週トレ短期売買(4月12日情報 )

週トレ・日経平均イラスト

【週トレ短期売買】

 

 

【今日の相場を振り返って】

4/12(金)日経平均株価は△159円の21870円で終了。昨夜の米国市場はNYダウ、ナスダック指数共に小幅に下落。米主要企業の2019年1-3月期決算発表の本格化を控えて様子見ムードの強い展開。米中貿易協議に関して、中国側がクラウドコンピューティング業界の外資規制を緩和する意向を示し、交渉進展期待から一時株価も上昇する場面が有りました。しかし主要企業の決算発表への関心の方が強く、米中貿易協議進展期待も昨夜の米国市場では好感する動きも限定的。英国のEU離脱期限の延期も本質的には問題の先送りでしかなく、特に材料視する動きは有りません。当面は米国市場の動向も、米主要企業の2019年1-3月期決算発表次第、決算発表を睨みながら一喜一憂すると言う展開になりそうです。本日の日本市場はSQでしたが、波乱無く通過した後は前日終値付近でもみ合う展開が10時頃まで続きました。しかしその後上昇に転じて次第に上げ幅を拡大、円安好感の買いも有ったものの、好決算を発表したファーストリテイリングが買われ、同社1銘柄で日経平均を160円程度押し上げており、今日の日経平均の159円高もほぼファーストリテイリング1銘柄によるものです。いびつな展開を示すように今日はトピックスは小幅安で終了しています。一部の銘柄の値動きによって日経平均も上昇したと言う展開でしたが、大局的に見ればボックス圏での値動きが続いていると言う状況に特に変化は有りません。

米欧貿易摩擦激化への懸念、今月末から始まる10連休、国内主要企業の2019年3月期決算発表を見極めたいと言うムードから、おのずと買い見送りムードが強まります。しかし世界的に金融緩和方向に舵を切った金融政策、米中経済指標の改善、米中貿易協議合意期待、そして英国のEU離脱期限の延期など、売り込み難いムードも有り、ざっくりと言えば日経平均に関しては上下共に動きづらいと言う状況です。物色動向としてはおのずと個別物色が強まり易い局面ですが、株式市場の関心は決算発表、当面は日々出て来る決算発表を睨みながら一喜一憂する展開になりそうです。今日は好決算を発表したファーストリテイリングは買われて株価も上昇、一方2020年3月期業績見通しが減益になる見通しを発表した安川電機は売り一巡後は下げ幅を縮めて小幅高で終了。安川電機の値動きを見る限り、減益見通しながら小幅の減益ですので、さほど悲観は強まらず、逆に業績見通しを確認した事で安心感が強まっていると言う感じがします。ざっくりと言えば今期減益見通しも悪材料出尽くしと言うムードが有ります、事業環境としては今が最悪期で先々状況は良くなると見ていると言う感じです。安川電機の決算発表とその後の株価の動きを見る限り、今後本格化する主要企業の決算発表に対して、過度に警戒する必要は無いように思います。

10連休が控えていますので、新規の買いは引き続き慎重に考える方が良いと思いますが、保有銘柄に関しては引き続き保有継続で上昇を待つと言う対応で良いと思います。

 

 

【当面の相場展望】

米中貿易協議の行方、月末からの10連休、主要企業の決算発表待ち、期初の益出しの売り、米欧貿易摩擦激化懸念などから日経平均の上値は限定的。しかしながら金融政策が既に緩和的へと転換し、世界景気回復期待も広がりつつあり、米中貿易協議合意期待など先を見据えた買い意欲も旺盛、加えて英国のEUからの離脱期限が10月末まで延長され合意無き離脱懸念は一旦後退、上値は重いものの下値も底堅い、暫くは膠着した値動きが続きそうな感じです。

 

 

【週明けの見通し】

今日はファーストリテイリングとソフトバンクG効果で日経平均も上昇、しかし週明け月曜日は効果も一巡しますので適度に反落する可能性が高いと思います。当面想定される価格変動レンジは22000円~21500円と言う感じです。

 

 

【投資アドバイス】

今日は寄り付きでSQを通過し、10時頃までは前日終値付近での膠着した値動きが続いていましたが、その後上昇に転じて上げ幅を拡大。円安進行も買い材料にはなりましたが、今日の日経平均上昇を牽引したのは昨日引け後に好決算を発表したファーストリテイリング。今日は同社1銘柄で日経平均を160円程度押し上げており、同社の上昇寄与がほぼ日経平均の上昇幅と同じです。同じくソフトバンクG株の上昇も日経平均の押し上げに寄与しており、この2銘柄による日経平均の押し上げは約200円。いびつな展開を端的に表しているのが今日のトピックスの値動きです、終始前日比でマイナス圏での値動きが続き小幅安で終了。今日の日経平均の上昇も中身を見れば先に述べた2銘柄によるものですので、その点は割り引いて見ておく方が賢明です。テクニカル面から日経平均を見てみると、今日の上昇で再度200日移動平均線に接近、来週はいよいよ200日移動平均線突破にチャレンジする展開も期待出来そうですが、どうなるかはファーストリテイリングとソフトバンクGの動向次第と言う感じです。日経平均と言えば225銘柄から構成されていますが、今日の状況を見る限りではほぼファーストリテイリングとソフトバンクGの2銘柄次第で値動きが決まると言う状況。このような状況は日銀のETF買いが始まった時から解っている事では有りますが、余りにも一握りの銘柄の値動きに左右されると言う意味では日本を代表する株価指数と言う意味では問題も有ります。しかし問題は有れどもこれが今の日経平均の現実でも有ります、中身を見ればかなり偏りが有ると言う事も理解した上で、日経平均の値動きに関してもあくまでも判断材料の1つの目安と言う見方が必要だと思います。

日経平均は今日の上昇で再度200日移動平均線に接近と先に述べましたが、トピックスは依然200日移動平均線にはまだかなり距離が有ります。日経平均株価とトピックスが共に200日移動平均線を超えた時が本当の意味で日本株が再度本格的に上昇するシグナルです。

2018年初までは日経平均株価とトピックスが共に上昇基調で推移していましたが、その後は共に停滞。仮に来週日経平均が200日移動平均線を突破してもトピックスが付いて来なければ強気シグナルとは言えず、逆に高値掴みに注意すると言う発想が良いと思います。

弱気になる必要は無いものの、引き続き慎重なスタンスを維持しながら銘柄重視の投資で対応して行くのが最善と言う感じです。今日は日経平均は上昇しましたが、多くの銘柄の値動きはいまいちと言う感じでした。株式市場は既に決算発表モードに入っており、来週も決算発表に一喜一憂する、その様な展開が日に日に強まって行くと思います。引き続き保有銘柄の上昇を期待して値動きを見守って行くと言う対応で良いと思います。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
ページ上部へ戻る