日経225先物プロライブ(10月31日号)

10月31日 日経225先物 日足チャート

昨日のアメリカ株式市場は、反発。

この日発表された企業業績は・・・
強弱まちまちとなり、
FOMC発表前までは小幅安水準で小動きとなったものの、
予想通りの利下げが行われ、声明文で経済は穏やかに拡大と述べられた一方、
記者会見でディスインフレに言及し利下げの可能性を残したことが好感され、
株価は反発となりました。

為替市場では、FOMCを受けて、乱高下の末ドル安。
ドル円は、一時《109.30》まで急上昇するも、
利下げの可能性が残されたことを受けて再び《108円台後半》へと反落しました。

それらの動きを受けた日経225先物は、
概ね《22800円台半ば》での揉み合いが続き、
FOMC後の記者会見を受けて《22900円台》へと上昇しています。

FOMCが好感される形で通過したことによる安心感や、
日銀への思惑などで、買い安心感が増すかどうかが注目点と考えています。

本日の予想レンジ 22850円~23150円

現状維持となったとしても、
今後も日銀への思惑が働きやすくなると考え、堅調な値動きを想定しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
ページ上部へ戻る