出島テクニカルワールド(9月3日推奨銘柄 )

0903s

↑(週足)

 

 

 

0903h

↑(日足)

 

 

 

 

【全体相場解説と投資判断】
9/3(火)日経平均株価は△4円の20625円で終了。9/1に対中制裁関税第4弾が発動されてから今夜の米国市場は最初の売買日です、どのような反応になるのか?見極めたいとのムードが強く今日は日本市場も超閑散相場で小動きの展開に。昨日中国は米国をWTOに提訴し、米中貿易協議の再開を巡る交渉も難航との報道も有ります。株式市場の状況も日々出て来る材料次第で上下に振れると言う状況に大きな変化は無く、もう暫くはリスクを取る方だけが参加し、安全重視なら相場環境が良くなるまで無理はしないで売買を休むのも一考との考えに変わりは有りません。参加する場合も、上下に行き過ぎた動きが有れば逆張り対応が最善、しかし膠着した値動きが続くなら休むも相場、相場に新たな局面が訪れるまでは無理をしてまで売買をする事は有りません。

 

 

【銘柄情報】【本日終値380円】

(東2)YE DIGITAL(2354)  通信  100株
同社は安川電機の持分法適用会社でシステム構築と組み込みソフト開発が主力。情報セキュリティ製品やIoT関連、クラウドやビッグデータ、AI分野にRPA(業務自動化)関連も手掛けており、機械や工場における自動化・AI活用において市場期待の高い銘柄です。2020年2月期業績見通しは増収増益、5Gの普及拡大によって同社事業領域も拡大が見込まれ、テクニカル面においても大局的な下降トレンドが終わり上昇トレンドに転じた初動に有ると言う状況です。2016年には1331円の高値が有るもののその後は下落基調が続き現株価水準は大局的に見れば底値圏、7月以降の上昇によって、200日移動平均線を上回り長期のトレンドも下降から上昇に転換済み、テクニカル判断としては押し目買いで臨むチャート形状になります。当面の下値支持帯は360円~340円のゾーンになりますの、360円台、340円台買い下がりスタンスで臨みたいと思います。9/1に対中制裁関税第4弾が発動された後今夜の米国市場は最初の売買日です、大きく下げる可能性も有りますので安値待ち伏せスタンスで対応したいと思います。当面は450円付近が上値目処になりますので利食い目処は450円接近時、但し320円を切った場合はリスク管理上損切りして一時撤退となります。

【リスク覚悟でリターンを狙う場合】・第1買いポイントでエントリー

【慎重な投資スタンスを取る場合】・第2買いポイントでエントリー

 

【テクニカル評価】AA 【投資タイプ】安値待ち
【ポイント】 事業環境に追い風が吹くIT関連
【第1買いポイント】  360円台
【第2買いポイント】  340円台
【売り値目標】  450円接近
【損切り設定】 320円を切れば損切り

 

安川電機の持分法適用会社。システム構築と組み込みソフト開発が主力。柱のシステム構築は通信事業者向け続落を安川電機グループ向け拡大で埋める。情報セキュリティ製品など牽引し、IoTソリューション反転増。人件費など負担増こなし、営業益伸長。AI分野の強化などで22年2月期に営業益12億円目指す新中計始動。

 

 

 

 

 

 

推奨日
市場
コード
銘柄
コメント
08/23
1部
1429
日本アクア
9/3終値570円、推奨時利食い目処とした570円に到達し利食い完了。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2020年10月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
ページ上部へ戻る