出島テクニカルワールド(7月1日推奨銘柄 )

0701s

↑(週足)

 

 

 

0701h

↑(日足)

 

 

 

 

【全体相場解説と投資判断】
7/1(月)日経平均株価は△454円の21729円で終了。米中首脳会談で貿易協議の再開が決まり、ファーウェイへの禁輸措置も一部緩和される事になり、加えてトランプ大統領と北朝鮮の金正恩委員長の会談も実現、停滞していた懸念要因が再度動き出す事が好感されて本日の日本市場も買いが先行、日経平均は大きく上昇。しかし冷静に考えれば米中情勢も米朝情勢も止まっていた協議が再開するだけの事、先行き不透明な状況で有る事に変わりは無く、現状ではまだ楽観は禁物。しかし止まっていた協議が再開する事は良い事、日経平均に関しては一段水準を切り上げると言う動きが期待出来そうですが当面は22000円付近が上値目処、引き続き物色の中心は個別物色、全体よりも個を重視と言う投資スタンスが最善との考えに変わりは有りません。

 

 
【銘柄情報】【本日終値226円】

(JQ)NaITO(7624)  卸売業  100株
6/28に利食い済みとなった同社株ですが再度押し目買いを狙いたいと思います。同社は機械工具の専門商社で、切削工具に強みを持ち、計測を第2に柱に育成中。業績は主力の切削工具が好調で2019年2月期決算は大幅増収増益で着地、純利益は過去最高益更新となりました。2020年2月期業績見通しも増収増益見通しで連続で過去最高益を更新する見通し、親会社となる岡谷鋼機の販売網を生かし、一段と収益が拡大する中期計画も掲げています。6/28には今期の第1四半期決算を発表、連結営業利益が前年同期比で86,7%増と好調な滑り出しに、同社株も好調な業績を好感する買いで249円まで上昇。買い一巡後は目先の利食いに押されて上げ幅を縮小する展開になっていますが、調整一巡後には再度上昇に転じる動きが期待出来ますので押し目買い狙いで臨みたいと思います。テクニカル的にも25・75・200日移動平均線を全て上回り押し目買い有利のチャート形状です。当面の下値支持帯は220円~210円のゾーンになりますので220円台と210円台買い下がりスタンスで対応したいと思います。当面は4月高値水準の260円付近が上値目処になりますので利食い目処は260円接近時、但し190円を切った場合はリスク管理上損切りして一時撤退となります。最高益更新の好業績、今期第1四半期業績も好調、テクニカル的にも上昇初動のチャート形状、押し目買いで安値を仕込み上昇を待ちたいと思います。

【リスク覚悟でリターンを狙う場合】・第1買いポイントでエントリー

【慎重な投資スタンスを取る場合】・第2買いポイントでエントリー

 

【テクニカル評価】AA 【投資タイプ】押し目買い
【ポイント】 好業績銘柄
【第1買いポイント】  220円台
【第2買いポイント】  210円台
【売り値目標】  260円接近
【損切り設定】 190円を切れば損切り

 

機械工具の専門商社。切削工具に強い。岡谷鋼機の子会社。計測を第2の柱に育成中。海外拡大。20年2月期は主力の切削工具が自動車・航空機関連企業を軸に好調持続。育成中の計測も伸びる。産業機器も需要堅調だが、後半は消費増税の影響で反動減見込む。独自商品はブランド数が増え、対面営業の強化も奏功し伸長。営業益着実増。

 

 

 

 

 

 

推奨日
市場
コード
銘柄
コメント
06/21
1部
3103
ユニチカ
7/1終値399円、待ち伏せ価格への下落無く上昇、買い推奨は一旦取り消します。
06/19
1部
5803
フジクラ
7/1終値421円、推奨時利食い目処とした430円に接近、明日は利食い優先。

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2020年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  
ページ上部へ戻る