出島先物ワールド(9月5日推奨)

日経先物190905

寄り前情報
昨日の米国市場は反発しました。香港の逃亡犯条例改正案の撤回、英国のEU離脱延期法案可決といった政治的な安定、そして中国の銀行の預金準備率の引き下げという経済的な材料で上昇したというのがメディア等での解説でした。これらを理由に上昇したという見解には疑問がありますが、その解説はさておきそれでもリバウンド相場の域を出ていないというのが重要です。目先のダウで言えば200ドルや300ドルの上下動を見るのではなく、大局的に捉えて今はどういう状況なのかを見た方が良いでしょう。昨日の日本市場は、前営業日の安値を切ったところで買いが入り戻しました。そして前営業日の高値を抜きました。通常このようなチャート形状は強いという解釈で良いのですが、今回はそのようには考えない方が良いと思います。次の変化日までリバウンドを試す可能性はありますが、このままであればレジスタンスを抜く事は難しいと思います。

ここから先は定期購読ユーザー専用です。 全文をご覧になるためには、下記ボタン(全文を見る)をクリックしてください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
ページ上部へ戻る