出島テクニカルワールド(4月3日推奨銘柄 )

0403s

↑(週足)

 

 

 

0403h

↑(日足)

 

 

 

【全体相場解説と投資判断】
4/3(水)日経平均株価は△207円の21713円で終了。米中の経済指標改善を好感する展開が今日も続き、加えて英フィナンシャル・タイムズが関係筋の話として米中通商交渉が最終合意に近づいていると報道が有り日経平均も一段高に。円安が進み中国株も上昇、日経平均は今日のほぼ高値圏で終了。相場の地合いは一段と改善していますが、チャート上ではまだボックス相場が続いていると言う状況、もう暫くは上げ下げを繰り返すボックス相場的な値動きを想定し、過度に強気に傾き過ぎず、投資スタンスも銘柄重視でテーマ性の強い銘柄を中心に安値買いを狙うと言う投資スタンスが最善だと思います。

 

 
【銘柄情報】【本日終値622円】

(東2)ニーズウェル(3992)  通信  100株
同社は金融機関向けシステム開発に強みを持ち、組み込み系開発でも車載機器や医療機器向けを手掛け、ソリューション事業ではAIの普及加速や5G時代到来に合わせてサイバーセキュリティー分野の強化を図っています。最終顧客からの直接受注が売上高の半分を占めている事が特徴、3/15大引け後には2019年9月期業績を上方修正し配当も増額修正、過去最高益を更新する見通しです。AI、5G、自動運転やキャッシュレス化など世の中のIT化が進む状況は同社業績にも追い風になります。昨年の12月には1対2の株式分割を実施しその後は横ばいの値動きが続いていた同社株ですが、3/15大引け後に発表された業績上方修正後は見直し買いの動きが強まっています。3/26には一時729円まで上昇した同社株ですがその後は一旦調整局面を迎えています。国内のIT関連投資は増加の一途、来期も業績拡大が期待出来、サイバーセキュリティー関連の材料性も見直し買いが期待出来る要因、目先もう一段の調整安が有れば押し目買い狙いで対応したい銘柄となります。テクニカル的には580円~550円のゾーンが下値支持帯になりますので、安値待ち伏せスタンスで580円台、550円台買い下がり対応も臨みたいと思います。当面は680円付近が上値目処になりますので利食い目処は680円接近時、但し500円を切った場合はリスク管理上損切りして一時撤退となります。

【リスク覚悟でリターンを狙う場合】・第1買いポイントでエントリー

【慎重な投資スタンスを取る場合】・第2買いポイントでエントリー

 

【テクニカル評価】AA 【投資タイプ】押し目買い狙い
【ポイント】 最高益、セキュリティー関連
【第1買いポイント】  580円台
【第2買いポイント】  550円台
【売り値目標】  680円接近
【損切り設定】 500円を切れば損切り

 

金融システム開発に強み。ソリューション事業強化。エンドユーザーと直接取引は売上高の5割。業務システムはメガバンクの大型案件剥落だが、生損保やカード会社向け案件で補う。組み込み系開発も車載機器や医療機器向け増勢。ソリューションはAI、RPA(業務自動化)と5G到来控えた情報セキュリティ分野を中心に強化。

 

 

 

 

 

推奨日
市場
コード
銘柄
コメント
03/14
ジャスダック
6629
テクノホライゾンHD
4/3終値445円、推奨時利食い目処には届きませんが、200日移動平均線に接近していますので明日は手堅く利食いを実行したいと思います。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
ページ上部へ戻る