出島テクニカルワールド(12月25日推奨銘柄 )

1225s

↑(週足)

 

 

 

1225h

↑(日足)

 

 

 

【全体相場解説と投資判断】
12/25(水)日経平均株価は▼47円の23782円で終了。昨夜の米国市場はクリスマス前日の短縮取引でポジション調整中心の展開に、今夜の米国市場は祝日で休場。日本市場は今日も商い閑散、ポジション調整の売買が中心で日経平均は小幅安、一部の材料株やテーマ株が物色の中心。年内は24000円~23500円のゾーンでの日柄調整になりそうな日経平均ですが、物色の中心は銘柄重視の個別物色、全体よりも個を見て対応して行く投資環境が続きます。年内も残す所あと3営業日です、来年の1月相場を見据えて有望銘柄の安値買いを狙うと言う対応で良いと思います。

 
【銘柄情報】【本日終値484円】

(JQ)YKT(2693)  卸売業  100株
同社は独立系の中堅機械商社で、スイス・ドイツ製の工具研削盤、測定機器、電子部品実装機などの販売が柱。子会社の輸入販売会社を通じて量子コンピューター分野の研究開発で使われる電子部品を取り扱っている事から折に触れて量子コンピューター関連株として物色される傾向が有ります。又、欧州製の半導体実装装置も取り扱っていますので、半導体市況の回復期待が高まっている株式市場ですので関連銘柄として見直し買いの動きも期待出来ます。足元の業績も好調で、2019年12月期業績見通しに対して第3四半期終了時点で既に経常利益は超過、業績上方修正期待も高まる内容です。テクニカル面では、10/30に633円まで上昇した後は調整局面が続いていますが、大局的には上昇トレンド継続中の中での日柄調整局面、正月休み中には来年の株式市場の10大テーマなどが紙面を飾ります、量子コンピューターは注目テーマの上位に入るのは確実、半導体関連の一面も株価支援材料になりますので、年内の安値を仕込み、1月相場で利食いを狙うと言う投資も一考だと思います。当面は470円~440円のゾーンが下値支持帯になりますので、まずは470円台で1回目の買いを狙い、仮に440円台が有れば買い増しを実行したいと思います。当面の上値目処は560円付近になりますので利食い目処は560円接近時、但し420円を切った場合はリスク管理上損切りして一時撤退となります。

【リスク覚悟でリターンを狙う場合】・第1買いポイントでエントリー

【慎重な投資スタンスを取る場合】・第2買いポイントでエントリー

【テクニカル評価】AA 【投資タイプ】押し目買い狙い
【ポイント】 量子コンピューター関連
【第1買いポイント】  470円台
【第2買いポイント】  440円台
【売り値目標】  560円接近
【損切り設定】 420円を切れば損切り

 

独立系の中堅機械商社。スイス、ドイツ製の工具研削盤、測定機器と電子部品実装機の販売が柱。工具メーカー向け工具研削盤の輸入は上期軸に順調。ただ電子部品実装機の中国向け輸出低迷。営業益小幅増。20年12月期は工具研削盤の輸入鈍く電子部品実装機の国内販売も厳しい。中国減速で電子部品実装機の輸出も振るわず。

 

 

 

 

 

推奨日
市場
コード
銘柄
コメント
11/25
ジャスダック
6888
アクモス
12/25終値342円、推奨から1ヶ月が経過しましたが、保有継続で上昇を待ちたいと思います。利食い目処は400円接近、300円を切れば損切り、の判断に変わりは有りません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2020年7月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ページ上部へ戻る