リアルタイムサービス(9月18日後場情報)

RTの出島イラスト

日経平均株価は40円安の21960円で終了。サウジアラビアの原油生産量が今月末には爆撃前の水準に戻るとの発表を受けて原油相場が反落して昨夜の米国株も上昇。

本日の日経平均も小高く始まり前場は小幅高で終りましたが、後場に入ると今夜の米FOMCの結果を見極めたいとのムードが強まりポジション解消売りが強まって日経平均は下落。

今日は40円安と小幅安で終わり11連騰はなりませんでしたが、高値圏でもみ合う展開になるなど依然相場の基調は強含みです。

今夜の米FOMCの結果判明後には一旦材料出尽くしの展開になる可能性が高いとは思いますが、全てはパウエルFRB議長の会見での発言次第です。

今後の金融政策の見通しに関して、ハト派的な発言となるのか?又はタカ派的な発言となるのか?それとも中立的な発言となるのか?

0,25%の利下げは既に織り込み済みとは言えますが、仮に再び市場から国債を買い入れ、FRBのバランスシート拡大を始めると言う決定がなされれば、株式市場も好感して一段高になると思います。

簡潔に言えば再度量的緩和政策を始めると言う事が決まれば株式市場にとってはポジティブサプライズにはなりますが、足元の経済状況が比較的好調な米国ですので、今夜の決定ではさすがにそこまで踏み込む決定はないのではないかと思います。

先々の可能性としては含みを持たせると思いますが、今夜の結果としては、0,25%の利下げを決定し、今後は経済状況を睨みながら適時適切に対応すると言う感じで、中立的な発言になる可能性が高いと思います。

会見でのパウエル発言が中立的になれば今夜の米国株は一旦材料出尽くしで下落する可能性が大。

そうなれば明日の日経平均も米国株安の流れを引き継いで株価は下落すると思いますが、底堅い展開が続いている日本市場ですので、過度に円高が進まない限りは下げ幅は限定的になると思います。

今日から日銀金融政策決定会合が始まり、明日には結果が判明します、これまでのパターンで言えば特に大きな決定が無い時には昼休み中に結果が発表されます。

昼休み中に発表がなく、結果発表が長引くようだと何か新たな決定がなされる可能性が高まります。

米国が0,25%の利下げを決定し、日銀が何もなければやはり円高に振れますので日経平均にはマイナス。

しかし日銀も何らかの金融緩和策を決定すればさほど円高には振れず日経平均も底堅い展開になると思います。

日経平均に関してはこの先暫くは調整色が強まる展開になると思いますが、日柄調整になるのか?値幅調整になるのか?は、円相場と米国株動向次第。

しかしながら物色意欲自体は旺盛は状況ですので、日経平均に調整色が強まったとしても出遅れ銘柄やテーマ性を持つ中小型株を物色する動きに変化はないと思います。

明日以降も引き続き保有銘柄の上昇を待ちつつ、安値買いのチャンスが有れば随時買い出動を考える、その様なスタンスでの対応で問題は有りません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
ページ上部へ戻る