出島テクニカルワールド(4月6日推奨銘柄)

(JQ)日本エスコン(8892)0406週

↑(週足)

 

(JQ)日本エスコン(8892)0406日足

↑(日足)

 

 

【全体相場解説と投資判断】
4/6(月)日経平均株価は▼37の19397円で終了。先週末に発表された米3月雇用統計が市場予想を大きく下回る内容になり、円高が進み、米経済への懸念も高まり、今日の日本市場も一時193円安まで下げ幅を拡大。
しかし目先の売りが一巡すると押し目買いで切り返して下げ幅を縮小、海外勢がイースター休暇で市場参加者が少なく、今日は売買代金も1兆6000億円程度と低調、市場心理としては今夜の米国株動向を待つと言う感じ。大局的には上昇トレンドとの見方は変わりませんが、短期的にはまだ不安定な相場状況、もう暫くは上げ下げを繰り返すような展開を想定しつつ、その中で好業績、割安株を中心に押し目買いを狙って行くと言うスタンスが良いと思います。

【銘柄情報(JQ)日本エスコン(8892)  不動産  100株
京阪神中心に分譲マンションを展開し、商業施設開発、関東地区も強化。足元業績も好調で3/31には15年12月期業績見通しを上方修正、来期に見込んでいた土地・建物の販売が前倒しになった事が上方修正の理由。1株利益34円、今期末には増配が見込まれ、テクニカル的にも昨年11月高値235円を超えて来ましたので、テクニカル的には一旦調整安場面が有るかもしれませんが流れは上向き、一段高が期待出来るチャート形状になりますので押し目買い狙いで臨みたいと思います。東証1部主力銘柄がやや調整色の強い展開になっていますので、幕間繋ぎで値動きの軽い新興市場銘柄に物色が向かう可能性もあります。目先の下値支持帯は240円前後になりますが、多少の下振れは許容範囲と考えるなら時価近辺の260円前後で買い出動、買えなければそれも良し、買えれば儲けもの的発想で安値待ち伏せなら240円前後への下落が有れば買い出動となります。当面は2013年高値に対する半値戻しの297円が上値目処になりますので利食い目処は297円接近時、但し3/26安値205円を切った場合はリスク管理上損切りして一時撤退となります。

【リスクは覚悟でリターンを追及したい方】・本文参照

【リスクの少ない慎重な投資スタンスを望む方】・本文参照

 

【テクニカル評価】AA 【投資タイプ】押し目買い
【ポイント】 直近高値更新銘柄
【第1買いポイント】  260円前後
【第2買いポイント】  240円前後
【売り値目標】  297円接近
【損切り設定】 205円を切れば損切り

 

京阪神中心に分譲マンション展開。09年事業再生ADRを終え、商業施設開発復帰、関東強化へ。商業ビルなどの不動産賃貸や仲介コンサルは横ばいだが、主力のマンション分譲383戸(前期309戸)計画。関東、関西で来期以降の用地取得進めるが原価管理徹底でコスト高吸収し営業益続伸。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る