りません。今年も「全体よりも個を重視」、銘柄重視のスタンスで対応して行けば一時的な株価下振れも安値買いのチャンスだと思います

 
【銘柄情報】【本日終値441円】

(JQ)ミナトHD(6862)  電気機器  100株
12/26にも買い推奨をした銘柄ですが、再度押し目買いのタイミングが来ていますのであらためて買いを考えたいと思います。5GやIoT、自動運転車の普及拡大、データセンター需要の拡大など半導体需要は拡大するとの見方から同社株にも見直し買いの動きが続いています。産業用メモリ、デバイスプログラマー、ATMタッチパネル等が主力の同社ですが、ビッグデータやIoTの普及拡大を背景に企業のIT投資意欲は旺盛で、タッチパネルなどの電子デバイス需要も拡大が見込まれています。又、半導体需要の回復見通しも強まっており、メモリーモジュールが売上の約90%を占める同社にとっては収益好転の期待が高まります。テクニカル面でも2016年に875円の高値を付けた後は軟調な展開が続きましたが、直近の上昇で既に上昇トレンドに転換、12/5に500円まで上昇した後は日柄調整局面が続いていますが、下値切り上げのトレンドは継続中、押し目買い狙いで対応したい銘柄となります。当面の下値支持帯は430円~410円のゾーンになりますのでまずは430円台で1回目の買いを狙い、仮に410円台が有れば買い増しを実行したいと思います。当面の上値目処は480円付近になりますので利食い目処は480円接近時、但し380円を切った場合はリスク管理上損切りして一時撤退となります。

【リスク覚悟でリターンを狙う場合】・第1買いポイントでエントリー

【慎重な投資スタンスを取る場合】・第2買いポイントでエントリー

 

【テクニカル評価】AA 【投資タイプ】押し目買い狙い
【ポイント】 上昇トレンド、半導体関連
【第1買いポイント】  430円台
【第2買いポイント】  410円台
【売り値目標】  480円接近
【損切り設定】 380円を切れば損切り

 

産業用メモリ、デバイスプログラマー、ATM用タッチパネルが柱。M&Aで事業規模拡大。前半にROM書き込みが自動車向けに想定以上進捗。自動車関連の大型ハンドラは後半に出荷。AKIBAホールディングスと業務提携で合意。メモリ事業での連携強化など詳細詰める。インテリジェントステレオカメラは交通インフラ向け実証開始。

 

 

 

 

 

推奨日
市場
コード
銘柄
コメント
12/06
1部
5912
OSJB HD
1/6終値268円、推奨から1ヶ月が経過、買いコストは260円台、明日は売却してポジション解消。新たな銘柄に乗り換えたいと思います。
12/05
2部
7719
東京衡機
1/6終値259円、推奨から1ヶ月が経過、買いコストは250円台、明日は売却してポジション解消。新たな銘柄に乗り換えたいと思います。
12/04
2部
4770
図研エルミック
1/6終値361円、推奨から1ヶ月が経過、明日は売却してポジション解消。新たな銘柄への投資で損失を取り返したいと思います。
11/29
ジャスダック
4814
ネクストウェア
1/6終値274円、推奨から1ヶ月が経過、買いコストは253円、明日は利食い実行で一旦ポジションを解消。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
ページ上部へ戻る