出島テクニカルワールド(11月7日推奨銘柄 )

1107s

↑(週足)

 

 

 

1107h

↑(日足)

 

 

 

 

【全体相場解説と投資判断】
11/7(木)日経平均株価は△26円の23330円で終了。貿易協議の部分合意署名の為の米中首脳会談が12月にずれ込む可能性が報じられ昨夜の米国株は小幅に下落、本日の日経平均も一時マイナス圏に沈む場面も有りましたが終わってみれば小幅高で続伸。米中首脳会談の時期や場所に関しては依然流動的ですが、首脳会談が行われる事は間違いなく、多少時期がずれ込む事もさほど懸念する必要はないと思います。この先も米中協議に関する報道で一喜一憂する場面は有ると思いますが、引き続き好業績、出遅れ銘柄やテーマ性を持つ中小型銘柄などを中心に銘柄重視で対応して行く投資スタンスなら特に問題は無いと思います。

 
【銘柄情報】【本日終値421円】

(東2)オーナンバ(5816)  非鉄金属  100株
産業・民生用ワイヤハーネスでは国内首位、太陽光発電関連で培ったセンサー制御技術を生かし業務用エアコン制御システム、加湿制御システムを開発し新分野進出に意欲的。業績面でも産業用、自動車関連ハーネスが好調で11/6に発表した2019年12月期決算の第3四半期決算も増益と好調、通期見通しは増収二桁の増益見通しで1株利益は44円、加えて同社1株純資産は1180円ほど有り、好業績、割安銘柄との見方が強まり、見直し買いで同社株も今日は大きく上昇。米中貿易摩擦の緩和も同社にはプラスと見方も見直し買いに繋がっている要因です。今日は大きく上げていますのでこの先適度な下げを待ってから押し目買いを狙いたいと思います。テクニカル的にも昨年10月に524円を付けた後は下落基調の展開が続いていましたが、今日の上昇でテクニカル面では上昇トレンドに転換、押し目買い有利のチャート形状です。当面は400円~380円のゾーンが下値支持帯になりますのでまずは400円台で1回目の買いを狙い、仮に380円台が有れば買い増しを実行したいと思います。当面の上値目処は480円付近になりますので利食い目処は480円接近時、但し360円を切った場合はリスク管理上損切りして一時撤退となります。好業績、割安銘柄の押し目買いを狙い、もう一段の上昇を待ちたいと思います。

【リスク覚悟でリターンを狙う場合】・第1買いポイントでエントリー

【慎重な投資スタンスを取る場合】・第2買いポイントでエントリー

【テクニカル評価】AA 【投資タイプ】押し目買い狙い
【ポイント】 好業績、割安銘柄
【第1買いポイント】  400円台
【第2買いポイント】  380円台
【売り値目標】  480円接近
【損切り設定】 360円を切れば損切り

 

産業・民生用ワイヤハーネスのトップ。太陽光発電配線ユニット(PVU)で先行。海外生産推進。国内は太陽光関連続落だが、産業機器用ハーネス好調。欧州白物家電用ハーネスも伸長。中国などアジア子会社で人員削減など構造改革進み採算改善。増益。20年12月期は自動車関連ハーネス順調増。太陽光関連で培ったセンサー制御技術生かし業務用エアコン制御システム、加湿制御システム開発へ。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2020年8月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る