出島テクニカルワールド(9月20日推奨銘柄 )

0920s

↑(週足)

 

 

 

0920h

↑(日足)

 

 

 

 

【全体相場解説と投資判断】
9/20(金)日経平均株価は△34円の22079円で終了。米中次官級の貿易協議が始まり本日の日本市場も期待先行の始まりで日経平均も一時22204円まで上値を伸ばしましたが、3連休を控えた週末と言う事や騰落レシオが135%まで上昇するなど過熱感も警戒され、買い一巡後は利食いが強まり上げ幅を縮小して終了。しかし9月の中間配当狙いの実需買いや世界的な金融緩和環境を好感した買い需要は旺盛、先駆して上昇した銘柄には利食いが強まると思いますが、出遅れ銘柄はこれからが買われる局面、好業績出遅れ銘柄やテーマ性を持つ中小型株への物色が期待出来る状況に変わりは有りません。引き続き全体よりも個を重視、と言うスタンスでの対応なら特に問題はないと思います。

 
【銘柄情報】【本日終値419円】

(東2)YE DIGITAL(2354)  情報通信  100株
待ち伏せ価格への下落無く買えず、昨日買い推奨を一旦取り消しとした同社株ですが、買いゾーンを変更して改めて買いを狙いたいと思います。同社は安川電機の持分法適用会社でシステム構築と組み込みソフト開発が主力。情報セキュリティ製品やIoT関連、クラウドやビッグデータ、AI分野にRPA(業務自動化)関連も手掛けており、機械や工場における自動化・AI活用において市場期待の高い銘柄です。2020年2月期業績見通しは増収増益、5Gの普及拡大によって同社事業領域も拡大が見込まれ、テクニカル面においても大局的な下降トレンドが終わり上昇トレンドに転じた初動に有ると言う状況です。9/18大引け後に中間決算の上方修正を発表、顧客企業によるIT投資需要の高まりが上方修正の主な要因、通期見通しは据え置いたものの上方修正期待が高まり易く、もう一段の上昇が期待出来ると思います。まずは410円台で1回目の買いを狙い、仮に安値が有れば390円台で買い増しを待ち伏せしたいと思います。当面は直近高値水準の460円台が上値目処になりますので利食い目処は460円接近時、但し360円を切った場合はリスク管理上損切りして一時撤退となります。

【リスク覚悟でリターンを狙う場合】・第1買いポイントでエントリー

【慎重な投資スタンスを取る場合】・第2買いポイントでエントリー

 

【テクニカル評価】AA 【投資タイプ】押し目買い狙い
【ポイント】 好業績、IT投資関連
【第1買いポイント】  410円台
【第2買いポイント】  390円台
【売り値目標】  460円接近
【損切り設定】 360円を切れば損切り

 

安川電機の持分法適用会社。システム構築と組み込みソフト開発が主力。柱のシステム構築は通信事業者向け続落を安川電機グループ向け拡大で埋める。情報セキュリティ製品など牽引し、IoTソリューション反転増。人件費など負担増こなし、営業益伸長。AI分野の強化などで22年2月期に営業益12億円目指す新中計始動。

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
ページ上部へ戻る